ジュルブレ(ハチミツ&全粒粉)「大塚製薬株式会社」プレッセプレミアム

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130210jurubure

 

 

「Germe(胚芽)」+「Ble(小麦)」で
「ジュルブレ」

ジュルブレ」を初めて買って以来
かなり気に入ってしまったので何度もリピしています。

 

あまり好きではないと思っていた全粒粉ですが
「ジュルブレ」のビスケットだと美味しくて。

 

 

116973441630-CROUSTISONvisu            (写真/「Gerblé」)

 

 

 

栄養の宝石といわれる小麦胚芽 

「ジュルブレ」は1928年に、栄養の宝石とたとえられる
小麦胚芽を新鮮なまま取り出すことができるように
なったことをきっかけに生まれました。

 

名前の由来はフランス語の「Germe(ジャーム 胚芽)」と
「Ble(ブレ 小麦)」からきているそうです。

 

「小麦胚芽」という言葉は、よく聞きますよね。
小麦胚芽というのは、約一万粒の小麦から
スプーン1杯しかとれない貴重なものなのだそうです。

 

 

vol16_03           (図/「パトス」)

 

 

そのためフランスでは、小麦胚芽を
「栄養の宝石」とたとえています。

 

小麦胚芽を小麦粒から取り出す技術により
1972年、フランス人の実業家のアラン・シャティヨンが
「ニュートリション エ サンテ社」を作りました。

 

ここで生まれたブランドが「ジュルブレ」。
現在は、80種類もの「ジュルブレ」製品があるそうですよ。

 

日本では、大塚製薬が発売しています。
こちらはフランスの「ジュルブレ」のサイトです。
そしてこちらが、日本の大塚製薬の「ジュルブレ」サイト。

 

 

121119gerupure

 

 

 

たくさんの種類がある「ジュルブレ」

大塚製薬の「ジュルブレ」のサイトで
紹介されているのは4シリーズで合計、16種類。

 

「ジュルブレ」の4種類のシリーズとは
「小麦胚芽シリーズ」「食物繊維シリーズ」
「砂糖不使用シリーズ」と「低GIシリーズ」です。

 

「小麦胚芽」と「食物繊維」の「ジュルブレ」パッケージは
黄色、オレンジ色などの、全体として暖色系のイメージ。

 

それに対して「砂糖不使用」と「低GI」の方は
あえていいますと、ちょっと水色っぽいイメージの
パッケージということになるでしょうか。

 

 

gerble_raisin-hazelgerble_crispychocolate

上が「ジュルブレ」の砂糖不使用シリーズ
下は「低GIシリーズ」
(写真/「大塚製薬 こだわりの製品」)

 

 

なお、この「砂糖不使用シリーズ」ですが
原料としてお砂糖は使っていませんが、

 

果物由来のショ糖(リンゴ果汁由来)は入っているよう。
(レギュラーサイズ1袋あたりで、1.6グラム)

 

また「低GIシリーズ」のパッケージの形が少々、
他の「ジュルブレ」と異なっているのは、「低GI」ということで
間違わないための配慮かもしれませんね。

 

 

130210gerble

 

 

 

現在うちにある「ジュルブレ」

上から
「セサミ&チョコレート」(小麦胚芽シリーズ)
「大豆&イチジクのビスケット」(小麦胚芽シリーズ)
「アップル&ヘーゼルナッツビスケット」(砂糖不使用シリーズ)

 

130222jurubure

 

 

今回これを書いて初めて気づいたのですが
現在、一番お気に入りの「アップル&ヘーゼルナッツビスケット」は
砂糖不使用シリーズでした。

 

食べている時に、甘味が足りない〜、とは全く思いませんでした。
もっとも、上記のようにリンゴ果汁由来のショ糖は含まれていますが。

 

「ジュルブレ」をあまりに気に入って食べ過ぎてしまい
ちょっと飽きてしまったので今はお休み中です。

 

スポンサードリンク




ふかひれ雑炊「アマノフーズ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140206amanohukahirezousui

 

 

ふかひれ雑炊

フリーズドライタイプの「ふかひれ雑炊」。
作っているのは広島県福山市にある
「アマノフーズ」という会社です。

 

「うん?」、聞き覚えがあるなぁと思ったら
この「かに雑炊」バージョンを、以前も一度
「あぷりのお茶会」で取り上げていました。

 

こんなふうな包装です。
幅が8センチほどで、高さが12センチくらいでしょうか。

 

 

140206amanofoodshukahire

 

 

この中に入っているものを容器出して、熱湯を180ccほど
そそいでかき混ぜると、あっという間に出来上がります。

 

 

 

原材料、カロリー

原材料は,

精白米(国産)、チンゲンサイ、ふか加工品、きくらげ、
食塩、しょうゆ、チキンエキス、チキンブイヨン、オイスターエキス、
ほたてがいエキス、発酵調味料、ふかひれ、肉エキス、香辛料、
酵母エキス、ボークエキス、ごま油、調味料(アミノ酸等)、
酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、香料、ターメリック色素、
(原料の一部に乳成分、小麦粉、りんご、ゼラチンを含む)、

ということです。

 

いつも思いますが、このようなものって本当に
たくさんのものが入っているんですね。

 

エネルギーは、なんと62キロカロリーです!
驚くほど低いですね。

 

 

 

一食には足りない、といえるのは幸せかも

ダイエットに利用しているという「クチコミ」も
ありましたが、私はこれだけで一食に
置き換えるのは難しいかな。

 

なかには、闘病中で食欲の落ちているお父様にとっては
口当たりがよく、一膳食べることができたという満足感も
得られている、などという「クチコミ」もありました。

 

と聞きますと、「これだけでは物足りない」
「とてもダイエットなどできない」などと
いうことができるというのは、幸せなことなのかも。

 

昨日の「ゴルゴンゾーラ」ピカンテ1キログラム
あっという間に食べきってしまうことができるのは
健康あってのことですからね。

 

ところでこれは「ふかひれ雑炊」の
フリーズドライタイプなのですが、本当の
「ふかひれ雑炊」と比べてお味の方はといいますと……。

 

と、この先は残念ながら書くことはできません。
本物の「ふかひれ雑炊」などという高級なものは
頂いたことがありませんので……(涙)。

 

スポンサードリンク




動物性油脂で作られたものが「生クリーム」で、植物性油脂のものは「ホイップクリーム」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

12 10 5 ringohoipu

 

 

パスコの「りんご&ホイップ」

ふわふわパンで、りんごクリームと
ホイップクリームを包み込んであります。

 

りんごクリームの中には、ちっちゃめなりんごのダイスが
入っているのですが写真でおわかりになるでしょうか?

 

ちょっとだけ甘すぎる気もしないではありませんでしたが
ふわふわっとおいしかったです。

 

まあ、当然のことながらホイップクリームは
このようなものですから、そのような(?)お味ですが。

 

 

 

日本では「植物性油脂で作られたもの」をいう

ところでこの「ホイップクリーム」ということばですが
現在の「ホイップクリーム」というと
皆さんは、何を意味しているとお思いになりますか?

 

私はずっと「ホイップクリーム」とは
「泡立てた生クリーム」という意味だと思い込んでいました。

 

 

1f69b486d0155e573f249fa52fe8b4d1     生クリームを泡立てているところ(写真/「COOKPAD」

 

 

英語ですとそのような意味なのだそうですが
現在の日本で「ホイップクリーム」といいますと
サラダ油などの植物性脂肪で作られたものを指すそうです。

 

こちらは、Nakazawaの乳脂肪分18パーセント、
植物性脂肪分27パーセントの「ナイスホイップG」という製品。

 

 

nicewhipgnakazawa          ナイスホップG(写真/「Nakazawa」)

 

 

 

動物性油脂のものが「生クリーム」

一方、本来の牛乳で作られた動物性脂肪は
「生クリーム」と呼んでいます。
こちらはNakazawaの生クリームで、名称は「フレッシュクリーム」。

 

Nakazawaのクリームは、これ以外に何種類もあるようです。
乳脂肪分と植物脂肪分の配合が様々なクリームが
全部で20種類以上あるようです。

 

これは、法律で「クリーム」と表記することができるのは
「乳脂肪を18パーセント以上含み、添加物や植物油脂を一切含まないもの」
と定められているからなのだそうです。

 

そこで苦肉の作が、「クリーム」に「ホイップ」をつけて
「ホイップクリーム」としたのですね。

 

 

 

誰が決めたのかな?

ですが、英語で「ホイップクリーム」というと
「泡立てた生クリーム」を意味します。

 

そのような紛らわしい名称にしないで、別の名称にした方が
混乱がなくていいのではないかと思ってしまうのですが。

 

よくいわれることですが、「スモーキンクリーン(Smokin Clean)と
いう言葉は和製英語ですよね。

 

 

JT_20131201225038c0d            (写真/「JT」

 

 

このような和製英語を作ることについてはこの際置いておきますが
とにもかくにも、「スモーキンクリーン」という言葉は英語には
ないわけですから、ある種の混乱はおこりません。

 

ですが「ホイップクリーム」という英語はありますので
他の名称にしてほしかったと、今更ながら
赤坂の片隅で異論を叫ぶ、といった感じです。

 

例えば、「植物性油脂のクリーム」とか
「植物性クリーム」という名前をつけるとかね。

 

こういうことって誰が決めているのでしょうね。

 

スポンサードリンク