「調香師」 嗅覚8

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

国家資格ではありませんが

1996年に始まった「臭気判定士」
に比べると、調香師という仕事は
多くの方に知られていると思います。

 

調香師は国家資格ではありませんが
民間の「日本調香技術師検定」という
検定が、2010年から始まりました。

 

調香師といえばすぐフランスを思い浮か
べますが、フランス南東部のグラースは
「香水の聖地」として知られた街です。

 

 

 

 

フランスの香水の3分の2以上が作られて
いるグラースは、「ル・ネ(le nez)」、
「ネ(nez)」いう「称号」をもつ人が
最も多い地域だといいます。

 

フランス語で「鼻」を意味する「ル・ネ」は
約6000種類の香りを嗅ぎ分けることができ
る嗅覚をもった調香師に与えられる称号。

 

こちらも制度としての資格ではありません
が、世界で400人ほどしかもたない「ル・ネ」
の称号は、調香師にとっての名誉ある称号
といえるでしょう。

 

 

 

 

 

「パフューマー」と「フレーバリスト」

8000種類以上に及ぶ香料の組み
合わせで香りをつくる調香師には
科学的な知識も必須です。

 

大学の理系学部か、調香師養成コースの
ある専門学校を卒業した後、香料会社等
の研究開発部門で働くのが一般的です。

 

といっても日本では、香水やフレグ
ランスを作る「パフューマー」の
仕事の求人はとても少ないのが現実。

 

 

 

 

それでも香水づくりに携わりたいと
思う人は、外国にいくという道を
選ぶこともあるそうです。

 

それに対して求人が多いのは、食品会社
や香料会社で口に入るものの香りを調合
する「フレーバリスト」と呼ばれる職種。

 

口に入るものといっても、食品という
だけではなく歯磨き粉や薬、タバコなど
の香りもその仕事に入っています。

 

 

 

 

 

嗅覚に影響しないようコンディションを整える

一人前の調香師になるには10年
ほどの期間が必要といわれます。

 

調香師にとって最も重要な嗅覚に
影響を与えないよう、風邪や寝不足等
に注意する体調管理は当然のこと。

 

その上、タバコも吸わず、辛いもの
や味の濃い食事にも注意するという
日々の弛まぬ努力が必要のようです。

 

 

 

 

 

狭き門の「ジボダン香水学校」

1946年に創立し、パリ郊外のArgenteuil
(アルジャントゥイユ)にある「Givaudan
Perfumery School(ジボダン香水学校)」
は調香師を育てる名門校です。

 

入学応募者は3000名、そのうち許可
されるのはたった3名、卒業時にはさら
に少なくなってしまうという狭き門。

 

1人も入学者がいない年もあるという
ことで本当の少数精鋭ですが、2015年
にはシンガポール校もできました。

 

ジボダンのパフューマリースクールの
学生は毎日、1つの成分を一嗅ぎし、
500余りの原材料の中から識別できる
ように自分の鼻を鍛えているといいます。

 

そして同時に、シチリア島の果樹園や
アンダルシアの農園で自然の中に身を置き
パリの美術品や近代建築の探求もします。

 

 

タッセル邸
ビクトール・オルタ設計

 

 

 

天然香料  →  合成香料

現在、売られている香水のほとんどは
科学的に合成した合成香料で作られた
ものです。

 

それ以前の香水は、自然界に存在する
植物や動物から抽出した天然香料で
作られていました。

 

天然のものですので生産量も品質も
毎年、一定というわけにはいきません。

 

ほとんどがオートクチュール社製で
フランスの貴族たちという特権階級のみが
楽しむことができたものだったようです。

 

原料が合成香料に変わってからは
品質が安定した香水を、誰もが手に
することができるようになりました。

 

 

 

 

 

フランソワ・コティ


香水を誰の手にも届くように

伝統にこだわる調香師たちが、それまで使お
うとしなかった合成香料を積極的に使ったの
が、「香水の帝王」といわれたフランソワ・
コティ(1874年〜1934年)です。

 

「シブレー調」という新しい香調を作り
だした彼は、合成香料を使うことで価格を
抑え、誰にでも手が届くものにしました。

 

また、装飾芸術家であるルネ・ラリックに
ボトルのデザインを依頼し、香水瓶を芸術
の域まで高めたことも特筆すべきでしょう。

 

 

ルネ・ラリックの香水瓶「シダ」
こちらはコティの香水ではないよう

 

 

1909年に、ラリックがデザインしたボトル
で世に出た香水「ロリガン」は、ハーブの
オレガノをにおいを効かせた東洋調の香り
で人気になりました。

 

「ロリガン」は、幕末の日本の上流階級
の女性たちにも愛されたということです。

 

 

 

エドモン・ルドニツカ


(センスは)誰にも教えることが

できないし、学ぶことはできない

 

「香水は、人に衝撃を与え、感情を
揺さぶるものでなくてはならない」

 

と言ったのは、20世紀最高の天才調香師
といわれた「偉大な調香師」エドモン・
ルドニツカ(1905年〜1996年)です。

 

1966年に発表された、ディオールの
「オーソバージュ(EAU SAUVAGE)」
は、男性用フレグランスの最高峰と
賞賛されています。

 

日本における昭和のメンズコスメの
ほとんどが、オーソバージュの影響
を受けているということです。

 

庭のスズランからインスピレーションを
得たといわれている「ディオリッシモ」
は1956年の作品。

 

 

 

 

エドモン・ルドニツカのあげる
調香師としての要件

 

1 技術的な知識
2 イマジネーション
3 芸術的な審美眼
4 才能

 

彼の息子、ミシェル・ルドニツカも現在
調香師として活躍していますが、彼は父
がよく言っていた言葉を覚えています。

 

「調香師にとって最も大切なのはそれぞれ
のもつセンスであり、それは誰にも教える
ことができないし、学ぶことはできない」
(「BRUTUS」)

 

という厳しい言葉ですが
まさにそれが真実なのでしょう。

 

 

 

調香師   ジャック・キャヴァリエ・ベルトリュード
(写真/「Pinterest」)

 

〜現代に生きる調香師たち〜

 ジャック・キャヴァリエ・ベルトリュード

「香料を調合する以上の技を
習得しないと調香師にはなれない」

 

「ルイ・ヴィトン」のマスターパフューマー
を務める彼は、「匂いが見える男」といわれ
調香界のモーツァルトと称される名匠です。

 

父親、祖父、曽祖父までもがパフューマー
という彼は、すでに8歳の時に「調香師に
なりたい」と言っていたといいます。

 

父から、一つの匂いに一つのイメージを
記憶するよう教えられた彼のラヴェンダー
のイメージは「おばあちゃん」だそう。

 

 

 

 

毎晩、父から香料を浸した試験紙を渡され
その香りの描写をノートに書き留めるのが
日課だった彼には、一つの匂いが、ある
特定の像や観念と結びついているのです。

 

「香りにルールはなく、その人の持つ
雰囲気、体温によっても変化していく。
香りはジェンダーレスであり、全てが
ユニセックスと考えることもできる」
          (「WWD」)

 

「香料を調合する以上の技を
習得しないと調香師にはなれない」

 

という父の言葉を心に刻み、技を磨いた
キャヴァリエは世界3大調香師の一人
「香りのマエストロ」と称されています。

 

 

 

調香師   クエンティン・ビスク
(写真/「VICTORINOX」)

 

クエンティン・ビスク


自分と香りしか存在しない

洞窟のような暮らしを経て……

 

劇団の運営者を経て、全てを捨てて
ジボダン調香学校へ入学し、2011年に
ジボダン社に入ったクエンティン・ビスク。

 

クロエ、イヴ・サンローラン、ミュグレー、
ミッソーニの香水を手がけて一躍有名に
なりました。

 

新作「クロエ  アブソリュ  ドゥ  パルファム」
が今年2月に発売されています。

 

彼はたくさんの香りを覚えるために
6か月間、孤独に過ごしたといいます。

 

 

 

 

「それぞれの香りを心に浮かぶイメージや
ストーリー、感覚と結びつけました。
例えば、雲の滴る緑を思い起こさせる香り、
祖母の家の庭とつながる香り、といった
具合です」(「VICTORINOX」)

 

自分と香りしか存在しない、そんな洞窟
に住んでいるかのような日々を送りなが
ら学んだクエンティン・ビスクは、今
その才能を思う存分花開かせています。

 

 

スポンサードリンク




「臭気判定士」臭気環境分野の初めての国家資格 嗅覚7

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「臭気判定士」

臭気環境分野で初めての国家資格に
「臭気判定士(周期測定業務従事者)」
があります。

 

1996年(平成8)の悪臭防止法の改正
により、臭気測定法による臭気指数
規制が導入されました。

 

これにより悪臭の発生源である事業者
に対して、市町村が改善勧告・改善命令
を行うことができるようになりました。

 

人の嗅覚を使った臭覚測定法による
臭気の濃さの正しい測定や評価により
においの測定をしますが、

 

臭気判定士は、この測定法による測定
を管理、統括する責任者としての業務
をおこないます。

 

 

 

 

 

嗅覚測定法

法で定められている22種類の特定悪臭
物質を規制するだけでは、悪臭苦情を
解決することができない場合があります。

 

人間がにおいを感じなくなるまで希釈
した倍数(臭気濃度)で、においの強さ
を測定する方法が嗅覚測定法です。

 

分析機器で測るよりも、人間の嗅覚で
測定する嗅覚測定法が主流となっている
というのは興味深いですね。

 

 

 

 

現在、全国で年間24,000件以上も
発生している悪臭苦情に対して
臭気判定士が対応しています。

 

工場や事業所からのにおいを測定
するのが主な仕事ですが、自治体から
の委託を受けるには資格が必要です。

 

就職先は、環境等の分析業、化学・
医薬品業、機械・プラント業などの
企業や団体が主なものということ。

 

また、ISO14001(環境マネジメントシス
テムの国際規格)の取得に取り組む企業
が自主的な環境管理のために資格を取得
するケースも増加しているということです。

 

 

 

 

 

臭気判定士試験

受験資格は18歳以上の人、試験は
筆記試験と嗅覚検査を行います。

 

筆記試験は以下の5つです。
1 嗅覚概論
2 悪臭防止行政
3 悪臭測定概論
4 分析統計概論
5 臭気指数測定実務

 

嗅覚検査は、1〜5までの番号のつい
た「におい紙」から、基準臭液のつい
た2つを嗅ぎ分けるというもの。

 

5種類の基準臭について、においの
ついたにおい紙をかぎ当てられれば
合格となります。

 

 

 

 

素人考えですと嗅覚が鋭敏でなければ
いけないような気もしてしまいますが
特に鋭敏である必要はないそうです。

 

悪臭の苦情現場に来て、困っている人
と同じように感じられることが重要で
敏感でも鈍感でもよくないとか。

 

「正常な嗅覚」が求められる、という
当然といえば当然の基準のようです。

 

 

 

 

 

臭気判定士免状の有効期限は5年間

更新をする場合は、有効期限の6か月
前から行われる嗅覚検査をうける必要
があります。

 

免状の更新をしなかった場合は失効
してしまいますが、たしかにこのような
感覚を問うものは、一度の合格で一生可
とはいかないものでしょう。

 

私も大昔、水上安全救助員の資格をとった
ことがありましたが、それも有効期間が
あり、当然のことながら現在は無資格です。

 

 

 

 

 

臭気判定士免状所有者は3017名

臭気判定士の試験は、1996年(平成8)
の悪臭防止法の改正に関わっています
ので、試験は同年から始まりました。

 

合格率は、
1999年(平成11)で20%、
2007年(平成19)が47%で
近年の合格率は、25.2%ほどだということ。

 

昨年、2019年度の11月に行われた東京都、
愛知県、大阪の試験には505名が受験を
して、125名(合格率24.8%)しました。

 

また、昨年の3月31日時点での臭気判定士
免状所有者数は3017人となっています。

 

 

スポンサードリンク




聴覚刺激療法(嗅覚トレーニング) 嗅覚6

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

嗅覚刺激療法(嗅覚トレーニング)

嗅覚障害の改善方法に、鼻洗浄や、点鼻
薬、内服薬という治療と並行して、欧米
で科学的効果が認められているリハビリ
テーションがあります。

 

「嗅覚刺激療法(嗅覚トレーニング)」
という療法ですが現在、日本においては
名称も含めてまだ確立されていません。

 

とはいえ、すでに積極的に取り
入れている病院もあるようです。

 

風邪をひいた後に、においがしない
状態が続いている「感冒後嗅覚障害
や「外傷性嗅覚障害」において
その有効性が報告されています。

 

 

 

 

 

嗅覚刺激療法をした群は優位に改善

2009年、ドイツのドレスデン大学
耳鼻咽喉科のHummelらが、56名の
患者を2群に分けて調べてみました。

 

1群には、4種類の臭素
・フェニルエチルアルコール【バラの香り】
・ユーカリプトール【ユーカリの香り】
・シトロネラール【レモンの香り】
・オイゲノール【クローブの香り】

 

1日2回、朝晩にこれらの香りを
12週間にわたって嗅ぐ治療を行い、
もう1郡は、リバビリテーション
を行わない患者群。

 

嗅覚刺激療法の前後に嗅覚テスト
をそれぞれの群で行ったところ
嗅覚刺激療法群で、嗅覚スコアが優位
に改善していたと報告されました。

 

なお、この嗅覚刺激療法(嗅覚トレーニ
ング)は、においの有無を判別する能力
(嗅覚閾値)の改善には効果が小さいが、

 

2つの匂いが同じか、異なるかを判別
する(嗅覚弁別能)を優位に改善させる
という結果となっています。

 

 

 

 

 

Hummel以降の研究結果では

この発表以降、さまざまな嗅覚刺激
療法の研究結果が報告されています。
それによりますと、

 

Hummelらの行った治療よりも、

 

1 期間(12週間=3か月)を長くする
2 高濃度の臭素を用いる
3 より多種の臭素を用いる

 

という治療の方が効果が高いという
常識的に考えてみてもそうではないか
と思われる結果が出ています。

 

 

 

 

 

香りを日本人向けに変更

嗅覚刺激療法(嗅覚トレーニング)を
毎日自宅で行うことは、嗅神経の再生
を促すよい方法といわれています。

 

しかし、この嗅覚刺激療法がもともと
ドイツで始まったことから、使用する
香りが日本人にはあまり馴染みのない
ユーカリなどが使用されていました。

 

そこで日本人向けにバニラエッセンスや
レモンのアロマオイルなど、スーパー
マーケット等で簡単に手に入りやすい
ものに変更している病院もあります。

 

今、調べてみましたら製薬会社から
「嗅覚トレーニングキット」なるもの
もすでに販売されているようです。

 

これは80種類の香りが用意されていて
その中の好きなものを選ぶ(1つから
可)システムになっています。

 

 

 

 

 

嗅覚刺激療法のやり方

* (休憩を挟みながら)

「1種類 各10秒程度を4種類

朝晩2回、毎日を12週間」

 

という簡単なものですので
無理なく続けられそうですね。

 

上に書いたものが基本のやり方ですが
3か月ででなく半年と期間を長くした
治験(適正な投与量や投与方法などを
確認する目的で行われる臨床試験)も
まさに現在、行われているようです。

 

また半年の間、同じにおいではなく
開始して3か月経ったらにおいを入れ
替えてみるのもよいかもしれません。

 

 

 

 

 

素敵な香りの中で

「何の香りだろう?」と、意識をしな
がらにおいを嗅ぐことは、においを
感じる経路を強めると考えられています。

 

また、鼻づまりなどを放っておくと
嗅覚細胞が使われないために衰えて、嗅覚
障害を加速させてしまう場合もあります。

 

普段から、香りを意識した暮らしを
送り、毎日をお気に入りの香りで
彩ることがよいようです。

 

   (参照/「嗅覚障害診療
    ガイドライン日本鼻化学会」)

 

スポンサードリンク