「NYCB(ニューヨークシティベーカリー)」閉店

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

2017年9月4日 閉店

赤坂通りの赤坂サカスの反対側、赤坂6丁目にあった
「NYCB(ニューヨークシティベーカリー)」
が残念ながら、9月4日に閉店してしまいました。

 

ということは、私の入院前にはもうすでになかった
ということになりますが、全く気づきませんでした
閉店を知らせる張り紙もあったようですが。

 

「 NYCB」の前を通る時には、何とはなしにお店を
見るのが習慣のようになっていたのですが、その頃は
歩くだけでも苦しかったので目に入らなかったのかも。

 

 

 

 

 

7年間の営業

「NYCB」は2010年10月5日にオープンしました
ので、まる7年間の営業ということになりますね。
もっとも店長の田中元樹さんが就任したのは4年前。

 

初めてもったお店だそうで愛着もひとしおだとか。
赤坂近辺で働いていた人はもちろんのこと
外国人観光客も多く訪れたお店でした。

 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」でも
2015年7月11日に「クランベリーデニッシュ」
同じ年の12月4日の「スコーン」をご紹介しました。

 

こちらがクランベリーデニッシュ。

 

 

そしてこれがスコーン。

 

 

 

小さな店舗の魅力

厳選したバターを使用したクロワッサンが人気で
素材にこだわった無添加パンでしたが、そのわりには
お値段がリーズナブルなのも嬉しいところ。

 

素人考えで、店舗の小ささや人件費などの
お店の努力によって可能なお値段なのかなぁと。

 

3坪ほどの本当に小さなお店でしたが、かえって
その小ささがまた個性のようにも感じられたお店

 

ここで作ったものを、すぐ手渡してくれる
という、まさに作り手の顔が見えるお店で
親密さと信頼感が漂っている店内でした。

 

 

 

 

 

閉店理由は手術のため

そこで気になる閉店の理由なのですが
店長の田中さんの持病の悪化により
手術が必要になったためということ。

 

最近、生まれて初めての入院を経験した身
としては、なんとも身につまされる話です。

 

でも田中さんは、回復すればすぐにでも戻ってきて
赤坂でまたお店をやりたい、早ければ2〜3カ月で
戻ってくるとおっしゃっていたそう。

 

 

 

 

 

感謝と感謝

来店していただいた多くのお客さんに
感謝の気持ちを伝えたいという田中さんですが、

 

私たちも安心して買うことのできる美味しいパンを
作り続けてくれた田中さんに感謝したいですね。

 

そしてゆっくりと休養をとった後に
必ず戻ってきてくれることを
願っています、この赤坂に。

 

スポンサードリンク




退院しました!

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

こんにちは!

しばらくぶりの更新ですが、みなさまお元気ですか?
私はおかげさまで退院をすることができました。
今日の写真は、退院する前日の夕食。

 

トレーの左にあるのは、うさ友さんのシュウママさんが
作ってくれたシュウ君がアップリケされた小物入れです。
病院に一緒に付いてきてもらいました。

 

退院はできたものの寝てばかりで
なかなか更新ができません……。

 

 

スポンサードリンク




お知らせ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

いつも「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」を
訪れてくださってありがとうございます!

 

本来、今日は更新の日なのですが現在、入院中で
思うように更新ができなくなってしまいました。

 

更新の遅れや中止もあるかもしれませんが
どうかお許しくださいませ。
でも、また遊びに来てね〜!

 

 

スポンサードリンク