月の中に見えるものは? ウサギ、ライオン、人間?

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151115aptokyotwer

 

 

お餅をついているウサギ

日本ではお月様の中にいるのは、お餅つきをしているウサギですね。
ところがこの月の模様、他の国々では
ウサギではなく様々な模様として捉えているようです。

 

日本、中国、韓国はウサギ派。
ただし中国のウサギさんは、お餅つきではなく
薬草を挽いているといいますから、さすが漢方の国。

 

このウサギ説はインドの神話から中国経由で日本にきたものだとか。
似ているお話は、インド、モンゴル、中央アメリカに
広く分布しているということです。

 

 

130912usagiakasakaaono

 

 

他の国では?

月の中に動物を見ている国
アラビア「吠えるライオン」
アメリカン・インディアン「ワニ」
インド「ワニ」
モンゴル「イヌ」
ヨーロッパ「ロバ」
南米の一部「ロバ」
南欧「大きなハサミのカニ」

 

 

tukishumama      (写真/「シュウ(ウサギ)の自由だらけ」)

 

 

人間の顔や、姿を見ている国
アメリカ「女性の横顔」
東ヨーロッパ「横向きの女性」
インドネシア「女性が編み物をしている姿」
オランダ「悪行の報いとして幽閉された男の姿」
ベトナム「大きな木とその下で休む男の姿」
北欧「本を読む女性」
ドイツ「薪をかつぐ男」
北ヨーロッパ「水をかつぐ男女」
カナダインディアン「水を運ぶ少女」

 

 

151030tokyotowermoon

 

 

ロバやワニは複数の国で登場しています。
また、一つの国でもいくつかの見方をするのかもしれません。

 

オランダの「悪行の報いとして幽閉された男の姿」
というのは、かなりすごいですね。
オランダではそのようなお話があるのでしょうか?

 

 

 

ネガポジが逆

これらの中で私が最もイメージできなかったものが
東ヨーロッパの「横向きの女性」。

 

ですが今回、この絵を見て納得しました。
こういうことだったのですね。

 

 

josei          (イラスト/「キッズgoo」)

 

 

月の白っぽく見える部分はクレーターが多い高地で
黒の方は「海」といわれる低地です。

 

私はお餅つきのウサギの印象が大きくて、黒の部分で模様を
考えていたのですが、こちらはむしろ白い部分が主。
白が横顔で、黒い部分が髪の毛ということでした。

 

 

 

「ルビンの壷」

こんな風にネガとポジ、どちらを見るかで模様の受け取り方が
違ってくる絵としては「ルビンの壷」が有名ですね。

 

 

rubinnotubo       (イラスト/「NHKにほんこども新聞」

 

 

ちなみに高校の同級生と、この手の絵をいくつか見たのですが
彼女と私は、全てが逆だったのに心底驚いたことがありました。

 

向かい合っている人の横顔を見るか、あるいは壷を見るか?
あなたにはどちらが見えますか?

 

スポンサードリンク