実は電力は足りている! 山本太郎 原発11

れいわ新選組代表 山本太郎

【大寒波で電力不足?】
実は電力は足りている!  その真実について

(動画の一部書き起こし)

 

今年(2021年)1月、大寒波による電力の
需給逼迫による危機が報道されました。
1月12日に、梶山経済産業大臣はこれについて、
「厳しい寒さによりまして電力需要が例年に
比べて大幅に増えていること、一方で天候の
不順により太陽光等の再エネの発電力が低下をし、
LNG在庫も減少していることを受けて、全国的に
電力需給が厳しい状況が続いております。

 

1 寒波で需要増加
2 燃料の在庫減少による稼働率の低下
3 悪天候による再エネの発電量の低下

 


石炭、LNG、石油の備蓄(経産省資料より

   石炭      LNG        石油
___________________________________________
貯蔵が用意  貯蔵が難しい  備蓄が豊富
在庫 30日  在庫 2週間     在庫 170日分
___________________________________________

 

LNG(液化天然ガス)のみの在庫推移グラフ(省略)
を見ると、確かに12月から在庫は減ってきている
ものの、逼迫しているという報道の始まった1月11日
以降は増加している。
LNGは、備蓄期間が2週間と短いが、在庫は増加傾向
に転じ、石油も石炭も十分な在庫があり、
       ⬇️
当初報道とは異なり、「燃料」は逼迫していない。

 

1月23日の報道をもう一度見て見ましょう。

「需給逼迫に価格高騰……日本の電力の未来は?」

今月に入り、かつてないほど電力需給が逼迫している。
供給不足から電力の卸売価格が上がり、2019年と単純
比較しても25倍近くの高騰となった。(略)
大手電力会社からなる電気事業連合会によると、
供給に対する需要の割合を占める電力の「使用率」は、
12日のピーク時に関西電力管内で99%、
四国電力管内で98%まで上昇した。

 

 

「使用率」_____________

文字通り稼働している発電施設から
供給される電力がどれくらい使われているか。
で、99%、98%と聞くと大変!となりますが、
一方、「予備率」というものもあります。
__________________

「供給予備率」
電力需要のピークに対し、供給力にどの程度の
余裕があるかを示す指標。
電力供給予備率ともいう。
__________________

 

予備率から見た、電力不足(電力逼迫)とは……

「電力需要は、常に上下最大3%程度の間で変動。
対応のため、計画上、最低3%分の供給予備力の
確保が必要。(経産省資料より)」

 

つまり3%を切ると、変動幅に対応できなくなり、
停電につながる危険が高まる。
これが「逼迫」状態。

 

この予備率を全国で見ていると、
下のグラフの1月7日前後(ピンクの縁を引いた
部分)で、9つの電力会社のうち、2つの電力会社
が確かに3%ライン(点線)を割っています。

 

 

 

 

これを全国の予備率で見てみましょう。
赤い太いラインが全国ですが、
御覧のように逼迫していません。
余裕があります。

 

 

 

 

電力会社間で融通すれば、
予備率3%など問題にならないのです。

 

 

「電力融通」___________
9電力会社が、それぞれ電力を
融通し合うことをいう。
特定融通、需給調整融通、経済融通、
系統融通の4種類がある。

東日本大震災以降、電力の安定供給のために、
異なる電力会社のエリア同士で、電力の相互
融通ができるように系統連結が強化された。

足りないところに、足りているところから
電気を融通する仕組みが出来上がっている。
__________________

 

ということは、マスコミが言っていた電力逼迫
は正しくなく、「電力は足りている」のです。
一方、使用率も予備率も現在のところ、稼働
している電力設備の話で、原発も含んでいます。

 

現在稼働している原発は4基(2021年3月10日現在)
定格(認可)電力は414万キロワットです。

 

今、発電所内のユニットで計画停止(機器の故障
や突発的な停止)している余力がどれ位あるのかを
逼迫したとされている2021年1月3日〜12日の期間で
見てみると、

 

ガス火力発電 2912万9390キロワット

石炭火力発電    694万4000キロワット

石油火力発電 1468万3770キロワット

 

ということで、いずれの休止中火力でも
原発の発電量、441キロワットよりも多い。
つまり、既存の火力発電の能力で、
原発の電力は十分に賄える。
電力は足りている!

 

 

 

結論
「全国的に電力需給は厳しい」はウソ

 

電力が逼迫したことにした方が都合がいいのは
市場の8割を占める大手電力会社
1 再生可能エネルギーの不安定性を強調したい
2 安定電源(原発)の必要性を強調したい

 

 

高橋洋・都留文科大教授 (朝日新聞から)
「根本的な問題は、全国の発電設備の約8割を
いまも大手電力が握っている点にある。
大手が経営判断で市場への電気の投入量を
減らしただけで、これだけ大混乱が起きた。
この『寡占体制』をなんとかしない限り、
同じことはまた起きる」

 

 

れいわ 新撰組 エネルギー担当大臣
「万一逼迫したとしても、3%を下回る
ほんの短い時間だけ、その時停止している
その他の火力を動かすことで十分に回避できる。

二酸化炭素の排出が瞬間的短時間に
増加しても、継続的でなければ
年間の排出量に大きな影響はない。

再生可能エネルギ−100%が難しい現状では、
つなぎとしての LNGを進めながら、緊急時
には一時的にその他の火力を動かすことで
エネルギーの安全保障は保たれる。

つまり原発は即時禁止は可能であるし、
今後は再生可能エネルギーに転換を進める
ことで火力の比重を下げることも可能」

 

 

電力は足りているの?
      足りています。

原発はやめられるの?
      やめられます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。