伊万里焼(有田焼) 色絵の誕生

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

「色絵野菜文皿」鍋島焼(出光美術館)

 

 

日本の磁器作りの始まり

日本初めて磁器が焼かれたのは、1610年代の肥前でした。
磁器を作るには磁器用の鉱石がなければできませんが
それを金ヶ江三兵衛が有田泉山で発見したのです。

 

朝鮮名・李参平の金ケ江三兵衛は、豊臣秀吉の朝鮮出兵
(1592年・文禄元年、1598年・慶長3年の文禄・慶長の役)
の際に鍋島軍によって連れてこられた朝鮮人陶工。

 

彼が有田泉山で見つけた白磁鉱を用いて磁器焼成に成功
したのは、1616(元和2)年頃のことといわれています。

 

 

 

 

(江戸時代は有田泉山の「泉山鉱石」で
作られていましたが、現在では熊本県
天草地方の「天草鉱石」を使用しています)

 

1644年に、中国磁器の輸入が途絶えたことにより、藩の
重要な献上品であった中国磁器が手に入らなくなった佐賀
藩鍋島家は、質の高い磁器を作るべく藩窯を作ります。

 

ここで作られたのが、販売目的ではなく
将軍献上を主目的とする最上級の焼物である
「鍋島焼(有田焼、伊万里焼)」でした。

 

 

 

鍋島焼を作った佐賀鍋島藩窯があった大川内山

 

 

 

青磁から染付へ

それ以前の日本で最も高級な焼物とされていた
のは、江西省景徳鎮から輸入した中国磁器
でしたが、15世紀までは緑色や青の釉薬がかかった
「青磁」と呼ばれるものが主なものでした。

 

その後、呉須を使って藍色の模様を描く
「染付(中国では青花磁器)」が作られるようになり
16世紀になると、こちらの方が主流となります。

 

中国磁器は日本の大名などにも人気で、競うようにして
買い求めたであろうことが、各地の城跡からこれらの
中国磁器が多く発掘されることからもわかります。

 

 

「色絵魚介文鮑形鉢〔天啓赤絵〕」 明時代
17世紀前半 幅27.0㎝(写真/「日本民藝館」

 

 

また日本だけではなくヨーロッパへも、ポルトガルや
オランダなどが大量の景徳鎮の磁器を運んでいました。

 

それまで陶器しかなかったヨーロッパ
でも、磁器は魅力的に映ったのでしょう。
王侯貴族が競うように買い求めます。

 

しかし景徳鎮の高価な染付磁器を購入できるのは
ほんの一握りの権力者に過ぎなかったため
より安価な磁器が福建省南部の青洲窯で作られ
日本にも入ってくるようになりました。

 

 

「染付山水図大鉢(そめつけさんすいずおおばち)」
初期伊万里 江戸 重要文化財
(写真/「文化遺産オンライン」)

 

 

 

肥前では色絵が焼けない…

そのような中、朝鮮人陶工の手により肥前で初めて
磁器が作られるようになったのが1610年代のこと。
この頃のものは景徳鎮の磁器に比べて厚手で
あり、「初期伊万里」と呼ばれています。

 

1630年代には青磁も作られるようになりました。
これらは1300度以上の高火度で焼く磁器ですが、まだ
赤や緑、黄色などの多彩な色絵はありませんでした。

 

景徳鎮の中で最も価値のある磁器とされていた色絵は
景徳鎮に続いて作られた福建省南部の青洲窯でも
作られるようになり、ベトナムへも伝播していました。

 

ところが朝鮮では色絵は焼かれていなかったため
朝鮮人陶工の手によって作られるようになった
肥前磁器は、色絵を作ることができなかったのです。

 

 

「染付大根」鍋島焼 (写真/「佐賀藩鍋島家  徴古館」

 

 

 

「染付」作りの工程

ここで少しだけ磁器の作り方を説明しますと
呉須を使って藍色の模様を描く「染付」の場合は
以下のような工程で作られます。

 

1 粘土で形を作る
     ↓
2 素焼きをする
     ↓
3 呉須で絵を描く
     ↓
4 透明な釉薬を掛ける
     ↓
5 本焼きをする(1300度)

 

「釉薬(ゆうやく、うわぐすり)」とは、
灰や土などを水に溶いたもので、これを器に掛けて
焼くと、表面がガラス状のもので覆われます。

 

 

「色絵蓮池翡翠文皿」 江戸時代 17世紀中期 径36.4㎝
(写真/「日本民藝館」)

 

 

 

「色絵」作りの工程

それに対して色絵の場合は、5までは一緒
ですが、それ以降に色を使って絵を描いて
もう一度焼く工程が加わります。

 

6 様々な色で模様を描く
     ↓
7 上絵焼成(800度前後)

 

というように、色絵を描いた後にもう一度、焼成するの
ですが、本焼きの1300度とは違って800度ほどの低火度。
低温で焼き付けることにより顔料が美しく発色します。

 

 

「色絵葵文皿 」鍋島焼 東京国立博物館

 

 

 

1646年に色絵が完成

1644年に中国磁器が日本に入らなくなり
鍋島焼を作るために、鍋島藩が自ら
藩窯を作ったのが1650年代とされています。

 

そのような中で1646(正保3)年、日本の色絵磁器
作りに初めて成功したのが初代・酒井田柿右衛門です。

 

伊万里の陶器商人だった東嶋徳左衛門(とうじま
とくざえもん)が長崎の中国人から色絵の秘術を
教えてもらい有田の柿右衛門に伝えました。

 

 

現在の柿右衛門窯(写真「プレミスト」)

 

 

当時、年木山(としきやま)にいた初代・柿右衛門
の酒井田喜三右衛門(さかいだきざえもん)は
教えてもらった色絵を試してみたのの、最初は
ななかなか思うようにいかなかったようです。

 

呉須権兵衛(ごすごんべえ)と共に工夫を重ねて
中国から技術を導入した後、柿右衛門は
1646(正保3)年に色絵を完成。

 

色絵(赤絵)の技術は急速に有田と
その近辺に広まっていきました。

 

 

「色絵荒磯文鉢」金襴手 江戸時代 18世紀
根津美術館蔵(写真/「根津美術館」)

 

 

 

柿右衛門様式

中国の輸出禁止により景徳鎮の磁器が手に入らなくなった
ヨーロッパへ、それにかわるものとして有田の磁器が
オランダ東インド会社により輸出されるようになります。

 

中でも柿右衛門の色絵(赤絵)は大人気で、1670年から
1690年代にかけて「柿右衛門様式」は大流行しました。

 

赤や金色を多用した豪華な色絵は、中国の明の時代に
「金襴手(きんらんで)」と呼ばれた様式をお手本とした
もので、現在は「古伊万里様式」と呼ばれているものです。

 

18世紀になるとヨーロッパ各地の窯が「柿右衛門様式」
を真似た焼物をつくるようになりました。
オランダのデルフト、ドイツのマイセン、フランスの
シャンティーなどの「柿右衛門写し」は有名です。

 

 

壺 酒井田柿右衛門(出光美術館)

 

 

 

将軍の「鍋島」、王侯貴族の「柿右衛門」

肥前藩鍋島家を始め国内の大名家からも
注文を受けていたとはいえ、柿右衛門は
やはりヨーロッパで絶大な人気を誇った磁器。

 

鍋島と柿右衛門について
大橋康二氏は次のように述べています。

 

「日本の磁器で最も昇華された双璧が
鍋島と柿右衛門である。
鍋島が将軍のために作られた磁器であるのに対して、
柿右衛門は欧州王侯の求めでできたともいえる。
つまり、鍋島は将軍献上を主奥的とした
日本人の美意識に基づくのに対し、柿右衛門様式は
欧州王侯の求めで出来上がったために、ヨーロッパ人
の美意識が強く反映されたものと考えられる。」
   (大橋康二「将軍と鍋島・柿右衛門」雄山閣)

 

スポンサードリンク




鍋島焼の種類「染付鍋島」「色鍋島」「鍋島青磁」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

ピンチをチャンスに変えた佐賀鍋島藩

海外で人気のあった中国磁器が、内乱後の1644年に
海外輸出が禁止されたことから、それの代わりに有田の
伊万里焼がヨーロッパに輸出されるようになりました。
1670〜1680年代がその最盛期だといわれています。

 

その中で佐賀藩鍋島家が藩窯で焼いたものが鍋島焼です。
これは販売を目的とする商品ではなく
将軍家への献上品や、幕府要人、大名
への贈答のために特別に焼かれたもの。

 

中国磁器の輸出が禁止された1644年後に
佐賀藩鍋島家はすぐにその対策に取り組んだと思われ
承応年間(1652〜1654年)には御用窯を完成しています。

 

1650(慶安3)年頃に将軍家献上用の鍋島焼の
開発が始まり、完成品が将軍・家光の
内覧を受けたのは1651(慶安4)年6月。
その年の11月、あるいは翌1652年から献上が始まりました。

 

 

地図の中ほどに「佐賀藩窯公園」とあります

 

 

この地図の中ほどに「佐賀藩窯公園」(こんな
感じの色の)とありますが、ここは佐賀藩の
御用窯があった場所・大川内山で、現在は
焼物の里(?)公園のようになっています。

 

佐賀鍋島の御用窯では、寛文年間(1661〜1672年)から
1871(明治4)年の廃藩置県により藩がなくなるまでの
およそ200年間以上の間、鍋島焼が作られ続けました。

 

中国磁器が輸入ができなくなったことから
佐賀鍋島藩が独自の藩窯を構え、財源を惜しみなく
投入して作った結果、最高級品と呼ばれる
鍋島焼を生み出すことに成功したのです。

 

 

 染付大川内山藩窯絵図大皿(部分)

 

 

 

鍋島焼の種類

大きく分けますと鍋島焼は、「鍋島染付」と「色鍋島」、
「鍋島青磁」の3つに分けることができます。

 

1 「染付鍋島」

青い色を発色する呉須(ごす)と呼ばれる顔料を使って
絵柄を描いたもので、藍色以外には色を使っていない
ことから「藍鍋島」とも呼ばれています。

 

輪郭をしっかりと描いた後に、その内側を塗るため
染付の中でもきりっとしまった印象を持つのが特徴。

 

 

「染付大根」(写真/「徴古館」)

 

 

最盛期の鍋島焼には輪郭線の筆跡がわからないよう
線と線の間の面を塗りつぶす「濃(だみ)」が
むらなく施されているのがわかる作品もあるそう。

 

「濃(だみ)」とは、線と線の間の面を塗りつぶす技法の
一つで、濃を行う人は「濃手(だみて)」と呼ばれます。

 

また「墨弾き(すみはじき)」(白抜き線の模様を先に
墨で描いて上から呉須を塗り、それを焼くと墨は消えて
呉須が残る技法)など、充実した技法が見てとれます。

 

 

宇和島藩伊達家の上屋敷跡で出土された「鍋島焼」
東京都教育委員会蔵
(写真/「愛媛県歴史文化博物館 学芸員ブログ『研究室から』)

 

 

以前、このブログに書いた六本木の佐賀藩鍋島家の江戸・
麻布屋敷のお隣にあった宇和島藩伊達家跡で発掘された
鍋島焼の中にも「染付鍋島」があったことがわかります。
(「宇和島藩麻布上屋敷で発掘調査で出土した鍋島焼」

 

後ろの方にあるお皿の破片は、呉須で若松が優しく描か
れているのがわかりますが、一つの大名家の屋敷跡から
これほど多くの鍋島焼が発掘されたのは稀なことだそう。

 

これは佐賀藩鍋島家の麻布屋敷と宇和島藩伊達家が
お隣同志であった上、鍋島家と伊達家が3代にわたって
婚姻関係を結んでいたことによると推測されています。

 

 

 

「色絵葵文皿 」東京国立博物館

 

 

 

2 「色鍋島」

藍色の呉須や赤絵で下絵を描いて本焼(ほんやき)を
した後に、色を使って上絵をつけたものです。
赤色、黄色(きび)、緑色(よもぎ)の3色。

 

次の写真の「色絵宝尽文皿 」などは一見、多彩な色を
使用しているように思えるのですが、実は3色のみで
描かれたものです。

 

 

 

「色絵宝尽文皿 」
ロサンジェルス・カウンティ美術館

 

 

 

鍋島焼ではない古伊万里・有田焼では
五彩、七彩というものもあります。
鍋島焼は、基本的に金色や銀色も使用しません。

 

限られた色数という制約の中で、これほど
多用なデザインが施されているのは驚くばかり。

 

江戸の絵師に当時流行の江戸小紋や歌舞伎の衣装、
能装束などの図柄を描かせたものを、大河内山の
職人に学ばせたからだといわれています。

 

 

中国・元の時代(14世紀)の青磁瓶
芸州浅野家旧蔵

 

 

 

3 「鍋島青磁」

大河内山で産出する高い質の青磁原石を用い。
青磁釉を何度もかけて作られているのが鍋島青磁です。
青磁釉を全体、あるいは一部にかけ、
染付や色絵を施すこともあります。

 

青磁釉とは、青磁磁器に使われるうわぐすりのことで
白磁に比べると鉄成分が多い(1〜2%)のが特徴。
還元焰焼成(かんげんえんしょうせい)と呼ばれる
作用により、美しい青磁の色が生まれます。

 

中国の砧青磁をお手本として緑色がかったものと、
交壇官窯青磁をお手本として緑がかった貫入(ひびが
入ったように見える仕上げ)のものがあります。

 

 

「青磁染付桃文皿(せいじそめつけもももんさら)」
口径14.7cm 高3.7cm 高台径7.4cm
18世紀前半 元禄(1688-1704年)
(写真/ 「九州陶磁文化館名品図録」)

 

 

このお皿は全体が青磁ではなく、背景を青磁に
したもので、左の大きい桃は、染付の線書きだけで
表現し、右の小さい方の桃は墨弾き(すみはじき)
で地紋で表現されています。

 

鍋島焼には吉祥文様として桃を描いた作品が多い
ようですが、中でもこのデザインは秀逸ですね。

 

また桃の花の描き方も花びらの先端を丸くするなど
個性的な表現方法がとられていますが、桃の実の先端や
葉っぱの先のとがりと重ならないためなのでしょうか?

 

スポンサードリンク




佐賀鍋島藩の御用窯完成(1650年代)

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

「色絵葵文皿 」鍋島焼 東京国立博物館

 

 

 

中国磁器の輸入がストップ

17世紀半ば頃、中国国内の内乱により佐賀藩鍋島家の
将軍家への献上品として重要な位置を占めていた
中国磁器が、手に入らなくなってしまいました。

 

その当時、磁器を世界で最も多く生産していた
のは中国で、特に景徳鎮のものが最高とされ
ましたが、内乱の中国を統一した清(しん)は
1656(明暦2)年、海外貿易を禁じます。

 

ヨーロッパの王族や貴族たちの間では、中国磁器
や東洋の美術工芸品の収集が大人気でしたが
佐賀藩鍋島家にとっては趣味の範疇では
終わらない、いわば死活問題でもありました。

 

 

印のあるところが景徳鎮
ここから長崎へ磁器が輸入されていた

 

 

 

日本の磁器作りの始まり

日本で最初の磁器が焼かれたのは肥前国
(ひぜんのくにー現在の佐賀県全域と
長崎県の大部分)だといわれています。

 

豊臣秀吉が朝鮮半島に出兵した際に、優れた陶工を日本
に連れて帰ったことから日本の磁器作り始まりました。
この朝鮮出兵には鍋島直茂も参加しています。

 

日本に連れてこられた陶工の中で最も有名なのは
金ヶ江三兵衛(かねがえさんべえ)、朝鮮名・李参平
(りさんぺい)で、彼等を連れてきたのが鍋島軍でした。

 

有田町周辺で磁器原料の陶石を発見した
陶工達は、1610年頃に磁器焼成に成功した
ことが、発掘調査からわかっています。

 

 

鍋島焼を作る大河内山の青磁原石

 

 

 

1580代から焼かれていた「唐津焼」

一方、磁器ではなく陶器の方は、すでに
1580年代に唐津焼が作られていました。
こちらの陶器作りもやはり朝鮮人陶工に
よるものだそうです。

 

秀吉の朝鮮出兵の前、松浦党(まつらとう)
の有力豪族・波多氏が朝鮮半島との間で倭寇
(わこう)として活動していた関係で
陶工を日本に連れてきたと考えられています。

 

これらの肥前陶器窯は、波多氏が朝鮮出兵時に秀吉の
不興を買って改易されたことから離散してしまいました。

 

 

「黄瀬戸茶入れ」各務周海

 

 

 

日本古来の陶器窯

このように近世、中国や朝鮮から渡来した製陶技術に
よる陶磁器や唐津焼、萩焼、有田焼、薩摩焼等とは
異なり中世から日本で作られていた焼物もありました。

 

平安末期から鎌倉時代にかけて作られ、かつ現在も作り
続けられている窯を指して「日本六古窯」と呼んでいます。

 

「信楽(しがらき)焼」、「備前(びぜん)焼」、
「越前(えちぜん)焼」、「丹波(たんば)焼」、
「瀬戸(せと)焼」、「常滑(とこなめ)焼」の六つ。

 

 

 

 「備前焼のうさぎ」ジカバーニッポン 東京ミッドタウン

 

 

 

「有田」で焼かれ、「伊万里」から運ばれた

鍋島群が朝鮮出兵の折、日本に連れてきた金ヶ江三兵衛
(李参平)を中心とする朝鮮陶工たちによって、有田の
周辺で作られるようになった磁器の話に戻りますと、

 

これらの有田の磁器は、伊万里津(津とは港の意味)に
運ばれ船で積み出されたために「伊万里」あるいは
「伊万里焼」と呼ばれるようになりました。

 

江戸時代の文献には「伊万里」ではなく
「今利」や「今里」とも書かれていますが、
「有田焼」と「伊万里焼」というのは同じ焼物のこと。

 

 

「古伊万里」(たい焼きではなくお皿を見てね)

 

 

 

「初期伊万里」

最初に焼かれた磁器製品は、釉薬をかけて焼くと青色に
発色する呉須(ごす)とばれる顔料だけを使って中国風
の絵を描く染付のほか、青磁なども作られていました。

 

 

「染付山水図大鉢( そめつけさんすいずおおばち」
初期伊万里 高  12.5cm 口径  44.8cm 底径  12.9cm
重要文化財(写真/「文化遺産オンライン」)

 

 

1637(寛永14)年、佐賀鍋島藩が伊万里や
有田の窯場を整理、統合し有田皿山
(ありたさらやま)に生産拠点を築きます。
この頃までの伊万里を「初期伊万里」と呼びます。

 

そして冒頭でお話ししたように1644年に中国磁器の
海外輸出が途絶えたことから、中国磁器に代わって
伊万里焼がヨーロッパに輸出されるようになりました。
その最盛期は、1670〜1680年代といわれています。

 

 


「染め付け鶴型皿」(古伊万里写し)

 

 

 

佐賀藩の御用窯設立

一方、民間の窯で焼かれて日本や海外にも広まっていた
伊万里焼とは異なり、佐賀藩鍋島家が販売目的はなく
藩窯(はんよう)で焼いていたのが鍋島焼です。

 

将軍家への献上を始め、幕府の要人や大名への
贈答品のために、莫大なお金をかけて最高の
技術で焼いた高級焼物が鍋島焼でした。

 

佐賀鍋島藩は、1652〜1654年(承応年間)に
有田の岩谷河内(いわやごうち)に御用窯を作り、
1661〜1672年(寛文年間)に伊万里の
大川内山(おおかわちやま)に移転。

 

将軍家献上を目的とした藩窯の鍋島焼が完成します。
1651(慶安4)年6月、家光の内覧を受けた結果(年末
か翌年から)正式に献上されることになりました。

 

1673〜1681年(延宝年間)に鍋島藩窯が確立し
1690〜1726年に最盛期を迎えます。

 

 

真ん中より少し上に横書きで
「鍋島藩窯公園」と書いてあります

 

 

 

技術の漏洩を恐れて厳重なチェック

鍋島藩の御用窯に入るには一般の人はもちろんのこと、
陶工でさえも鍋島焼の技術が漏れることを恐れて
自由に出入りすることは許されませんでした。

 

また藩窯以外の窯場で、優れた技術を持った陶工が
いると入れ替えるというように、常に最高の技術を
確保するための注意も欠かしません。

 

このようの選び抜かれた藩窯の陶工たちは
武士と同じ身分が与えられていたということです。

 

 

「色絵宝尽文皿 」鍋島焼
ロサンジェルス・カウンティ美術館(写真/Wikipedia)

 

 

 

「鍋島焼」の名称が生まれたのは大正以降

とこのように今まで私は「鍋島焼」と書いていますが
実は、当時はこの焼物が何と呼ばれていた
かは、正確にはわかっていないのだとか。

 

江戸時代の肥前では、陶磁器を作る窯場を
「○○山」と呼んで、藩の御用品を焼いて
いる窯場を「御道具山」と呼んでいました。

 

鍋島焼は、藩内では「大河内焼(おおかわちやき)」
「大河内御磁器」といわれていたといいます。

 

現在の私たちが使っている「鍋島焼」と
いう呼び名は、大正時代以降に使われる
ようになったと呼び方だということです。

 

 

鍋島焼「青磁染付桃文皿」
口径14.7cm 高3.7cm 高台径7.4cm
元禄(1688-1704年)

 

 

なお鍋島焼の窯場は、近世の藩窯としてはもっとも
組織が整い、生産量も多かったと考えられていて
幕末の記録では、陶工などは31人を数え、
生産数は年間5031個と記されています。

 

スポンサードリンク