ロシア制裁が失敗だったことに各国首脳は気づいている ロシア制裁5

日本、G20の夕食会はロシアがいるので拒否

「原口 一博 2022年 7月8日

(G20外相会合が開幕 日本は夕食
会欠席へ 『ロシアいる場』拒否
(朝日新聞デジタル)Yahoo!New)

和平への道筋をつけたいとウク
ライナ、ロシア両国に働きかける
インドネシアとあまりの違いに
愕然とする。
日本の外交官は優秀だ。
絶好の機会を無駄にするな」

     |

「apresl’ondee 2022年7月8日

岸田さんが日本の外交の問題
になってますね。
反露をさけんで米国にほめて
ほしいの?」

 

 

 

米国、ロシア船籍の原油収奪

ギリシャ裁判所「合法判断」
        ↓
イラン猛抗議 「違法判断」

「J Sato 2022年6月10日

ギリシャ沖で、ロシア船籍貨物船
のイラン産原油を米国が収奪し、
別の船に移し米国へ輸送した海賊
行為を、ギリシャ裁判所が一審で
合法判決を出し❗️、イランが猛抗
議して二審で違法判決になったも
よう。
放っておくと、海賊行為に
合法判決が出るんか…」

 

 

 

ガス供給のためのタービン、ウクライナ「戻すな」

トランプ大統領の時に米国
を訪れたゼレンスキー大統領
トランプに不正を言われ
目が泳ぐゼレンスキー

 

「J Sato 2022年7月8日

ロシアが欧州へのガス供給を減らし
ている理由が、ノルドストリーム1
の修理に出しているタービンが
カナダからドイツに戻ってきて
いないことだが、なんとウクラ
イナのエネルギー省がタービン
をドイツに戻さないようカナダ
に要請。
ドイツは戻すように要請。
     ↓
       7月12日

ドイツからの要請に基づき
カナダは制裁の例外処理を行い
ノルドストリーム1の修理タービ
ンを7/14以降にドイツに送る
ことにしたとの情報」

     |

自分で止めておいて「ロシアの挑発」

「Rom67 2022年7月12日

コレ、
天然ガス供給を停止したこと
についてゼレンスキーは、
『ロシアによる挑発だ』
と非難してたんですよ。
ゼレンは元々ドイツなどが
ロシアからガス買う事に文句
言ってたのに変だなぁと
思ってたんだが、相変わらず
安定の支離滅裂ゼレンスキー」

 

 

 

 

 

 

ドイツ外相
「ガス不足の場合、ウクライナへの援助拒否」

「藤原直哉 2022年7月24日

ドイツのアナレーナ・ベルボック
外相は、ガスが不足した場合、
ベルリンがウクライナへの援助
を拒否することを認めた」

     |

ドイツ、天然ガスの価格が7倍

「Trilliana 華 2022年7月25日

日本が学ぶべきドイツの失策。
天然ガスの価格が7倍になり最大
の電力会社ユニバーが経営難、
家庭のガス代も3倍。
ノルドストリームの供給4割
では、冬に向けた備蓄が出来ず
危機は継続中。
本当の原因は輸入資源に依存
した脱炭素政策。
廃止予定だった火力発電所を
再稼働する逆戻り」

 

 

 

ハンガリー首相
「ロシアの特別作戦が西側の覇権を終わらせる」

「tobimono2 2022年8月19日

ハンガリーのオルバン・ビクトル
(Viktor Orban)首相は、ロシア
のウクライナにおける特別作戦
が西側の覇権を終わらせること
になると述べた。
特別軍事作戦の終了後、
EUはより弱体化するという。
・欧米はウクライナ戦争に
軍事的に勝てない。
・制裁はロシアを何ら
不安定にしない。
・ヨーロッパに与える
ダメージは甚大である。
欧米の支配に終止符を打つ可能性」

 

 

 

フランス ル・ペン氏
「対露制裁はフランス国民を痛めているだけ」

マリー・ルペン氏

「J Sato 2022年7月11日

自国益優先のフランス、
ル・ペン氏、討論番組に登場

・仏がインド経由でロシア産
原油を輸入している現状を指摘
し、制裁は仏国民を痛めている
だけと批判
・第7波で感染症対策を復活
させることへの反対を表明」

 

 

 

「永世中立国」を捨てたスイス

「タマホイ 2022年8月18日

永世中立国のスイスがロシア制裁
に参加して中立国ではなくなり
衰退する歴史的事態を見る羽目
になるとはね」

 

 

 

「ユーロの終わりの始まり」

ヨーロッパ経済は安価なロシアエネルギー前提

「J Sato 2022年7月15日

ユーロの1ドル割れへの下落
について、エコノミスト
“これは、ユーロの
『始まりの終わり』である。
ロシアのウクライナ侵攻は
ユーロ圏にとって激震だ。
なぜならヨーロッパの経済の
多くは 安価なロシアのエネル
ギーを前提にしていた。
それがもう終わったのだ。
不況と構造的な逆風が吹いている”

顧客である欧州に、プーチンは
親身に論理的アドバイスをして
いたが…

プーチン、欧州に論理的な
アドバイス
“ロシアのエネルギー資源を手放す
ことは、欧州が構造的かつ長期的
に世界で最もエネコストの高い
地域になることを意味する。
それは欧州から他地域に、
産業とロシア産エネが移動する
結果をもたらす。
非常に深刻で取り返しのつかない
結果をもたらすかもしれない” 」

 

 

 

 

 

 

ロシアを倒せず、WEFは詰んでいる?

「J Sato 2022年7月19日

EUはウクライナへの武器支援で追
加で5億ユーロを承認する見込み。
累計で20億ユーロに達すると。
ロシアガスを止められたら欧州は
冬を越せないし、産業も停止し、
社会が崩壊すると思うのだが…

WEF()が考えているのは
社会を崩壊させてから、新統一
政府をインストールすること?」

※「WEF」
世界経済フォーラム・ダボス会議

     |

「新たまねぎ 2022年7月19日

NWO(新世界秩序)の基本理念は、
世界統一政府、統一宗教、
統一通貨、そして人口削減。
つまりは、少数のエリートによる
グローバルな管理のし易い社会。

世界情勢を『国』単位の損得で
見ていると誤解します。
既存の『国』という枠組みすら
壊すべき対象なのです」

     |

「hiemon 2022年7月19日

ロシアを倒すという目論見が
外れた以上、WEFは詰んでる
のでは・・」

 

 

 

世界経済フォーラム
(WEF・ダボス会議)
クラウス・シュワブ氏

 

 

 

ベネズエラ外相
「米の覇権終焉で、新たな世界誕生中」

「盈月 2022年7月9日

https://parstoday.com/ja/news/world-i100644

『アメリカの覇権は絶対的なもの
ではなく、ロシアがそれを終わら
せるために努力したことで
新たな世界が生まれつつある』」

 

 

 

ロシアに続き、インドも「脱米ドル」

「baum 2022年7月13日

インド中央銀行が『ルピー』での
国際貿易規制を承認。
簡単に言うと『ルピー』で海外
との貿易を行う準備が整ったと
いうこと。
これでロシアに続いてインドでも
完全な『脱米ドル(不換紙幣)』
への路が開かれたことに
着実にGCRが進んでいます
(具現化)」

     |

「らん 2022年7月26日

たぶん日本や欧米では
『意図的に報道されとらん』
と思うけど。

7月15日 インドに 国際
地金取引所がオープンした

どれほど凄いことか分かる?
取引所そのものは他にもあるが
地金の国際価格を決定づけてい
たのはニューヨークとロンドン。
つまり米英・西側に独占され
とったんよ。
基軸通貨包囲網がまたひとつ」

 

 

 

プーチン
「アメリカ自己中心主義から、真の主権に基づく多極化世界へ」

ロシア プーチン大統領

「タマホイ 2022年7月12日

プーチン大統領
ロシアの特別軍事作戦が始まって
すぐに西側諸国は負けを認める
べきだった
グローバリズムのアメリカ自己
中心主義から、真に多極化した
世界への移行の始まりであり、
覇権を求める利己的なルールで
はなく、国際法と民族と文明の
真の主権に基づくものとなる」

     |

「J Sato 2022年7月14日

ロシアの経常収支は、6月は
天然ガスが売れなくなるので
例年はほぼ0であるが、今年は
西側の🐴🦌制裁の結果、
$282億ドルのプラス。
輸入も増えていて、貿易活発」

 

 

 

バイデン氏、原油増産求めサウジに赴くも断られる

「J Sato 2022年7月17日

(サウジアラビアの原油増産
見通せず
バイデン氏要請も市場冷ややか
日本経済新聞)

バイデンはわざわざサウジに
出向いて、中東産油国への
米国の影響力が低下している
ことを世界に知らしめた結果に」

     |

サウジ 米国のダブルスタンダードに強く反発

「J Sato 2022年7月17日

ロイターのバイデンーサウジ
皇太子MbS会談の日本語記事
は以下を省略

サウジ側がアメリカのダブスタ
について強く反論
・🇺🇸は🇦🇫🇮🇶に価値観押し付けて
地域を破壊
・🇮🇶刑務所で🇮🇶人に残虐なことを
したことは?
・先日も🇮🇱が🇵🇸系ジャーナリスト
を殺害したが?
https://jp.reuters.com/article/usa-saudi-biden-crownprince-idJPKBN2OQ1R6」

     |

「J Sato 2022年7月18日

サウジでの報道では、ロイター
日本語記事が省略した部分が
メイン

サウジは米国離れを決めたもよう。
BRICS入り?」

     |

 

     |

潮流は完全にアメリカ離れ

「Trilliana 華 2022年7月18日

トルコ、エジプト、サウジアラ
ビアが来年のBRICS加盟を計画。
更にドイツ、インドネシア、アル
ゼンチンも続き?  潮流は完全に
アメリカ離れ。
バイデンはサウジに飛んで
原油増産を断られる始末。
過激なワクチン政策やウクラ
イナの代理戦争に加担した
西側首脳は次々退陣に追い込
まれ、国はガタガタ。
”風”を読まねば日本も嵐に」

     |

サウジアラビア
プーチンと互恵的通商・経済関係発展を確認

「J Sato 2022年7月23日

バイデンがわざわざサウジ訪問
して石油増産断られてから数日
後、プーチンとサウジ皇子MbS
が電話会談。
互恵的通商・経済関係を発展
させていくことを確認」

 

 

 

ブラジル大統領「ロシアは盟友」

ブラジル ボルソナーロ大統領

「J Sato 2022年7月14日

・インフレ抑制のために、ロシ
アから軽油を割安で購入する
合意をまとめるのはほぼ確実

・西側諸国によるロシアへの
経済制裁は、ウクライナでの
行動を阻止出来ず失敗したと
の認識も表明。
国家の主権にかかわる問題で
はロシア政府は盟友」

 

 

 

ユーロ売り止まらず

「Trilliana 華 2022年7月17日

昨日、一時は0.99ドルまで
落ちたユーロ。
ロシアの天然ガス供給をめぐる
懸念でユーロ売りが止まらず
欧州中央銀行は必死で各国と
調整を続けている。
かたや1ドル148円-151円を目指し
アメリカの対日貿易赤字を帳消し
にするんダ!  と政府の言うことを
聞かず暴走する日銀総裁がいる
らしい日本という国」

     |

「凛 2022年7月17日

ロシアへの制裁が結局は自分達
の首を絞めていることに各国
首脳は気づいているはず。
日本も同じ。
日本のメディアが報道しないが
ウクライナ側の戦況は非常に
厳しい。
ヨーロッパでは激しいインフレ
とユーロの暴落。
黒田総裁は日本円の価値低下を
推し進め、更なるインフレを
起こし、国民を苦しめる」

     |

円安で外国人投資家向けに「買い場」提供

「新たまねぎ 2022年7月17日

日銀のクロちゃんは、『暴走』に
見えますが、実は予定通り
『粛々と』やっている。
日本株や日本の不動産等を『割安』
にするため、外国人投資家向けに
『絶好の買い場』を提供するため。
それは、近い将来アメリカのあら
ゆるものが暴落するからです。
日本は資産の避難先、ということ」

 

 

 

ウクライナを静かに見捨てる欧州

「Alzhacker· 2022年8月23日

https://globalresearch.ca/europe-quietly-abandoning-ukraine-first-time-no-new-military-pledges-have-been-made/5790921
ドイツのキール世界経済研究所
によると、ヨーロッパの6大国
は先月、キエフに新たな軍事的
誓約を行わなかった。
スペイン、フランス、ドイツ、
イタリアに加え、イギリスと
ポーランドさえもウクライナに
新たな軍事的コミットメントを
しなかった」

 

 

 

米国が、西側とBRICS(金本位に向かう)との戦争を仕掛ける

「アボカド 2022年7月17日

米英は必死で金価格を下げよう
とするでしょう。
世界のあちこちで再び戦争が
始まると思います。
それは西側経済圏と金本位制に
向かおうと準備を進めるBRICKs
諸国との戦争ですが、仕掛ける
のはもちろん米国です。

ロシアの金本位制は確定
したかに見えます。
3ヶ月の金本位制は欧米に
冷水を浴びせました。
1グラム5000ルーブルと言う
レートが世界の為替と金取引
価格を支配したからです。
発表後ドル/ルーブルは直ぐ
その瞬間の金価格と同等に
なりました。
それどころか、その後のルーブル
上昇はご存知の通りです」

     |

キッシンジャー
ヨーロッパでの大きな戦争を警告

「藤原直哉 2022年7月24日

リッター:
ロシアは経済、政治、戦場の
3つの面で西側諸国を打ち負かす。

アメリカの有名な外交官である
ヘンリー・キッシンジャーは、
ロシアとの交渉を拒否すれば、
ヨーロッパで大きな戦争が
起こるかもしれないと西側
諸国の指導者に警告した」

 

 

 

 

 

 

米軍、シリアを攻撃

「アーロン大塚 2022年8月24日

米軍、バイデンの指示でシリアを
攻撃した」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です