信じることって「力」なの?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140411rosenthalmagicfluteteapot

 

 

信じることって「力」なの?

ネットショップに限ったことではありませんが
たいていのことは、根底に「信頼」があって初めて成り立っている
というお話を数日前にさせていただいたことがあります。

 

私たちは普通、何かをするその度ごとに
信頼云々などとは考えないで行動を起こします。

 

ですがよく考えてみれば、それは無意識のうちに
相手の人を信じているからこそなのですよね。

 

そしてまれに、その信頼が裏切られてしまった時は
驚いたり、悲しんだり、怒ったり……。

 

私たちは、基本的に相手を信じていて
また相手の方もその信頼に足る反応をしているのです。
幸せなことに。

 

 

aobana

 

 

以前、心理学に関する講義を受けていたことが
あるのですが、私はその講義を聞いている時に
「?」と思うことがしばしばありました。

 

「そうかなぁ……?」
と先生のおっしゃったことに疑問を感じるのです。
すぐには納得できなくてね。

 

ですが半年、一年と時が過ぎ行くうちに
なるほど、そういうことだったのかと。

 

そんなことの一つに「信じる力」という言葉がありました。
信じるのに力なんて必要なの?、と。
しかし、これも時ともに理解することができるようになりました。

 

 

20070909gingerlily01

 

 

マンションを「買います」「買いません」

私の知り合いが40代の後半に、東京の土地を売って都心からそんなに
遠くない別荘地にプライベートビーチつきのマンションを買いました。

 

別荘としてではなく、夫を亡くした彼女は
その地に暮らすつもりで購入したのです。

 

そのマンションを探している時に、私に一緒に見に行って
ほしいというので、家に興味のある私は快諾しました。

 

見に行く約束の直前に彼女から電話がきました。
何かに怒っているようで、マンションの購入は止めたというのです。

 

それは大手の不動産会社の物件でした。
見に行くのを止めるほど怒る理由は私には全く理解できませんでした。

 

しかし購入するのは私ではなく彼女。
彼女がその物件を嫌になったというのならば仕方がありません。

 

といいながらしばらくすると彼女は、やっぱり購入したいと
思っているので一緒に行ってくれないか、と言ってきました。

 

彼女との間には、このようなことがそれ以前にも
何度も繰り返されていたのです。
その時、私はようやく「No」を言うことができました。

 

 

shuyounohanatohati

 

 

その数年後に、彼女はその時のことを話してくれました。
彼女が最初に見に行くのをキャンセルした後で
別の人がその物件の契約をしたそうです。

 

彼女がそれを知った後、そのマンションが
どうしても欲しくなりました。

 

彼女は東京にかなり大きな土地をもっていたこともあり
年末ジャンボの前後賞を合わせたよりも
多くの資金があったと思います。

 

彼女が2度目に欲しいといった時は既に契約済みだったので
物件の代金とは別に、破棄するために数千万円の
支払いが必要だったとのこと。

 

 

rakkyounohana

 

 

 

「信じられない」から「不安」が生じる

彼女はそのようなことを度々繰り返していたのです。

 

私には怒っているように見えたものは
「怒り」ではなく、彼女の「不安」でした。

 

そのマンションを購入することに何らかの不安が生じて
それが傍目には怒っているように見えるのです。

 

何故、不安が生じたのかといえば
相手を信じられなくなったからです。

 

何年もの彼女との付き合いで私はわかるようになりました。
結局、彼女は「信じる力」が足りない人でした。

 

すぐに相手が信じられなくなり、やめてしまう。
つまり物品の購入でしたらキャンセルするのです。

 

ところがきちんとした根拠のある不安
ではありませんからまた、欲しくなります。

 

最初から気に入っていた物件でしたので、それがみすみす
人手に渡ってしまうと思うと、残念でなりません。

 

結局、数千万円を余計に払ってでもという
無駄なことをするのが常でした。

 

 

140202nanohana

 

 

私には考えられない額の損失ですが、それでもまだ
金銭ですむことならばよいのでしょう。

 

もっと根本的な、大切な問題さえも
彼女はそのような対応をしてしまうようでした。

 

距離をもって離れていると気の毒な人だとは
思うのですが、そばで振り回されている人々は
かなり大変そうにも見えます。

 

とはいえ、以前ご紹介した「オレオレ詐欺(ロドリゲス戦法)」
でもいかがわしい話でも、何でも信じてしまうのは
「信じる力」ではなく、別の問題ですがね。

 

スポンサードリンク




双方の信頼で成り立つネットショップ 「本物」「ニセモノ」14

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140416azabuhanamizuki

 

 

 「デコポン」さんから来たメール

前回は、柑橘類の「デコポン」のお話をしましたが
以前、ローゼンタール〈魔笛〉のショップに、「デコポン」と
いう名前でお問い合わせのメールをいただいたことがありました。

 

「デコポン」さんは東京にお住まいのようでしたが
自分はアナログ人間なのでネットショップでの
注文は苦手だと書いていらっしゃいました。

 

ローゼンタール〈魔笛〉のネットショップ「アプリ」に
注文をするのではなく、実際に品物を見みてみたいとのこと。

 

指定の場所にティーカップを持ってきてもらうことは
可能でしょうか、という御依頼でした。

 

その方のお知り合いの方が、ネットショップで
購入した食器がニセモノだったという経験をされたとか。

 

そんなこともあり、実際に見て本物とわかったら
購入したいということでした。

 

そのような御依頼は初めてのことでしたので、私は少々戸惑いました。
ショップ作りを共に学んだ同期生に相談してみますと
答えてくれた全員が、断るようにとの回答。

 

そのようなお客様の御依頼があった時に
丁寧に説明してお断りをした、という人もいました。

 

 

140415siranui

 

 

 

「ウソ」を書いて売っているショップも…

確かにネットショップの中には、

 

「ローゼンタール〈魔笛〉は現在作られていないので
この食器を手に入れることは難しいです」とか

 

「現在、ローゼンタール〈魔笛〉は
作られていないので、この食器は幻の逸品です」

 

「激レア商品」「入手困難」等々の、ウソを平気で書いて
中古品をヤフオク等で売っているオンラインショップも多々あります。

 

(上記のお店は、ネットショップだけではなく
実店舗を都内で50年近く営業しているお店でもあります)

 

「デコポン」さんのお友達のように、送られてきたものが
ニセモノだったり、箱のないリジェクト品という
可能性もゼロとはいえないでしょう。

 

(リジェクト品というのは、作った工場で
「1級品」と認められずに、はねられた「2級品」のこと)

 

 

140416hanamizukiazabu

 

 

 

お客さんの側の「ウソ」も……

また、これは実際の知り合いの話ではないのですが
ネットショップをしている方がこんな経験を書いていました。
有名ブランドのバッグを扱っているショップの方です。

 

そのネットショップで購入した人から
「届いたバッグがニセモノだった」というクレームがきたそうです。

 

ショップのオーナーは、バッグは本物だと自信がありますので
「そうお思いでしたら、

 

『◯◯』という真贋を鑑定するお店がありますので
そのお店で見てもらってはいかがですか」という返事をしました。

 

しばらくしますと、そのお客さんから連絡が来ました。
「『◯◯』でみてもらいましたが、やはりニセモノでした」

 

ショップのオーナーは、その品物を返品するよう
依頼して、バッグの代金を返金しました。

 

返品されてきたバッグを見て、驚いたそうです。
そのバッグは、ショップから送られたものではなく
ニセモノのバッグだったからです。

 

本物(!)のニセモノのバッグだった、
と、わけのわからない文章になってしまいましたが。

 

つまりそのショップのオーナーは、本物のバッグをお客さんに
送ったのですが、お客さんはすでに持っていた
そのバッグのニセモノを鑑定に出したというわけ。

 

その後ショップに、鑑定に出した方のニセモノのバッグを
返品して、支払った代金も返金してもらったのです。

 

この場合は、完全にお客さんの側の詐欺行為です。
ネットショップの側の詐欺行為もあれば
お客さんの側の詐欺行為もあるというわけですね。

 

 

12.5.26.ark

 

 

 

お互いの「信じる心」 

ネットショップは、といいますか他のことでもそうなのだと
思いますが、何事も双方の信頼があって初めて成立するもの。
逆に言えば、信頼関係がないと成り立ちません。

 

ほとんどの人は、詐欺行為などはせず誠実に対応しています。
ですがほんの一握りの悪いことをするオンラインショップや
お客さんもいることは残念ながら事実です。

 

そうそう、先ほどの「デコポン」さんというお客様の
御依頼のことですが、私は今回だけはお受けすることにして
今後はそのような御依頼はお断りをすることにしました。

 

とは決めましたが「デコポン」さんと、何度ものメールのやり取りを
しているうちに、結局、お断りすることになってしまいました。
140416roppongikoukou

 

 

 

信じてくださるお客様に感謝を! 

私は「デコポン」さんと、待ち合わせの日時を決めました。
「デコポン」さんは、指定した新宿のカフェに、
「目印としてグッチのバッグを持って行く」と書いてありました。

 

私は名前と連絡先を教えて頂きたい、とお願いしたのですが
「会ったこともない人には、教えられない」
とのお返事でしたので、申し訳ありませんがお断りしました。

 

確かに、一度も会ったこともない人に住所氏名を教えることに
ためらう気持ちはわからないでもありません。

 

ただ、万が一、指定された新宿のカフェに行く直前や、途中で
事故等があり、時間に行けない状態になるかもしれません。

 

また悪く考えれば、グッチのバックを持った人、
というだけの情報で指定された新宿のカフェに行って
「デコポン」さんが現れないということもあり得ること。

 

たとえ「デコポン」さんが住所等を教えてくれたとしても
それが本当のものか否かはわかりません。
ではあっても私は、それを信じて出かけるつもりでいました。
140416dogokazabu               麻布十番にある「ドッグカフェ」

 

 

結局「デコポン」さんは、ネットショップでの
お買い物には向かない方だったのだと思います。

 

そう考えますと、初めてのネットショップを信頼して
くださるお客様の存在を、本当に心から有り難く思います。

 

その信頼におこたえすることのできるショップで
ありたいと改めて思わずにいられません。

 

スポンサードリンク