ワクチン接種後の生理で「青い血」 

生理の血が青い……本当におかしなことが起きてる

「肛門科女医 みのり先生 2021年12月13日

これホンマに多い。
閉経後に生理が来てダラダラ出血が
2週間止まらない患者さんも・・・。
26歳女性の『生理の血が青くなった』
というケースまで。
本当におかしな事が起こってますよ」

     |

「ペンギン 2021年12月13日

生理の血が青いほんとですか?」

     |

「肛門科女医 みのり先生 2021年12月13日

本当です。
私の患者さんの娘さんです。
この目で確認しました。
本当に・・・青かったです」

     |

「田中隆行 2021年12月14日

血液赤血球血1滴はヘモグロビン、
青い血液はカタツムリに代表される
ヘモシアニンによるもの
ワクチン接種が原因なら人体魔改造
正に遺伝子DNA操作新薬でしかない。
mRNAワクチン擬き接種しても
感染予防にも抑止にもならないばかりか
身体に大きな負担が起きている様だ。
自己免疫の破壊だ」

 

 

 

カブトガニの血の色は青

「The健康おたくセラピスト 2021年12月15日

生理の血が青いって本当らしい
カブトガニの血の色だね
カブトガニの血、色々使われてるね
医療目的で……

カブトガニの青白い血液から得られる
ライセート試薬(リムルス変形細胞溶解物)
は、内毒素(ないどくそ、細菌内の細胞壁
に含まれる毒素)を検出できる
唯一の天然資源だ。
微量の内毒素が、ワクチンや注射薬、人工膝
や人工股関節等の滅菌医療機器に入り込んだ
だけで、人を死に至らしめることがある。

製薬会社は毎年およそ50万匹のアメリカ
カブトガニ(Limulus polyphemus)を捕獲
し、血液を採取したのち海に返す。
だが、多くの個体はその後死亡する。
こうした慣例と、釣り餌に使われるせいで
米大西洋岸中部の州では過去数十年の間に
減ってしまった。

カブトガニを捕獲し血液を採取する作業
は時間がかかるが、得られるライセートは
血液1ガロン(約3.8リットル)あたり6万
ドル(約640万円)になる。

カブトガニの血液が内毒素と反応すると
その血球であるアメボサイト(変形細胞)
が凝固して塊となる。
カブトガニが持ついにしえの免疫システム
の一部であるアメボサイトが、人間の血液
に入る医薬品の細菌汚染を検出してくれる。

科学者たちはやがて、アメボサイトの溶解
物を医薬品やワクチンの検査に用いる方法
を開発し、1977年には米食品医薬品局
(FDA)がこの目的でライセートを使用する
ことを認可した。
以来、毎年5月になると米東海岸沿いにある
施設にカブトガニは大量に血液を採取され
た後、海に返されるようになった。

血液の色が青いのは、
『血中で酸素を運搬するたんぱく質、
ヘモシアニンに含まれる銅によるもの』

Wikipedia.
『ヘモシアニンは本来は無色透明だが、
酸素と結びつくことで銅イオン由来の
青色になる』

スイスのロンザは、『保全活動を積極的
に支援する』などして、『カブトガニを
守ることに努めている』としている。
ロンザの声明によれば、チャールズ・
リバー・ラボラトリーズとライセート
製造会社アソシエイツ・オブ・ケープ
コッドの2社は、カブトガニを卵から育て
海に帰しているという。

チャールズ・リーバー博士
ハーバード大学のチャールズ・リーバー
博士は、去年1月に中国武漢研究所関係
で逮捕されてるね」

 

 

 

「青い血」メトヘモグロビン血症疑惑

「theセラピスト 2021年12月15日

ヘモシアニン
やはりカブトガニから採取した血液がワク
チンと関係していて、遺伝子に組み込まれたか
ワクチン接種後▶︎青い血液

青い血の原因
メトヘモグロビン血症疑惑
メトヘモグロビンとは赤血球内のヘモグ
ロビン中の核をなす2価の鉄イオンが酸化
されて3価の鉄イオンになったものであり
酸素結合・運搬能力が失われた状態である。

薬害でメトヘモグロビン血症になる場合もある
この場合の血液は、カブトガニの
ような薄いブルーではなく、濃い
ブルーの可能性がある
この事例の写真は血の色が濃い青!」

 

薬害でメトヘモグロビン血症
になった青い血(CNN)

歯痛を取るため市販の鎮痛薬を使用
し、血液が青くなった症例が2019年
9月19日米医学誌に発表された。
ロードアイランド州プロビデンスに
ある病院の医師の報告による。
患者は25歳の女性、全身の脱力感や
疲労感、息苦しさなどを訴え、血液
が青くなるという特異な症状を発症
し、救急病院を受診。
医師は特定の医薬品に反応して血液
が組織に酸素を送り込めなくなる
「後天性メトヘモグロビン血症」と
診断。
酸素を豊富に含む血液は鮮やかな赤色
に見えるが、メトヘモグロビン血症の
患者の血液は、実際には酸素レベルが
高くても青く見える。
酸素と結合した血液は必要な場所で
酸素を組織に放出せず、患者は青ざめ
て見えるという。
治療薬として用いられるメチレンブルー
は、ヘモグロビン分子にかけている電子
を取り戻させ、践祚レベルを回復させ、
組織への酸素の放出を助ける。
女性は2回のメチレンブルー投与で回復
し、翌日に退院できた。

 

「Theセラピスト 2021年12月15日

汚染された井戸水でメトヘモグロビン
血症を発症した新生児の赤ちゃんが多数
群馬大学医学附属病院の井戸水が原因で
17名中10名が発症
今年10月の事件だね
医師が解説してるよ」

     |

「坂本昌彦 日本小児科学会指導医 2021年10月21日

血液中にあるヘモグロビンというタンパク質
は、酸素と結合し体中に酸素を届ける働きが
あり、鉄(2価の鉄(Fe2+))が含まれる。
この2価の鉄が3価(Fe3+)に変換(酸化)さ
れたものがメトヘモグロビン。

 

     メトヘモグロビン(Fe3+)
メトヘモグロビン(Fe3+)メトヘモグロビン(Fe3+) *
薬剤      ↑       |
亜硝酸 →      |酸   還 | ←  酵素
など         |化       元  ↓

      ヘモグロビン( Fe2+)

 

メトヘモグロビンは、ヘモグロビンと違い
酸素結合能がなく、酸素運搬能もない、
役に立たないヘモグロビン。
健康な人にも微量存在するがヘモグロビン
に戻す酵素(還元酵素)などでコントロー
ルされており、通常成人で濃度は1〜2%未満
乳幼児でも3%未満に保たれている。
何らかの理由で割合が高くなると、体中に酸
素が行き渡りにくくなり、低酸素状態となる。
これがメトヘモグロビン血症。

濃度10〜15%以上でチアノーゼ(体が青白く
なる)、20〜30%で頭痛やめまい、精神状態
の変化、50%以上で痙攣や不整脈、70%以上
で致死的とされる。

メトヘモグロビン血症の原因は様々で、生ま
れつき還元酵素がない先天性の場合もあるが
多くは薬剤や化学物質によるちゅ毒性のもの。

その一つが今回の亜硝酸塩(硝酸塩を含む井
戸水、硝酸肥料工場など)。
また新生児の病気に肺高血圧症というものが
あり、特効薬的な治療としてNO吸入療法が行
われるが、まれにメトヘモグロビン血症にな
ることが知られている。

1996年の論文では、日本で過去50例報告がある
と記載記載され、フェナセチンという解熱剤
(現在は使われていない)が原因のケースが
多かった。

硝酸塩は消化管内で腸内細菌の働きにより亜
硝酸塩に変換され、酸化力が強くヘモグロビン
を参加してメトヘモグロビンに変えてしまう。
そのため硝酸塩を大量に含む井戸水はヘモグ
ロビン血症を起こす可能性がある。

1996年の報告では、生後5日目に産院を退院後
自宅で井戸水を煮沸して調乳した人工乳を与
えたところ、数日後からチアノーゼと哺乳低下、
体重増加不良となり病院でメトヘモグロビン血
症と診断。
水質検査で井戸水の硝酸塩濃度が高いことが判
明したように、煮沸しても硝酸塩は分解されない。

2019年には69歳の女性が薬剤をきっかけに発症
しましたが、多くは乳児例」

     |

「theセラピスト 2021年12月15日

メトヘモグロビン血症の原因は
酸素不足と過剰な酸化
この事例から読み解くなら、
硝酸塩による強力な酸化が原因の場合、
酵素・消化器官の働きが関係してくる
つまり、青い血の原因がメトヘモグロビン
血症の場合、ワクチンが強力な酸化を
引き起こして血液を攻撃してる」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。