着信拒否

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_515364a84bed0

 

数日前のツイッターからです。
リツイートです。

 

私が直接フォローしている人ではありませんので、
どなたのつぶやきかはわからないのですが。

 

男の子がお父さんに何度も頼むのだそうです。
「サンタさんの携帯番号教えて」と。

 

困ったお父さんは
「着信拒否にされた」と答えました。

 

その御家族は関西方面にお住まいなのでしょう、
男の子は言います。
「サンタさんに、何したんや!」

 

私は一人でうけました。

 

超現実的な携帯電話を使って、ファンタジーの
世界にお住まいのサンタさんに連絡をとりたい
というのが、何ともミスマッチでおかしいですね。

 

しかも「着信拒否」という言葉はサンタさんには
そぐわない言葉だけでも充分笑えるのに、
「サンタさんに、何したんや!」という、とどめの言葉!

 

サンタさんとそのお父さんとの間に何があったのかは
定かではありませんが、男の子にはきっと素敵な
プレゼントが届いたことでしょう。

 

スポンサードリンク