「スウェーデン人と日本人の創造性について」スウェーデン大使館

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

130518hurututaruto2

 

 

川崎一彦東海大学名誉教授のお話

昨日(「スウェーデンの建国記念日」)に
引き続き、スウェーデン大使館でのセミナー
「スウェーデン人と日本人の創造性について」
でのお話を……。

 

今日は、セミナーの一番最初にお話をして下さった
東海大学名誉教授の川崎一彦さんのお話からです。

 

最初に問題を出しますので
皆さんも考えて下さいね。
答えは、今日のブログの最後に書きますので。

 

題名は忘れてしまったのですが、ある本
の中に出ていた問題だということです。
お読みになった方はわかっちゃいますね。

 

 

 

 

 

問題「車には、誰を乗せますか? 」

雨の降っている深夜に、あなたは車に乗っています。
あなたは運転をしていて、他には2人乗っています。

 

走っていると、助けを求めている人
が見えたの
車を止めました。
するとそこには、3人の人がいました。

 

1 重病の老婦人
2 過去にあなたの命を助けてくれた旧友
3 あなたの理想の結婚相手

 

あなたの乗っている車の定員は4名です。
さあ、あなたはどうしますか?

 

というのが問題です。
答えは後ほど……。

 

 

 

 

 

日本航空の入社式の服装

そのセミナーのテーマは、創造性や多様性に
ついてでしたが、「多様性」のお話の時だった
でしょうか、こんな写真の紹介がありました。

 

こちらは1986年の日本航空の入社式の写真です。
130602nihonkoukunyushasiki1986

 

そしてこちらは、2010年の日本航空入社式。
130602nihonkoukuunyushasiki2010

 

 

写真が小さくてよくおわかりにならないかと
思いますが、驚くべき写真ですよね。

 

1986年は皆さん、それぞれ異なった装いです。
ところがこれが2010年になりますと
まるで制服のよう……。

 

日本航空からは何も指定してはいない
のだそうですが、日本はいまや
こうなりつつあるのでしょうか?

 

(この写真はネットで探したものですので、
当日川崎一彦さんがお使いになったもの
とは違います)

 

 

rosenthalmateki140703

 

 

 

スウェーデン大使館で落語の話とは……

ここで川崎一彦さんのお話の中から
もう一つ紹介しましょう。
実は、立川志の輔の落語の話なんですよ。

 

それで、私は嬉しくなっちまいましてねぇ。
このブログで落語ネタは、一昨年以来ですね。

 

一昨年、立川談志が亡くなった時に、
落語ネタを何日か続けてしまったことがありました。

 

「立川談志」
「立川志の輔 地震にも揺るがない自信」
「柳家小三治親子」
「立川談春の真打ち襲名披露」等々)

 

ですがここ一年半は、まったく
落語の話は書きませんでした。

 

川崎一彦東海大学名誉教授のお話は
立川志の輔の『親の顔が見たい』
という新作落語からのものです。

 

 

 

立川志の輔の『親の顔が見たい』

学校の試験の答えが、とてもユニークで
秀逸(?)な子どもの話です。
例えば、こんなふう……。

 

 

問題
「うし」「うま」「ひつじ」「とら」
「ライオン」の中で、仲間はずれは
どれでしょう?

 

川崎一彦さんが思ったという答えは
「ライオン」だったそうです。
理由は「カタカナだから」。

 

私も「ライオン」かな?、と思いました。
「ライオン」以外は全部、十二支の動物
ですからね。

 

ところが、その落語『親の顔が見たい』に
出てくるおぼっちゃまの答えはといいますと
そんなに単純なものではありません。
もっと、本質を鋭くついたもの。

 

答え:仲間はずれはよくない。

 

ごもっとも、ごもっとも。
そりゃそうですわな、仲間はずれをする
なんて、人として恥ずべき行為ですからね。

 

……、では気をとりなおして
次の問題に参りましょうか。

 

 

121022maka3

 

 

 

次は「本能寺を焼いたのは?」

問題;本能寺を焼いたのは誰でしょう?

 

答え:僕ではありません。

 

確かに……。

 

この答えが間違っていると、確信を持って
言える方は、当ブログまで御一報下さいませ。

 

これらのお話をして下さった東海大学名誉教授
の川崎一彦さんはこの直後に、奥様の故郷で
あるスウェーデンに移住をなさったそうです。

 

このセミナーの後には送別会も行われました。

 

 

141125aonomomijirosenthakmateki

 

 

 

最初の問題「誰を車に乗せるか」の解答

さて、最初の問題の解答です。

 

「あなたは、車のキーをあなたの命の恩人
である旧友に渡し、重病の女性を病院に
送り届けるように頼み、あなたはここに
理想の結婚相手と共に残ります」

 

おお〜っ!!

 

車の定員が4名ですが、当然のこと
ながら重病の女性は外せません。

 

ですので、その他の「命の恩人」と
「理想の結婚相手」は置いていかざる
を得ない、と考えがちですよね。

 

ところが会場には「自分が残る」という、
解答通りの選択を述べた人がいました。

 

最初、彼女が答えた時に、
「そうか、自分が降りれば
2人の人が乗れるんだ」
と思った人が多かったと思います。

 

私もそう思いました。
その時です。

 

私の隣りの隣りの席の、パネリストのお一人
だったイケアジャパン、人事本部長の
泉川鈴香さんが感嘆したように言ったのです。

 

「そうよね、自分は理想の結婚相手
と二人になれるし……」と。

 

 

130228bar

 

 

そうだったか〜!
私は失礼を顧みずに、思わず泉川さんに対して
「賢い!  賢い!」と連発してしまいました。

 

「4人乗りの車だから乗れるのはあと1人」
と考えるのではなく、「自分は降りちゃう」
という柔らか頭(って、CMが昔ありましたね)

 

で考えると「重病人」と「恩人」という
2人が車に乗れるだけではなく、理想の

結婚相手と「二人だけ」になれるのです
(この3行目が重要!)。

 

(今になってこの問題を考えてみますと……、
「誰を車に乗せるか」ということよりも、

 

「いかに理想の結婚相手と二人だけになれるか」
の方に重点が置かれた問題だったのでは
なかろうか?、などと思ってしまう始末。
あっ、ここは読まなかったことにして下さい)

 

このあたりを、イケアジャパン人事本部長
の泉川鈴香さんが指摘したことに、私は
いたくいたく感動してしまったのです。

 

そして、何故いまだに私が独身なのか
ということも、深く深く理解して
しまった夜ではありました。

 

スポンサードリンク




スウェーデン建国記念日「The Swedish Embassy has the answer」 スウェーデン大使館

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

130524swedishembassy

 

 

 スウェーデンの建国記念日

今日、6月6日はスウェーデンの建国記念日です。
1983年に制定され、2005年からは
祝日になったそうです。

 

先月のことになりますが、スウェーデン
大使館のセミナーに参加してきましたので
その時のことを少々……。

 

「スウェーデン人と日本人の
創造性について」というセミナーです。

 

このタイトルを見ると、難しい話を
想像してしまうかもしれません。
ですが実際は全然違って
楽しい愉快なセミナーでした。

 

東海大学名誉教授の川崎一彦さんと、
イケアジャパン人事本部長の泉川鈴香さん、
そしてスウェーデン大使館のラーシュ
・ヴァリエ大使が、それぞれ興味深い
お話をして下さいました。

 

 

130518sweden

 

 

 

大使からのクイズ

そして今日のブログの一番最初の写真なの
ですが、これはセミナーの最後にヴァリエ大使
が全員に出したクイズ(?)に使ったものです。

 

オークの葉っぱの大きさと比べるとおわかりだと
思いますが、17センチ弱ほどの長さの木の棒です。

 

(はっきりとは覚えていないのですが
この棒をヴァリエ大使は「ピン」と
おっしゃっていたように思います)

 

この木の棒に、白いヒモがついています。
こちらはダブルですが、14センチほど。

 

 

 

そこで問題です

「洋服のボタンホールに、この木の棒とヒモで
ボタンホールの穴に通して下さい」というもの。
キーホルダーに鍵をつけるような感じでね。

 

一度、ヴァリエ大使が皆さんの前で
御自身のスーツのボタンホールの穴に
この木の棒を通して見せてくれました。

 

そして次に、ボタンホールの穴から
木の棒を外します。
一見、何の雑作もなく見えます。

 

 

 

「今度は皆さんがやってみて下さい」

ということで、それぞれが挑戦を開始します。

 

ところが……、一人も出来ません。
そもそもヒモの長さが、棒の長さよりも
短いのですから、通るはずはないのです。

 

が、私達の目の前でヴァリエ大使が
見せてくださったたように、それは
簡単にできることでもあるのです。

 

木の棒を折って、とか白いヒモを切って
から後で結ぶ、などという乱暴なことを
しなくても、アっという間に。

 

 

 

答えはスウェーデン大使館に

私は生憎、和服を着ていましたので
ボタンホールがなく、挑戦できませんでした。

 

まあ、洋服を着ていたとしても
できなかったことは間違いありませんが。

 

そして、その場では気がつかなかったのです
が家に帰ってよく見ますと、この木の棒の
お腹(?)にはこんな言葉が書かれていました。

 

 

「The Swedish Embassy has the answer」
130524swedishembassy530

 

 

「スウェーデン大使館に答えはある」
という意味なのでしょうか?
やることなすことお洒落ですね!、スウェーデン!

 

 

 

種明かし

さてそれでは、答えをお話ししましょうね。
どのようにしたら出来るのかといいますと……、

 

ボタンホールの布を味方にするのです。
木の棒より、白いヒモが短いのですから
ヒモの長さを長くすればいいんですよね。

 

つまり、ボタンホールの布を、ヒモの長さ
に足して「木の棒」より長くすればOK。

 

このようなことは、答えを聞いてしまえば
「な〜んだ!」となるものです。

 

だいたい、使用しているものは
「木の棒」と「ヒモ」だけなのですから
そんなに複雑な話ではありませんし。

 

 

130605sweden

 

 

それでは、木の棒をボタンホールに
通した写真をお見せしましょう。

 

と、思ったのですが。

 

……あれ?、……うん?、で、出来ない〜!
オイ、オイ、できないよ〜!

 

スポンサードリンク




「スウェーデン イン スタイル(Sweden in Style)」スウェーデン大使館

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_5153674938523

 

「Sweden in Style」というデザインイベントが、
10月30日から11月4日まで
スウェーデン大使館で開催されています。

 

会場は3カ所に分かれていますが
今日の写真はスウェーデン大使館でのものです。

 

「ストックホルム発グラフィックとインテリアの融合」です。
上の写真は、スティーナ・ヴィルセン(Stina Wirsen)の絵。
とっても可愛いでしょ?

 

スウェーデンではもちろん、日本でも彼女の絵本が
たくさん出版されています。

 

その他、クッションのようなものからTシャツ等々の
グッズもありますよ。

 

次の写真は、彼女の夫である
ポンペ・ヘーリングレーン(Pompe Hedengren)さん。
御自身の作品の前で。

 

blog_import_5153674a0a36f-237x300

 

彼は今回が初めての来日だそうですが、
日本の伝統的なデザインにも興味がおありだとか。

 

そういえば私は、彼の作品の中に、
着物の江戸小紋(鮫小紋)を連想したりもしました。

 

 

スポンサードリンク