国会議員のびっくり発言(1) 丸山穂高衆議院議員 その1

「戦争をしないとどうしようもなくないですか」

今日は、国会議員の「?」と思う発言を目にしました
ので取り上げてみたいと思います。
とはいえ、耳を疑う、信じられない、びっくりする
国会議員の発言というものには慣れてしまっている
のが、残念な現実ではありますが。

 

丸山穂高議員の2019年5月11日、北方領土の
国後島を訪問中の、
「戦争でこの島を取り戻すのは賛成ですか、
反対ですか」
「戦争をしないとどうしようもなくないですか」
の戦争発言です。

 

ビザなし訪問団の一人として、丸山穂高議員と共に
国後島を訪れて同じ宿泊施設「日本人とロシア人の
友好の家」に滞在していた、国後島元住民の清水
征支郎さんによりますと、

 

「(懇談会会場の)食堂の真ん中あたりで陣を
とって、大きな声で騒いでましたよ。
テーブルにコップの底でガンガンガンガン、
もうすごい音を出してね、叫んでるのさ」

 

とのこと。
政府関係者によれば、丸山穂高議員はそれ以外
にも、懇親会の席で卑猥な言葉を連呼するなど
場違いな行動を繰り返したそうです。
「オッパイ! オッパイ! オレは女の胸を
揉みたいんだ」等々……。

 

 

丸山ほど蚊議員をもぬことに嫌気がさした清水
さんは、開始から5分ほどで自分の部屋に戻って
しまいます。
その1時間ほど後に、訪問団の団長が新聞社の
取材を受けていた際に、突然丸山穂高議員が
割って入り、例の戦争発言が飛び出しました。

 

別の団員が、団長が取材を受けている時に大きな
声で話しかけた丸山穂高議員の手をとって、
「いいかげんにしなさい」と咎め、その場から
引き離すようにしましたが、わーわーわーわー
わめいて素直に引き下がらずに騒ぐばかり。

 

彼の暴言で、懇親会の雰囲気はぶち壊しになり
結局1時間前倒しで終了することになりました
が、丸山穂高議員は館内のあちこちで大きな声
を張り上げていたといいます。

 

 

 

「女買いに行くんだっ!」

丸山穂高議員が何をわめいていたのかといえば、
「これから外出して女、買いに行くんだ」という
ことだったといいますから呆れます。

 

ビザなし綱領での訪問中は、国際問題になること
を避けるために敷地外には出ないことが暗黙の
ルールで、関係者らのせいにより外出することは
ありませんでしたが、一歩間違えたら重大な問題
に発展しかねない行動。

 

しかも、女のいる店で飲みたいとか、家族ずれで
きた女の子にキスをしまくるとか、もうもう
信じられないことばかりで、同行した方の一人は
「オール変!」と表現していらっしゃいました。

 

 

 

 

人間手を噛む国会議員

丸山穂高議員は、国会議員になる前の官僚時代に
も、お酒で問題が多々あったといいますので、
アルコール依存症なのでしょうね。

 

しかし、辞任はしないと言い張り、「適応障害」
という診断書を手にして逃げているのが現状です。
アルコール依存症を直した方がいいと思いますが。

 

これらのことでも充分に、いえ十二分に呆れ果て
ますが、実は私が一番唖然としたのは、数年前に
酔って人の手を噛んだ、というお話。

 

有名な話だったようですが、私は今回の騒動で
初めて知りました。
犬が人間を噛むのではなく、人間が人間の手を
噛むのですよ!

 

たとえ酔っていようが、寝ぼけていようがありえ
ないでしょう。
何か、深い深い問題が彼の心の中にはあるのかも
しれませんね。
議員はやめて、治療に専念することを心から
お勧めいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。