タワーズ「ザ・リッツカールトン東京」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160103ritzcarltontowers

 

 

2016年1月3日 東京

新年、1月3日お昼頃の東京の模様を、東京ミッドタウンにある
ザ・リッツカールトン東京のレストランからの眺めました。

 

年に一度(以上のこともありますが)会うお友達との
お正月のお食事会も今年で、もう何年になるでしょうか。

 

今回はザ・リッツカールトン東京ホテルの45階にある「タワーズ」。
一昨年は、このお隣の「ロビーラウンジ&バー」に来ました。

 

ザ・リッツカールトン東京 「タワーズ」
107-6245 港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン 03-3423-8000)

 

 

101171ga10000023-370x149        「アジュール フォーティーファイブ」

 

 

 

45階に3つのレストラン

リッツカールトンには、45階に3つのレストランがあります。
一つ目はメインのフレンチダイニングの
「アジュール フォーティーファイブ」。

 

こちらは2年ほど前にこのブログでも紹介したことがありますね。
「アジュール  45 さまざまな親子」

 

 

140130operahanbun    「アジュール フォーティーファイブ」のデザート

 

 

この写真は、その時のデザートです。
チョコレートで出来たボールのようなものを割ったところ。

 

2つ目は「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」では
まだ登場していませんが「ロビーラウンジ&バー」(今度ね)。

 

 

 

「東京タワー」と「スカイツリー」

そして3つ目が、今日の「タワーズ(Towers)」です。
「タワーズ」の名前は東京タワーとスカイツリー、
2つのタワー(Tower)が見えるところからつけられました。

 

この3つのレストランは、それぞれの位置に
よって見えるタワーが違います。

 

 

140130shanpan        「アジュール  45」からの東京タワー

 

 

「ロビーラウンジ&バー」ではスカイツリーが、
「アジュール  45」は東京タワー。
そして「タワーズ」だけが両方のタワーが見えるのですね。

 

今回は窓際席を予約していましたので、この写真のように
まさに窓に向かってお友達と並んで座るスタイル。
一面のガラス窓で、少々目がまぶしかったほどです。

 

 

160103ritzcarltontowers

 

 

 

ドレスコードは「カジュアル・エレガンス」

「タワーズ」は昨年の4月までは、アメリカングリル料理という
ことでしたが、現在はモダンビストロに生まれかわっています。

 

リッツカールトン東京のフランクリー・ラルーム副料理長の
監修のもと、世界各地のさまざまなお料理を現代的にアレンジした
モダンビストロは気軽に訪れることの出来るカジュアルレストラン。

 

先ほどの「アジュール45」のことを書いた当ブログの記事に
ドレスコードに関する言葉で検索してくる方がいらっしゃいます。

 

リッツ・カールトンホテル45階にあるレストランの
ドレスコードは全て「カジュアル・エレガンス」と
表記されているので、迷われるのかもしれませんね。

 

私個人の感じとしては3つのレストランとも、サンダル履きの
普段着という感じでなければ、全然問題はないと思われます。

 

ただ、「アジュール  45」は、お店の側から注意を促される
ということではなく、訪れる自分自身のために
ちょっとだけお洒落をしていきたいような気もしますが。

 

 

 

メイン料理

こちらはお友達がオーダーした「帆立貝のカルパッチョ」
だったでしょうか?、名前に自信がありませんが
フランクリー・ラルーム副料理長のお勧めでもあります。

 

 

160103ritztowers   「ホタテのカルパッチョ」多分……(撮影/S子ちゃん)

 

 

そして次が私の注文したお料理なのですが、写真がボケてます……。
もちろん、撮影したのは私です。

 

 

160103ritztowershorohorodori      「ほろほろ鳥のナントカ」(撮影/私)

 

 

写真がボケボケの上、名前もはっきり覚えていないという情けなさ
ですが「ほろほろ鳥のナントカ」という名前でした。(!)

 

御覧のように、栗をはじめいろいろな添え物でほろほろ鳥が
見えないほど飾られている、見た目も味もとても満足な一品。
ほろほろ鳥はフランス産だそうです。

 

写真では全体が写っていませんが、お皿は長方形で
厚みも少々あってツヤもあり、初めて見たタイプのお皿。
ちょっとまな板みたいですが、盛りつけがとても映えます。

 

 

 

テーブルに雲

そしてデザートはビュッフェ形式で、好きなものを
好きなだけいただけるという嬉しいブランチコース。

 

お友達はかなり抑えめだったのに対し、私は小さめのお菓子ね
という言い訳のものと、かなりたくさん食べてしまいました。

 

テーブルのシャンパングラスの足下に
雲が映っているのが御覧になれますでしょうか?

 

 

160103ritztowers

 

 

上の写真の雲は、丸々とした雲。
次のは横に棚引いた雲が、テーブルに縞模様を描いています。

 

 

160103ritzcarltontowers

 

 

果てしなく広がる空が、思いっきり大きなガラス窓を通し
テーブルの上にやってくる、そんな初春の「タワーズ」でした。

 

スポンサードリンク