ブチャ事件、レイプ事件等は人権監察官・デニソワの捏造と判明し、ウクライナ最高会議により解任 ロシア/ウクライナ34

ロシア兵の大量性的暴行告発はウソだった
人権監察官  リュドミラ・デニソワの捏造判明

「ブチャの遺体300人埋葬」
「ブチャで少女25人がレイプ
され、5人が妊娠」
「母親の前で11歳少年レイプ」
「ロシア軍捕虜になったウクライナ
軍女性兵士15人に拷問や虐待」
「キエフ州内キャンプ場で5人虐殺」
「ホストメルで400人が行方不明」
「マリウポリで民間人5000人死亡」
「ロシア軍が12万人以上の子を強制連行」
etc.
      ・
      ・
      ・

 

「世に倦む日日 2022年6月5日

人権監察官リュドミラ・デニソワ
のでっち上げ事件。
何でこれほど次々に捏造の告発を
したのか。
たぶんアメリカのメディアから金
をもらってたんですね。
儲かるもんだから次から次へ。
証拠がなくてもOKだったわけだ。
裏で情報機関(MI6・CIA・SBU)も
噛んでたんだろうけれど。

『ブチャの遺体300人埋葬』や
『ホストメルで400人が行方不明』
の情報も、発信元は人権監察官
リュドミラ・デニソワだ。
これもウソだった可能性が高い。
『マリウポリで民間人5000人死亡』
の情報もデニソワ発。
ぜんぶ西側のメディアが真に受けて
真実として報道。

『現代思想』ウクライナ特集号の
寄稿者の情報元は、全てデニソワ

いずれ記事を書こうと思うけれど、
『現代思想』のウクライナ特集号、
寄稿している人間が、全員、この
デニソワ発信の『ロシア兵による
戦争犯罪』のフェイクを鵜呑みに
して書いているんですよね。
頭から信じ切って前提している。
寸毫も疑ってない。
この小論集、社会科学としては
無価値になるのでは」

     |

「櫻井ジャーナル 2022年6月2日

デニソワの話を垂れ流していた西側の
有力メディアは事実を確認する作業を
していなかったということでもあるが
そうした話はウォロディミル・ゼレン
スキー政権の意向に沿うもので、それ
はアメリカ政府やイギリス政府が望ん
でいることでもある」

「ブチャ虐殺」はウクライナ軍の犯行と判明…..
マスコミは沈黙

     |

「ドキドキのアマン 2022年6月6日

日本のニュースにも同じ類の
ロシア邪悪化が連発されてました
から誤報なら訂正すべきですが
まあ今のメディアにそんな正常
な自浄能力を求めても無駄だって
ことも知ってます。
今はもう誰も教えてくれない。
受け手が思考するしか無い世界です。
2020からは特にね」

     |

「J Sato 2022年 6月2日

ウクライナ議会、政府の
人権担当責任者を解任。
メディアに提供していたロシア軍に
よるレイプ話は証拠ない捏造と判明。
『ブチャで少女25人がレイプされ、
5人が妊娠』
『母親の前で11歳少年レイプ』等の
レイプ話の捏造に熱心だが、捕虜交換
や人道回廊には不熱心であったため」

     |

このニュースfoxも報道なし(現在のところ)

「fussa23 2022年6月6日

この件、いつものように報道量
が少ない
wsj, newsweekぐらいしか西側
メディアの報道が確認できない
米国人がトラウマを抉られる
ニュースだから選挙前に報道
したくない感じかな?
foxが黙りなのが米国の闇深さが
垣間見えていい感じ
米国の右派も同じ穴の狢なんやね」

     |

「暴王の月 2022年6月6日

そしてこのデニソワの捏造情報を
寸毫も疑わず高橋杉雄は顔真っ赤、
松尾由美子は号泣と」

     :
     :
     :

「松尾由美子アナウンサー号泣」

4月19日のテレビ朝日の『スーパー
Jチャンネル』の放送で、ブチャの
大虐殺を監督した部隊に、プーチン
が名誉勲章を授与したとの報道中に
泣き崩れた件。
賛否両論があるものの、アメリカ
の掲示板ソーシャルニュースサイト
「Reddit」では、
「日本人が人前でこのような姿を
見せることは大変なことだ。
あの女性は聖人であり、
我々は彼女を誉めるべきだ」
「神に祝福された女性だ」
等々、投稿されています。

ニュースを読む際に泣いたこと
云々以前に、「ブチャ大虐殺を
監督した……」について、既に
これはロシアがしたこと、という
前提になっており、そこに関して
は、何の疑問も示さないことに
恐怖を感じずにはいられません。

道に横たわっていた遺体には、
白い腕章(ロシア兵)がついて
いたというのに……。

第二次世界大戦中の大本営発表も
こんな感じだったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

デニソワ本人の深層心理が投影されたかの猟奇性

「世に倦む日々 2022年6月5日

思えば、デニソワが告発した
『ロシア兵の戦争犯罪』は、特に
性的な事案は、アブノーマルで
荒唐無稽な印象のものが多く、
いくら何でもそこまでするかと
信憑性を疑うものが多かった。
こうなってみれば、ひょっとして
デニソワ本人の深層心理が投影
したのではと邪推が浮かぶ猟奇性
すら感じる」

     |

「ダイアナ・クレチェトワ 2022年5月25日

『生後6ヶ月の女の子をロシア人は
ティースプーンでレイプした』
『二人の幼児が口と肛門で、
レイプされた』
『生後9カ月の女の子がロウソクで
レイプされた』
とリュドミラ・デニソワ氏は主張する」

 

 

 

ゼレンスキー政権の仲間、スイスに高額不動産購入
デニソワの名前も

「J Sato 2022年6月8日

ゼレンスキー政権の仲間たちが
スイスの高額不動産を購入した
ことが判明。
レイプデマを撒き過ぎて解任された
人権担当責任者もいる。
腐敗国に寄付すると起きること…」

 

 

 

デニソワの幼稚な「いいわけ」

「田中宇 2022年

デニソバ(田中氏は「Denisova」
を「デニソバ」と記載)は罷免後、
ウクライナのメディアの取材に答え
『イタリアなど欧米各国の政界には
ウクライナ支援に消極的な勢力も
おり、そうした消極派の人々にウク
ライナ支援の必要性を納得してもら
うために、凄惨な話を(捏造して)
流布する必要があった』と話している。
彼女は、支援をもらうためにロシア
に濡れ衣をかけて凄惨な話を捏造し、
欧米(や日本)を騙していたことを
認めた。
『ロシアはひどい。
ウクライナを支援しよう』
と熱弁している欧米日の政治家や
活動家やジャーナリストらは、デニ
ソバのような人に騙されてコロリと
信じてしまった大間抜けというわけだ」

 

 

 

リュドミラ・デニソワ

______________
(ウクライナ語)
Lyudmyla Leontiivna Denisova

(ロシア語)
ЛюдмилаДенісова
______________

政治家、教師、弁護士、経済学者
______________

1960年7月6日
アルハンゲリスク生まれ

社会人になって9年間は(1979〜1980)
アルハンゲリスクの幼稚園の先生をし、
その後、アルハンゲリスク州法廷で
さまざまな仕事を歴任

1989年、ウクライナに移り、クリミア
州委員会の法律顧問に(1990〜1991)

1991年から、クリミア共和国の
年金基金の管理で1998年まで働く

1998年、クリミア政府の
政財財務大臣、経済大臣、
財務大臣、財務省の長を務める

2007年 労働社会政策大臣に選任

2012年 ウクライナ議会選挙で再選

2014年 労働社会政策大臣に就任

2018年
労働・社会政策大臣に選出される

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。