話したい時が 話す時です

 

                昨日のことでも、30年以上前の幼い頃のことであっても、

                言葉にできなかったことや、言えなかった思いなど

                胸の中でざわめいている気持ちを話してみませんか?

 

                無理に忘れようと蓋をしたりすると

                発酵食品が爆発するように

                思わぬ時に、意外な方法で飛び出したりする

                などということもあるかもしれません。

 

                しかも、その本当の原因に気づくことさえなく

                ただその場の対処につとめるだけということも

                めずらしいことではないのです。

 

 

                様々なことを言葉にすることで

                考えていたこととは違った風景が見えたり

                あなた自身の、本当の思いに気づけたりします。

 

                寺山修司は、

                『言葉を友人に持ちたいと思うことがある。

                それは、旅路の途中でじぶんがたった一人だと

                いうことに気がついたときにである。』

                という言葉を残しています。

 

                「言葉」と「話すこと」というのは

                私たちが考える以上の力をもっているものです。

 

                あなたが話したいと思ったその時が、最適の時です。

                一人ではなく、是非、ご一緒に。

                いつでも、お声をかけてくださいね。