「古九谷」 前田家と鍋島家の繋がり

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

次郎左衛門雛 加賀藩前田家「成巽閣」

 

 

 

古九谷と鍋島家の関係

今回は、前回の古九谷論争に関して
触れられなかった部分をご紹介します。
「古九谷論争『古九谷の真実に迫る』から」

 

九谷焼は、加賀藩とその支藩である大聖寺藩の
二つの前田家なくして語ることはできませんが、
実はそれに加えてもう一つの家が関わっていました。

 

それは日本初の磁器、有田焼をつくりだした
ともいうべき佐賀(肥前)藩の「鍋島家」です。

 

 

 

伊万里焼「色絵蓮池翡翠文皿」
江戸時代 17世紀中葉 径36.4㎝ 日本民藝館

 

 

 

「鍋島焼」「伊万里焼」「有田焼」

この3つの名称について、混乱があるといけません
ので、最初に言葉の説明を簡単にしてみましょう。
九州の有田で焼かれているものは有田焼と呼ばれます。

 

江戸時代、有田焼は伊万里津(港のこと)から出荷
されたので「伊万里焼」ともいうようになりました。
ということで「有田焼」=「伊万里焼」ですね。

 

また有田焼の中でも、鍋島藩が商品としてではなく
将軍家へ献上等のために、藩窯で独自に焼かせた
ものを指して「鍋島焼」といいます。

 

(ただし「鍋島焼」の名称は大正時代以降にできたもの
で当時、鍋島藩内では「大河内焼(おおかわちやき)」
「大河内御磁器」といわれていたといいます)

 

現在は鍋島藩窯はありませんが
鍋島焼という名称は残り焼かれています。
今回のお話は勿論、鍋島藩窯の鍋島焼のこと。

 

 

 

鍋島焼「色絵宝尽文皿 」
ロサンジェルス・カウンティ美術館

 

 

 

磁器づくりのきっかけは鍋島直茂から

日本で初めて焼かれた磁器の有田焼は、鍋島直茂が1592年
豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に、捕虜として連れてきた
朝鮮人陶工・李参平(鐘ケ江三平)がつくりました。

 

佐賀藩の鍋島藩窯は、1652〜1654年(承応年間)に
有田の岩谷河内(いわやごうち)に御用窯を作り、
1661〜1672年(寛文年間)に伊万里の
大川内山(おおかわちやま)に移転しています。

 

1651(慶安4)年6月に、徳川家光の内覧を受けた後、
鍋島焼が正式に献上されていますので、その時点では
もう実質、鍋島藩窯はできていたことになります。

 

 

 

鍋島焼「青磁染付桃文皿」
元禄(1688-1704年)
口径14.7cm 高3.7cm 高台径7.4cm

 

 

 

佐賀藩 初代・勝茂、2代・光茂

朝鮮出兵の際に朝鮮人陶工を連れ帰った鍋島直茂は
肥前佐賀の領主として鍋島家の基礎を築いた「藩祖」
とされており、初代藩主は、直茂の子・勝茂。
勝茂の正室は秀吉の養女で、側室は家康の養女です。

 

勝茂の子・忠直は20代の前半に亡くなったこと
から、2代藩主は、忠直の子・光茂が継ぎました。
光茂の正室は米沢藩2代藩主・上杉定勝娘の虎姫。

 

鍋島直茂(1538-1618) 朝鮮人陶工を連れてきた
1勝茂(1580-1657) 鍋島藩窯を作った
* 忠直(1613-1635)
2光茂(1632-1700)

 

 


鍋島焼「色絵野菜文皿」
江戸時代前期 出光美術館蔵

 

 

 

初代・勝茂の娘の子「虎」が、2代藩主・光茂の妻

佐賀藩初代藩主・勝茂の娘「市」は、出羽米沢藩・2代藩主
の上杉定勝に嫁ぎ、「徳」と「虎」という娘をもうけます。
定勝には、市が母親ではない「亀」という娘もいました。

 

 

 鍋島直茂(1538-1618)
     |
 1勝茂(1580-1657)
     |
      _______
     |      |   米沢藩2代藩主
  忠直(1613-1635) 市ーーーー上杉定勝ーー◯
     |        | |     |
     |              
     |
     |
 2光茂(1632-1700)ーー
            |
            |
       3綱茂(1652-1707)

 

 

市の娘「虎」は、2代藩主となった光茂とは
いとこにあたりますが、光茂に嫁いでいます。
鍋島家からきた母の実家へ戻ったかたちになりますね。

 

ここまででは前田家は登場していませんが、虎の姉・徳
と、妹・亀の二人が前田家に輿入れをしているのです。

 

しかも、大聖寺藩の初代と2代藩主という兄弟に、
徳と亀の姉妹が嫁いだということになります。
それでは次に、前田家をみてみましょう。

 

 

九谷焼「百合図平鉢」
石川県九谷焼美術館蔵

 

 

 

九谷焼の窯を作った前田家

加賀藩前田家の4代藩主までの系図は以下の
通りで、前田利家の子・利長が2代藩主です。

 

3代藩主は2代藩主の弟・利常が継いでいます。
別の弟の利孝は、支藩の七日市藩の初代藩主。

 

加賀藩3代藩主の子、光高が4代で、
その弟・利次が、支藩である富山藩初代、
別の弟・利治も、支藩の大聖寺藩の初代となっています。

 

 

      1前田利家加賀
          |
          |
  ________________________________________________ 
* |   |   |    |   |   |
2利長  利政  知好  3利常  1利孝 利貞
加賀)          (加賀) 七日市
             |
             |
      _______________
     |    |    |    |
    4光高  1利次  1利治  2利明
     (加賀)    富山  (大聖寺)(大聖寺
                    |
                   3利直
                  (大聖寺

 

 

濃いブルーで表示をした、「利治」が藩主の
大聖寺藩が、古九谷を焼いた窯を作りました。

 

この大聖寺藩は、1871(明治4)年の廃藩置県で
大聖寺県となるまで(後に金沢県に編入され、
石川県と改称)14代にわたり前田家が治めています。

 

上の図から、七日市藩と富山藩を除いて、
九谷焼に関わる大聖寺藩と加賀藩のみ
を抜き出してみると下のようになります。

 

 

     1前田利家
       |
     ___________________
   |       |
   2利長    3利常 
           |
       __________
     |    |    |
    4光高  1利治  2利明
               |
              3利直

 

 

加賀藩の3代藩主・利常の子・利治が大聖寺藩の
初代となり、利治に子どもがなかったことから
2代は、利治の弟・利明が継ぎました。

 

 

 

九谷焼「莢豆図甲鉢(さやまめずかぶとばち)」
口径 18.9cm 底径 7.9cm 高さ 10.2cm
石川県九谷美術館蔵

 

 

 

加賀藩・利常の支援により大聖寺藩がつくった九谷焼

九谷焼の初期の作品、現在「古九谷」と呼ばれ
ているものが焼かれていたのは、大聖寺藩の
初代・利治と、2代・利明の兄弟の時代にあたります。

 

父である加賀3代藩主・利常の支援によって
利治、利明兄弟が関わったことになりますが
50年後に突然、窯は閉鎖。

 

その理由は不明ですが、大聖寺藩・2代藩主の利明の
死が影響したともいわれるほどで、加賀藩主の父と、
子の大聖寺藩主の利治、利明の強い関わりが伺えます。

 

 

 

「雛人形」次郎左衛門雛 佐賀藩鍋島家「徴古館」

 

 

 

「鍋島家」の二人の孫娘は「前田家」へ

古九谷の窯をつくった大聖寺藩の二人の
藩主に嫁いだのが、上杉定勝の娘でした。

 

初代藩主・利治の妻には「徳」、
2代藩主・利明には「亀」と。

 

家系図というのは、なんとも分かりづらいもの
ではありますが、前田家と鍋島家を並べて
書いてみました(余計、わからない?)。

 

 

 1前田利家
    |
    _______________
  * |      |
  2利長   3利常   
*        |
    ____________________________
*  |   |(大聖寺藩) |(大聖寺藩)
* 4光高  1利治ーー  2利明ーー
 

           
                          

 鍋島直茂             
  |                 
 1勝茂              
  |               
  忠直ーーー 市ーーーーーー上杉定勝ーー◯
  |         |  |       |
  |                  
** 
  |         
 2光茂ーー虎    

 

 

 


「雛人形」次郎左衛門雛  預玄院所縁(よげんいん)「成巽閣」
上の写真は「鍋島家」の、こちらは「前田家」のお雛様です

 

 

 

3姉妹の2人は「前田家」、1人は「鍋島家」へ

これを上杉定勝からみてみますと、娘の
徳の夫が、前田利治(大聖寺藩・初代藩主)
虎の夫が、鍋島光茂(佐賀藩・2代藩主)
亀の夫が、前田利明(大聖寺藩・2代藩主)となります。

 

 

* 鍋島勝茂の娘
  市ーーーーーーーー上杉定勝ーーーーーー◯
   |      |      |
   徳ー前田利治 虎ー鍋島光茂 亀ー前田利明

 

 

鍋島光茂からいいますと
前田利治(大聖寺藩・初代藩主)は、妻の姉の夫、
前田利明(大聖寺藩・2代藩主)は、妻の妹の夫、
ということ。

 

上杉家を間に挟んで、鍋島家と前田家の
深い繋がりが生まれることになったのです。

 

 

佐賀藩鍋島家の家紋「杏葉」

 

 

 

鍋島家と前田家と、それぞれの焼物

もっとも両家の親しい関係は、この婚姻によって
生じたというよりは、それ以前からの近い関係がこれら
の婚姻を成り立たせたという方が正確かもしれません。

 

加賀藩・2代藩主の利長の後を、利常が継ぎ
徳川秀忠の娘・珠姫を迎える際にも、前田利長は
慶事に必要な唐物を、鍋島勝茂に依頼しています。

 

前田利長とその子・利常が、鍋島勝茂と親交があった
事実に加え、複数の婚姻によって結ばれた両家の繋がり。
それは、それぞれの焼物にも影響を与えたと
考える方が、むしろ自然に思えます。

 

 

 

古九谷「青手桜花散文平鉢」
石川県立美術館所蔵

 

 

 

スタートについた「古九谷論争」

これについて中矢進一(石川県九谷焼美術館副館長)氏
は「古九谷の真実に迫る」の中でこのように述べています。
多くの方も同じお考えと思われますので
これをご紹介して終わりましょう。

 

「それぞれを領する大名同士が姻戚関係にあった
 という歴史的事実、背景といったものを踏まえた
 上での論考というものが、必ずこれから以降は
 必要になってくるんだろうというふうに
 考えております」

「この問題は短兵急に結論を出す問題ではなくして
 両産地の、いわゆる交流のもとにそういった
 ものが生まれたんではないか、そしてこの加賀
 前田家という加賀文化を育んだ前田家を抜きに
 して、最高級品である古九谷の百花手だとかは
 (略)生まれてこなかったのではないかという
 指摘もされております。
 真の意味での古九谷、それは一体何か、
 これを探る作業が色々スタートしたんだ
 というふうにいえるのではないでしょうか」

 

     (参考 /「古九谷の真実に迫る」

 

スポンサードリンク




前田家が東インド会社を通じて注文したデルフト焼

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

 

 

鍋島家の献上品の一例

佐賀藩(肥前藩)鍋島家は関ヶ原の戦いで父・が東軍、
子・勝茂が西軍に属していたこともあり、江戸幕府成立時
から徳川家へはひときわ気遣いをしてふしが伺えます。

 

1616(元和2)年頃、勝茂が上府した際に
本多正信の取りなしで江戸城に登城し、将軍・秀忠に
お目見えした時の進物は以下のようなものでした。

 

  公方様へ 太刀一腰、馬代銀子三百枚、
       大巻物十端、繻珍(しゅちん)二十端

  若君様へ 太刀一腰、馬代銀子五十枚、ひわんす十端

  御台様へ 銀子五十枚、絹糸二十斤
   (お江与)

  お局へ  しゅちん二端

 

 

「黒地群蝶模様留袖(くろじぐんちょうとめそで)」
(写真/佐賀藩鍋島家「徴古館」)

 

 

 

将軍御成のために薩摩藩・島津家が注文

このように様々な、かつ気の利いたものを献上するため
勝茂は、長崎に来る中国船から珍しい「とうもの」を
購入する必要がありました。

 

また日本にきたものを購入するだけではなく、時には
日本から中国へ注文をすることもありました。

 

薩摩藩島津家は1627(寛永4)年の将軍御成の
ための道具類を中国で特別に誂えています。

 

 

 

「松図襖」狩野尚信 17世紀
(写真/佐賀藩鍋島家「徴古館」)

 

 

 

前田家の婚礼の際にも勝茂が助力

加賀藩主・前田利長の後継として、利常が三代藩主
になり徳川秀忠の娘・珠姫を輿入れさせるよう
との命が家康から下されました。

 

1601(慶長6)年のその慶事の際に必要なものを
利長は鍋島勝茂に依頼したと思われます。

 

勝茂は、必要なものが記されたリストをもとに
「長崎にポルトガル船がついたらすぐに買い調えるよう」
家臣に命じでいます。

 

 

初めて日本にやってきたオランダ船
「デ・リーフデ号」を復刻したもの(長崎テンボス)

 

 

 

加賀藩の「御買物師」長崎に常駐

その後、加賀藩の3代藩主となった利常は、1637
(寛永14)年6月、長崎の平戸に海外からの輸入品を買い
付ける「御買物師」と呼ばれる役人を常駐させています。

 

長崎などの名物を収集するよう、家臣の矢野所左衛門
(やのところざえもん)に命じ、配下の瀬尾権兵衛に
目利きの吉文字庄兵衛(きちもじしょうべい)をつけ
糸目をつけづに買い求めさせました。

 

幕府は、1633(寛永10)年から1639(寛永16)年にかけ
5回にわたって鎖国令を発布していますが、これに合わせて
加賀藩も御買物師を長崎に常駐させることに踏み切ります。

 

御買物師は、長崎に入港する海外からの船が積んで
きた陶磁器や織物など値を構わずに購入しました。

 

1926(大正15)年に前田家伝来の文化財を保存して後世に
伝えるために加賀家16代当主・利為(としなり)によって
設立された「前田育徳会」に所蔵されるものの多くが
この時に求めたものだといわれています。

 

 

 

デルフト焼 アムステルダム国立美術館所蔵

 

 

 

日本で初めてデルフト焼を注文した前田家

また加賀藩前田家は、日本で初めてオランダのデルフト焼
「デルフト焼と日本の意外な関係」)の注文をしました。

 

その時の藩主は、利常の次の4代藩主・光高でしたが
実際は顧問を務める3代藩主・利常の指示によるものと
みられています。

 

1640(寛永17)年に、長崎御買物師を通じて
オランダインド会社(「オランダ東インド会社
(VOC)」
)経由での発注でした。

 

 

こちらはオランダの注文により、有田で作られたお皿
オランダ東インド会社の「VOC」マークが入っている
「染付芙蓉手(そめつけふようで)」
江戸時代 伊万里焼(有田焼)
高さ6.4cm 径39.5cm 神戸市立博物館所蔵
(写真/「文化遺産オンライン」)

 

 

 

前田家の1639(寛永16)年12月31日付の注文書

 茶の湯のための茶碗 18個
  (見本として木型2個、粘度型2個添え)
 大皿 200枚、小皿 3種類をそれぞれ100枚
  (見本として粘度型が添えられ、
   絵付けの模様と色も細かく指定)

 

 

同、1641(寛永18)年の注文書

 ひし形台鉢 6個
 台鉢 30個
 大台鉢 5個
 方形台鉢 30個
 円形台鉢 30個

 

というようにかなり大量の注文であることがわかります。
さすがに加賀百万石ですね。

 

現代のようにメールや写真ですぐ確認できません
ので、木型や粘度型などの実物大の見本と、模様や
色彩などの丁寧な指示がなされているようです。

 

 

 

「和蘭陀白雁香合(おらんだはくがんこうごう)」
幅 9.2cm 奥行 5.3cm 高 10.6cm
デルフト焼 江戸初期 石川県立美術館所蔵

 

 

 

前田家がデルフトに注文した「和蘭陀白雁香合」

上の香合もデルフト焼で、前田家の発注により
作られたと思われている「和蘭陀白雁香合」です。
現在は石川県立美術館の所蔵。

 

全体的に乳白色の白釉が厚くかかり、赤の絵の具でクチバシ
や目、頭の付け根の2本の線、足などを彩っています。
足と足の間は青く見えるのは水を表しているとか。

 

石川県立美術館といえば野々村仁清の「色絵雉香炉」が
有名で、こちらは以前、訪ねた時に見ましたが、白雁の
方は多分、見ていないのではないかと……、残念です。

 

 

「色絵雉香炉(いろえきじこうろ)」
幅 48.3cm 奥行 12.5cm 高 18.1cm
野々村仁清 17世紀 石川県立美術館所蔵

 

 

キリッとした仁清の「色絵雉香炉」に対して、
ふんわりとした優しさを感じさせる「和蘭陀白雁香合」。
類品が少ないく貴重なものだということです。

 

 

 

長崎から金沢まで運んだ廻船問屋の「高島屋」

そうそう、言い忘れてしまいました。
前田利常が、長崎に御買物師を常駐させて購入した品物を
長崎から金沢まで運んだのは廻船問屋の「高島屋」でした。

 

廻船問屋とは江戸時代に、荷物を送る人と海運業者
との間で、積み荷を取り扱う業者のこと。
「回船」の字を使うこともあります。

 

この廻船問屋の高島屋、現在もデパート
として有名なあの高島屋のことだそうですよ。
「和蘭陀白雁香合」も運んだのでしょうか?

 

 (参照 / 大橋康二「将軍と鍋島・柿右衛門」雄山閣 2007
  宮元健次「加賀百万石と江戸芸術 前田家の国際交流」
                       人文書院 2002 )

 

スポンサードリンク