「ムーミン幼稚園」(赤坂)と   「ムーミンの映画」(六本木ヒルズ)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

The-Scandinavian-Center

 

 

 

「ムーミン幼稚園」

かわいいムーミンの絵が壁に描いてあるこの場所は
赤坂2丁目にできた「ムーミン幼稚園」、
「ムーミン インターナショナル キンダーガーデン」です。

 

 

 

Moomin_int_logo

 

 

 

都内初のフィンランド式幼児教育カリキュラムを導入した
「ムーミン幼稚園」が、スカンジナビアセンター
(港区赤坂2-18-12)の中にできました。

 

日本独自の豊かな文化を大切にしながらも、子どもを画一的に
取り扱わないというフィンランドの手法を取り入れ
グローバルな人間に育つことを目指しているそうです。

 

 

 

The-Scandinavian-Center2-400x248

 

 

 

 

「小さな大人」

1歳6カ月から6歳までの、様々な国の子どもが通う
「ムーミン幼稚園」は今月から本格的にスタートをしました。

 

御覧のようにテーブルも椅子も北欧の素敵なデザインですね。
また食器も、ムーミンがついた陶器製のもので
プラスティックは使用しないとか。

 

「子どもを一人の人間、小さな大人として扱うことが大事」と
オーナーのバーバラ・ザモーラ・ヴァータヤさんはおっしゃいます。

 

 

 

moomins        「劇場版 ムーミン南の島で楽しいバカンス」(「映画.com」)

 

 

 

 

六本木ヒルズではムーミンの映画が上演

一方、「ムーミン幼稚園」から歩いて行ける六本木ヒルズでも
ムーミンの映画が上映され、その記念展も開かれるそうです。

 

2015年の幕開け「あぷりのお茶会」界隈は
ちょっとしたムーミン旋風(?)ですね。

 

「劇場版 ムーミン南の海で楽しいバカンス」は、原作者の
トーベ・ヤンソン生誕100周年を記念してフィンランドで製作された
長編アニメーションで、TOHOシネマズ六本木ヒルズで2月13日公開。

 

 

 

「 アニメ公開記念展」も開催

また「劇場版ムーミン南の海で楽しいバカンス」公開記念として
「Roppongi Hills meets Moomin」も六本木ヒルズで開催されます。
こちらは1月30日から3月15日まで。

 

こちらには映画製作に関する未公開素材の展示のほか
六本木ヒルズ限定の記念グッズの販売や、映画をイメージしたカフェが
オープンされるなど、ムーミンファンなら見逃せないものばかり。

 

 

 

moomin300x225         フィンランドのムーミンワールド

 

 

 

 

世界中で愛されているムーミン

さきほども触れたように2014年は、作者のトーベ・ヤンソンの
生誕100周年でしたが、それにあわせてサイト(「all Things MOONIN」)
もリニューアルされました。

 

トーベ・ヤンソンは1914年8月9日に、彫刻家の第一子として生まれ
1945年には、ムーミンの第一作「小さなトロールと大きな洪水」を発表。

 

 

 

moomin_book_the_great_flood-en-ee2edaf0482ba64c4a28b7ff1422f714-281x400   「小さなトロールと大きな洪水」(「all Things MOONIN」)

 

 

 

魅力的なムーミンは、様々な国でお人形劇やアニメ化をされ
日本でも1969年からアニメーションが放映されました。

 

ただ私は、日本のアニメのムーミンは、トーベ・ヤンソンのムーミンと
ちょっとイメージが違うような気がしないでもないのですが。

 

 

 

北欧ずき 

2001年、6月27日にトーベ・ヤンソンは86歳でお亡くなりになって
いますが、ムーミン人気は世界中で衰えることはないようですね。

 

私も小学生の時はトーベ・ヤンソンの「楽しいムーミン一家」と
アストリッド・リンドグレーンの「長くつ下のピッピ」が大好きでした。

 

3年以上前にこのブログにも書きましたが(「『北欧』という言葉を
知らなかった頃から」)、なぜか、二つとも北欧の作品。
私の北欧好きは、子どもの頃から始まっていたようです。

 

 

p01001f-270x200埼玉県飯能市の阿須(あず)にある
「あけぼの子どもの森公園」は
ムーミン童話をモチーフにした公園

スポンサードリンク