シャンパン・バー「ANAインターコンチネンタルホテル東京3F」アークヒルズ 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

champagnebar

 

 

初めての「シャンパン・バー」

以前から一度行ってみたかったANAホテルの
「シャンパン・バー」に行ってきました。

 

シャンパン・バー 東京都港区赤坂1丁目12番33号
ANAインターコンチネンタルホテル東京 3F
予約・お問い合わせ 03-3505-1185)

 

場所は、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅を降りてすぐの
ANAインターコンチネンタルホテル東京の3階にあります。

 

 

img_14シャンパン・バー(写真/
「ANAインターコンチネンタルホテル東京」)

 

 

ANAホテルは、以前「カスケイドカフェ」や
「アトリウムラウンジ(ATRIUM Lounge)」での
アフタヌーンティーなどは御紹介したことがありますね。

 

「シャンパン・バー」に行きたいと思いつつも、一緒に行く
お友達がアルコールが飲めなかったり、お酒がOKな人とは
他のお店に行ったりということで、今まで機会がありませんでした。

 

今回は「ルイ・ロデレールを含むシャンパン3種飲み放題」
というディナーを選んでみたのですが、ちょっとだけ
予想とは違ってしまった部分もありました。

 

 

150104anaintervontinentalafternoontea同じく3段ですが、こちらはアフタヌーンティー
「アトリウムラウンジ」ANAコンチネンタルホテル東京

 

 

 

お食事は軽め

実は今回は、少々お礼の意味合いを兼ねた食事だったのですが
当然のことながら、このお店は「シャンパン・バー」、
お食事は本当に軽めでした。

 

予約の段階で、ディナーは3タイプのメニューの中から
前菜、メイン、デザートを選べると書いてありましたので何となく
お皿の数は少なくても普通のディナーを想像してしまったのです。

 

ところが実際にお店で運ばれてきたものは、この写真のような
アフタヌーンティーの時にお菓子を3段のお皿に並べるが如くに
前菜、メイン、デザートが乗せられているものでした。

 

 

champagnebar「シャンパン・バー」の3段重ねディナー
ANAコンチネンタルホテル東京

 

 

見た瞬間、私は思わず「えっ!」と言ってしまったのですが
しばらくして、そういうことだったのね、と納得しましたが。

 

 

 

当然ですが、メインはシャンパン

これに対して、写真は撮り忘れてしまいましたが肝心のシャンパンの方は
最初から3つのシャンパングラスがテーブルにセットされているという
具合で、今更ながらここは「シャンパン・バー」なのだと思った次第。

 

はじめは驚いたものの、お値段を考えてみましたら当然でした。
ただ、御一緒した方に、お礼のお食事をとお誘いしながらきちんと
したディナーとはいいがたかったのが申し訳ないかぎりです。

 

「シャンパン・バー」は、昼食との兼ね合いで
夕食は軽くしたいなどという方には、おあつらえ向きですね。
中にはアルコールを飲む時は食事はどちらでもいいという方もいますし。

 

 

160103ritzcarltontowersシャンパン「タワーズ」
ザ・リッツカールトン東京

 

 

 

男性だけでは入店できません

先ほども書きましたように私は「シャンパン・バー」、および
他のホテルのバーもほとんど経験がないのでわからないのですが
ここのお店は、男性のみの入店は不可なのだそうです。

 

男性も女性と一緒ならばもちろんOKで、女性の場合は
一人でも入店できるのですが、他のお店もそうなのでしょうか?

 

私には「シャンパン・バー」に一人で来るという選択肢は
存在していなかったのですが、私たちが訪れた日に
いらっしゃいましたよ、お一人で来ている女性が。

 

 

140130shanpanシャンパン「アジュールフォーティーファイブ」
ザ・リッツカールトン東京

 

 

 

一人でゆっくりシャンパンを楽しむ女性

私たちは一番早い5時の予約で「シャンパン・バー」を
訪れましたが、その女性はもう少し遅くお見えになったようです。

 

60代か70代位の和服をお召しになった女性で、お一人で静かに
おそらく私たちと同じディナーを召し上がっていらしたよう。

 

ふ〜ん、そうなのかぁ、一人もありなのだ、というか
大人の女の人という感じがしましたね。
シャンパンがお好きなのかもしれません。

 

私もシャンパンは大好きですが、できるかなぁ?
ちょっと貫禄不足、修行が足りないという気も。
一人で優雅にシャンパングラスを傾ける日が私にもくるでしょうか?

 

 

champagne140703シャンパン「デリ&カフェ」
(ザ・リッツカールトン東京)

 

 

 

ルロ・ロデレール(LOUIS ROEDERER)

そして、何よりメインのシャンパンですが
「ルイ・ロデレール含むシャンパン3種飲み放題」の
ルイ・ロデレールは1776年につくられた老舗シャンパーニュメゾン。

 

1876年に、ロシア皇帝・アレクサンドル2世の要望により
ルイ・ロデレール2世の手によって作られたシャンパーニュは。
現在のルイ・ロデレール「クリスタル」のもとになったものです。

 

シャンパンを飲まない人でもドンペリなどはよく耳にすると思いますが
ルイ・ロデレールは派手なコマーシャルを好まず、ひたすら品質を保つ
ことに専念しているためか、誰でもが知るシャンパンではありませんね。

 

 

effervescence_3

 

 

 

シャンパーニュメゾン・トップ50の第1位

いわば本物を愛する真のワイン好きに選ばれるメソンともいわれ
2013年のフランスのワイン雑誌『La Revue du Vin de France』では
シャンパーニュメゾン・トップ50のうちで第1位に輝きました。

 

これは68メゾン、700アイテムの中から50のシャンパーニュ・メゾンを
選んだもので、ルイ・ロデレールの後にボランジェ、ドン・ペリニヨン、
クリュッグ、サロンというという名だたるメゾンが続いています。

 

第1位に選ばれた理由としては、
「ブドウの特徴をよく表現している」
「工業製品のような造りでない」
「ブドウ栽培を最重要とし、全体の15パーセントの畑で
オーガニックの農法、ビオディナミ農法を実践している」等々。

 

 

budoubatake              ブドウ畑

 

 

また、昨年2015年の『ワインエンスージアスト』誌の
「ワイン・スター・アワード2015」には、ルイ・ロデレールの
製造責任者のジャン・パティスト・レ・カイヨン氏が受賞しています。

 

今回「シャンパン・バー」に一緒に行った方は気を遣わなくてはいけない
方ではありませんでしたが、やはりお友達とは違って、シャンパンの
味わいにはあまり集中してなかったというのが正直なところです。

 

ということで是非もう一度、ルイ・ロデレールを味わいに
「シャンパン・バー」に出かけられたらと思うのですが……。
でも、一人ではまだ無理かな?

 

スポンサードリンク