緊急避妊薬

緊急避妊薬

「緊急避妊薬」について、中央区の区議であり
中央区月島の「小坂こども元気クリニック・
病児保育室」の小児科医の小坂和輝さんが
2019年5月13日に「毎日新聞」に書いて
いらっしゃいましたので御紹介しましょう。

 

避妊をしなかったり、避妊に失敗した、
あるいはレイプの被害にあった際には
72時間以内に決められた容量の薬を飲んで
妊娠を回避する方法があります。

 

この緊急避妊薬は、黄体ホルモンの一種で
ある、レボノルケストレル1.5ミリグラムを
1回服用することにより、妊娠率を0.7%に
抑えることができるというものです。
これは妊娠前に効果を発揮するものであり
妊娠後では効果はなく、人工妊娠中絶薬
ではありません。

 

 

 

緊急避妊薬に関する論考

日本家族計画協会クリニック所長 北村邦夫

緊急避妊 ECC Emergency Contraception

1 性交後避妊 妊娠の危険率を0.7%に抑える

2 黄体ホルモン製剤
 レボノルゲストレル(LNG)1.5mg(ノルレボ
 0.75mgを2錠)を性交後72時間以内に服用する

3 作用機序
 排卵を抑制したり、排卵を遅延させることによる

4 注意点
 ・100%妊娠を防げるわけではないこと
 ・性感染症の可能性も忘れないこと

 

 

 

今年、後発薬が発売

日本では2011年に最初の緊急避妊薬が
発売されたということですが、私自身は
これにはちょっと意外な気がしました。
というのはかなり前からこの薬のことを
聞いていましたので、もっと前に日本で
発売されていたのではないかと思って
いたからです。

 

そして今年、2019年の3月、この薬の
後発薬が登場しました。
最初のものよりは格安で入手できるよう
です。

 

また、海外から緊急避妊薬を個人輸入し
てフリマアプリで無許可販売していた人
が逮捕されたということです。

 

これを受けてということではないので
しょうが、これまでは薬局で薬剤師が
扱うのは困難としていたこの薬を、
対面なしのオンライン診療によって
入手できる見通しがたったということ
でした。

 

 

 

入手しやすくなる反面

緊急避妊薬の論考の3で、北村邦夫さん
が書いていらっしゃいますが、この薬は
排卵を抑制、あるいは遅らせることで
妊娠を回避するということですので、
服用後の性交で、思いがけずに妊娠して
しまうことがあるそうです。

 

そのため、北村さんのクリニックでは、
翌日から経口避妊薬(ピル)を服用して
もらうこともあるといいます。

 

緊急避妊薬のこのような特徴を理解しない
ままオンライン診療などで入手が可能に
なり、新たな問題が生じるのではないかと
北村さんは危惧しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。