桜餅 赤坂「青野」 これ以上巧みな装いを見たことはありません

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130215sakura桜餅 赤坂「青野」

 

 

赤坂「青野」の「桜餅」

先日、同じ赤坂「青野」の上生菓子
「梅」と「うぐいす」を御紹介しましたね。

 

その時にちっぷママさんがコメントをくださいました。
着物の装いのコメントの、お返事を書いているうちに
思い出したことがありました。

 

それは、とても素晴らしいお着物を
お召しになった方のことです。
素晴らしいお召物、といっても
単に高価という意味ではありません。

 

品質のよさはもちろんのことですが
それにだけではないのです。
単に、高価なだけのものをひけらかすのは
かえって、さもしく感じるものなのかもしれませんし。

 

本当にその場に相応しい、非の打ち所のない見事な装い。
その方の知性と、お気持ちまでも
表現されていたお召物でした。

 

 

130215ugusiroうぐいす 赤坂「青野」

 

 

 

茶色の色無地に、黒の帯

それは、ちょうど2年前のひな祭りの日。
その日はお祝いの式があったのですが、お話したい
のは、式の主役の方のお母様のお召物についてです。

 

その方は、一ヵ月ほど前に
お連れ合いを亡くされたばかり。
それもあってでしょう、渋い茶色の
色無地をお召しになっていました。

 

そして帯なのですが、これは黒地でしたが
喪服の黒い帯ではありません。

 

渋い茶色の色無地に、真っ黒の喪服用の帯ですと
準喪服ということになってしまいますからね。

 

 

150622tatougami

 

 

 

黒い帯には源氏香の模様に、花びらが

ですから黒は黒でも、その帯には模様が入っています。
お太鼓と、前の方にあまり大きくはなく控えめに。

 

お太鼓には源氏香が二つ、前にはそれが一つ。
その源氏香に、薄紅色の小さな花びらが2,3枚散り
かかっているのが、何とも言えずに愛らしく感じます。

 

お連れ合いを亡くされたばかりのお立場であると
同時に、御子息の晴れの舞台を控えめに寿いで
いらっしゃる、その取り合わせの妙に私はうなりました。

 

 

さくら 赤坂「青野」

 

 

 

言葉を失うほどの巧みな装い

翡翠の澄んだ緑色のかんざしが
唯一の色を感じさせます。

 

私は今まで、これほど巧みな装いを
見たことはありませんでした。

 

 

kocho源氏香の模様

 

 

 

浅葱色の総絞りの着物に、洗朱の帯

それから10日ほどして、御子息が
その場の長となられて最初の会がありました。

 

すばらしいお着物と帯のコーディネイトをなさった
お母様は、その場にはいらっしゃいませんでしたが
私はそのお母様に敬意を表すべく。

 

私のその日の取り合わせは、浅葱色の総絞りの着物に
鼓の模様が描かれた洗朱(あらいしゅ)の帯。

 

 

130225hisimoti桃重ね 「清閑院」

 

 

 

嗚呼……

私の着物を御覧になった御子息は
「いいご趣味で……」
と、私を気遣う言葉をかけて下さったのです。

 

ところが、そのお優しい言葉に対して
私は何も言えませんでした。

 

「今までより、なお一層よくなりますように
(鳴りますように)との思いを込めまして……」
と、本当は申し上げたかったのですが。

 

ぐっ、ともうっ、ともつかない
どこぞで蛙をつぶしたような声を出しただけでした。
あぁぁ……。

 

ホラ、私って超気が小さくて
内気なものですから……(ホントか!)。

 

スポンサードリンク