オーストラリア 北朝鮮より厳しそうな非接種者への 行動制限を導入

クイーンズランド州
コロナ法規の罰金を払わない違反者の家を没収
銀行口座を捜査、運転免許書取り消し

「Islander  2021年11月2日

オーストラリア・COVID法規の
罰金を払わない違反者の家を没収、
銀行口座を捜査、
運転免許書取り消し。
これでパンデミック終息するんでしたっけ?」

 

 

 

ノーザンテリトリー

「Disclose.tv  2021年10月14日

NEW – Australia’s Northern Territory imposes
the strictest vaccine mandate in the world.
Those who don’t comply by Nov. 13 will be
fined $5,000.

自動翻訳
(オーストラリアのノーザンテリトリー
では、世界で最も厳しいワクチンの義務
化が行われています。
11月13日までに遵守しなかった場合、
5,000ドルの罰金と職場へ行くことを禁止)」

 

 

 

ビクトリア州 銀行口座凍結

「purplepearl    2021年 11月2日

MAX IGAN(マックス・イーガン)
『友人が泣きながら電話して来た。。。』

 

 

ダン・アンドリュース(ビクトリア州首相)は
州民の失業手当を取り消し、銀行口座まで凍結
し始めましたよ。
年金など何も与えないということです。
注射を打たない限りは。
友人が泣きながら電話をしてきました。
お金を抑えられた、医者に行って注射を
打たないとお金を出せないと、言って。
失業手当は銀行口座に振り込まれるから
(接種証明の) QRコードを持っていないと
自分のお金を使えないんですよ、
注射を打たない限りは。
彼女は何も買えなくなってしまう
注射を打たない限りは……」

     |

「Islander    2021年11月3日

ありがとうございます。
元記事はクイーンズランド州でしたが
こちらはビクトリア州で、非接種者が
徹底的に社会参加を拒まれている事例
のようですね」

     |

「鈴木敏仁 2021年9月28日

メルボルン。
家から数百メートル離れた場所でランチ
し一服していたこの人が手錠で拘束され
た理由は、正当な理由なくマスクなしで
そこにいたからだそう
壊れてる」

マスクなしでいて逮捕拘束

     |

ゴム弾を子どもにも発砲する警察

「You  2021年11月5日

メルボルンの警察は、健康と安全のためという
名目で、ワクチンパスポートに抗議する民衆に
唐辛子スプレーを吹きかけ、ゴム弾を子どもに
も発砲した。
警察は70歳の女性の顔を殴り倒し、骨折させた。

Craig Kelly議員
『警察が丸腰の市民に極端な暴力をふるっている
原因解明のために司法調査を求める』」

 

 

 

シドニー 罰金が100万円

「未来 2021年11月2日

シドニーの友人の話では、罰金が
100万円ほどもあるらしいです。
そら、払わないですよね」

     |

「Brutal_Puppy   2021年11月2日

オーストラリアのビクトリア政府は
本当に悪魔になりましたね」

     |

「nonna    2021年11月2日

何言ってんの、日本も自民に改憲されてこうなる」

     |

「J Sato    2021年10月16日

オーストラリアNSW州政府、発狂。
北朝鮮より厳しそうな非接種者への
行動制限を導入。
ショッピングもジムも屋外イベントも
行くこと禁止。
これは現実なのか??
クイーンズランド州の自分も明日は我が身…」

     |

「J Sato    2021年11月4日
税務申告のためにmyGovという豪行政の
サイトにログインしたら、『コロナワクチン
接種証明をリンク』と表示されて気味悪かった。
なんで税務申告で、1疾病のワクチン証明?と
思ったが、罰金等に紐付けしていくのか…
『豪は行政のIT活用が進んでいる♪』と前は
思っていたが、コロナ騒動からこういうのも
気持ち悪い…」

 

 

オーストラリアのロックダウン

 

 

 

弁護士が語る最近の情勢

「purplepearl  2021年9月14日

Matthew Hopkins (Australian attorney)
豪ニューサウスウェールズ州の最高裁判所に
歴史的な訴訟を起こしたマシュー・ホプキン
ス弁護士が語る最近の情勢

         STEW PETERS.TV

      翻訳 Lihsia.com

 

マシュー・ホプキンス弁護士

 

 

マシュー・ホプキンス弁護士

損傷を受けた人たちの関心が高いですね。
注射による被害もあれば、、倒産や破産など
の経営破綻もあります。
ですから、最初のステップとしては、自信を
守ること、そして次のステップは対処法を
探すことになります。
また、非常に気になる動きもあります。
ビクトリア州やニューサウスウェールズ州が
初期の段階で、あのようなこと(厳しいロッ
クダウン政策など)をしたにも関わらず逃れ
られた理由は、(警察による)厳重な取り締
まりができたからだと思います。
これは今でも続いています。
あなたの番組でも映像を流していましたね。
しかし、現在の動きとしては隔週の厚生大臣
らが警察にも注射を義務付けるようになった
のです。
結果、多くの警察が私たちのところに来て
法的保護を求めるようになったのです。

スチュー・ピーターズ

なんと! ちょっと待ってください!
あなたがおっしゃるのは、警察がまるで一時的に
記憶が飛んでいたかのように、人々の権利に対して
配慮が欠けていた、つまり、人々にゴム弾を打つ
ことで、それを踏みにじっていた。
そして、その警察が、今は正気に戻った、なぜなら
自分たちが暴政から排除されないと悟ったから、
ということですね?

 

マシュー・ホプキンス弁護士

そうですね……、私たちのところにはいつも警察
が来ますね。
常に勇気ある警察官が立ち上がってくれています。
早い段階からですね。
そういう状況が、どんどん増えていますね。
その理由としては、警察に「針」が向けられた
からです。

 

スチュー・ピーターズ

そうですね。

 

マシュー・ホプキンス弁護士

私の懸念はスチューさん、政府が警察からの協力
を失うリスクをあえて犯すのかということです。
恐らく他に頼れる勢力があるのでは、と思われます。
私たちは、防衛力法を改正したのです。
つい最近のことですよ。
これにより可能となるのが、民事及び刑事上の補償
です。
つまり、オーストラリアに駐留する外国軍や外国
警察に対する刑罰の免責です。

 

スチュー・ピーターズ

国連ですね。
それがあなたの懸念ですね。

 

 〜〜〜(ここまで動画文字起こし)〜〜〜

 

     |

「Miki    2021年9月14日

強権的なオーストラリアの事情 知
りたかったところです
警察の権力使っておいて、今度は。。
きっとどこの国も事情はさほど変わらない筈」

     |

「Samurax    2021年9月14日

在豪です。
こちらは、恐ろしいことになっています。
州警察は、通常の2倍のスピードで、新しい
警官を雇用&訓練して増やしているし、何を
しても逮捕&罰金される=更に酷いことに
なる訓練、のように思えます」

     |

「Grace.M    2021年9月14日

なんと…警察が目覚めても国連軍がスタン
バイしてる可能性があって、法整備済だと
いうこと?
OMG!」

     |

「Samurax    2021年9月14日

いや、目覚めている警官はかなり少数なので、
辞職するしか道はないと思います。
法の改正は、山火事などの援助とかなんだと
国民は騙されてきました」

     |

「Lotus    2021年9月14日

国連軍国連の旗ですか
正規のオーストラリア軍はどっちにつくのか?
近頃の警察は酷い有り様だったので、私と
してはADF に望みを抱いてたのですが」

 

 

 

オーストラリアの看護師の話

「2021年9月18日

病院で起こっている知られていない
ことをお話ししたいと思います。

ワクチン接種されたCCPウイルス患者
はホワイトフォードブランドのイベル
メクチンで治療されています。

病院は、これらの患者にイベルメク
チンを与え、患者は生き残りました。

それから退院して、他の人に
『ほら、ワクチンが私を救った』
と言いました。

彼らを救ったのはワクチンではなく
イベルメクチンです。

そしてワクチン接種を受けていない
患者に病院がどのように扱っている
か知っていますか?

彼らに人工呼吸器を与えるだけです。
CCPウイルスの患者に人工呼吸器を
使用することは不適切な治療法です。

肺水腫を引き起こし溺死するように
死んで行く。

これは昨年、米国で起こったことです。
これが昨年、米国で何千人もの人々が
亡くなった理由です。

今、彼らはこの方法でビクトリア州と
ニューサウスウェールズ州で、オースト
ラリア人を対処しようとしています。

40年間のキャリアを持つ看護師として
私はこれに呆れました」

 

 

 

Malcolm Roberts上院議員

「コロナの治療と感染予防に関しては、新しい
ワクチンが唯一の解決策であると言われてきま
した。

これは真実ではありません。
コロナのような呼吸器系疾患には、代替・補完
的な治療法があります。

その一つがイベルメクチンです。
イベルメクチンは、過去50年間で37億回以上
投与されています。
その間、安全性が証明されています。

昨年、イベルメクチンはインドのいくつかの州
や、南米、欧州、アジアのいくつかの国で、コ
ロナに使用されて成功をおさめました。

40以上の医学的、科学的論文がイベルメクチン
の成功を賞賛しています。

では、なぜオーストラリアではイベルメクチン
をコロナに使用することが禁止されているので
しょうか?

それは、ビッグファーマの独占と利益相反、政
府に対する支配について深刻な疑問を提起する
ものだからです。

例えば、グーグルの親会社である Alpabet社は
You  Tubeを所有しています。

You  Tubeは、イベルメクチンがコロナ治療に
使用できる可能性について言及した動画を
全て禁止しています。

私の動画も削除荒されたのですが、私は連邦
上院議員です。

ここに重要なことがあります。
Alphabet社は Vaccitech社12%所有しています。
Vaccitech社は、アストラゼネカのワクチンを
製造した会社です。

これは利益相反ではないでしょうか?
連邦政府の医薬品管理局は、私がイベルメク
チンについて公に話をしたことで、私に脅迫
状を書いてきました。

私が思うに、私はオーストラリアの国会議員
に政党に選出され、正確な情報を皆さんと共
有するという合法的な義務を果たしています。
議論やデータを封じ込めることは、支配の
一形態です。

統制の下には、常に恐怖があります。
不誠実なビッグファーマは、何十億ドルもの
利益を失うことを恐れているのでしょうか?
政府は、自分たちが大きなミスを犯したこと
を認めるのが怖いのでしょうか?

私にはワクチンメーカーや、イベルメクチン、
製薬会社との金銭的なつながり等はありません。

私の関心は、人々の健康を守り、健全かつ安寧
な国の経済を回復することにあります。

そのためには、代替療法や補完療法を利用でき
るようにしなければなりません。

我々が持っている最良のエビデンスからは、
イベルメクチンは入手可能であるべきです。
それができなければ、政府はその手を血で
汚すことになります。

 

 

 

どっち側の国に住みたい?

「You    2021年10月14日

感染対策の厳しさに基づいて
OECDの各国を並べたものだそうだ。
右側ほど厳しくなる。

左側
スウェーデン、ノルウェー、
フィンランド、デンマーク

右側
ニュージーランド、オーストラリア、
イタリア、カナダ

どっち側の国が成功しているか一目瞭然。
どっち側の国に住みたいか?
どっち側の市民が幸せか?

同調圧力でいうと日本はきっと
右から2番目ぐらいですね・・」

コロナ感染対策の厳しさグラフ →厳しい

 

 

 

目的は、コロナ収束ではなくワクチンを打たせること

「ミルル 2021年11月2日

明らかに世界中がコロナを終わらせることが
目的ではなくワクチンを打たせるのが目的
になっている。
陰謀論だ!と言われていることが真実味を
帯びてきた」

      |

「ITK/香港在住 2021年11月3日

「コロナ対策」と言えば権力者はどんな命令も
できる状態にみんなもっと危機感を抱いた方がいい」

     |

「ぬこまるもち吉 2021年11月4日

他人事、よその国の話、ではないと思います。
全ての国がそうなる未来を目指している人が
いるのだと思います」

     |

「みしま 2021年11月3日

国家権力が国民をボコボコにするサマを
『痛快だ』『うらやましい』と感じる方々が
日本にもいらっしゃるwww
憲法があるからそれはできないけれども。
『まぁそれも今の内だ』と舌なめずりしている」

     |

「( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ ) のーさん 2021年11月3日

日本も憲法改正して基本的人権が削除されたら、
いつこうなっても不思議ではない」

 

 

 

政府感染政策を管掌する研究者に53億強の補助金

「鈴木敏仁 2021年10月1日

豪ニューサウスウェールズ州最高裁に
提出された資料から、政府の全感染
政策を管掌する筆頭ワクチン研究者
が20~21年にかけて6500万ドル強
(たぶん豪ドル、日本円で53億!)の
政府補助金を受け取っていたことが判明。
桁が違うなあ。
薬の世界って不透明さがハンパないね」

     |

「人類の敵、目玉カルト粉砕 2021年10月7日

オーストラリアのサウスウェルズ州の過激な
ロックダウンと住民弾圧は有名になりましたが、
ファイザーとアストラゼネカに買収されていた
ことが明らかになりました。
日本もどうなんでしょうね」

     |

「Laughing Man    2021年10月3日

正確には、NSW州の首相であるグラディス
・ベレジクリアンが汚職に関わっている
可能性があり、汚職監視委員会が
『公開捜査に踏み切る』と公表。
首相は、即日辞任した」

     |

「藤原直哉 2021年10月2日

豪NSW州知事が辞任 捜査当局、
元交際相手の中国疑惑を調査中」

 

 

 

ちなみにタイトルの北朝鮮は……

「Mitz  2021年11月5日

製薬会社と利害関係のない
北朝鮮では感染者が0らしい。
つまり、そういうことなのだろう」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。