香害5 マイクロビーズ禁止の方向へ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

香料だけではなく壁材の影響が、肺や大気に

マイクロカプセルの問題は、中身の香り
だけではなく、カプセル壁材のプラス
チック破片なども同様に有害なこと。

 

それらの有害物質が空気中に飛散し
それを吸い込むことによる健康被害
を訴える人も続出しています。

 

また飛散したプラスチック破片は
土壌や海洋のプラスチック汚染の
原因ともなります。

 

ナンキョクオキアミから、
オーストラリアのイワシ、
ドイツのビール、
シチリアのニンジン、

 

とあらゆるものの中にマイクロプラス
チックの存在が確認されています。

 

 

 

 

 

化粧品に使用されるマイクロビーズ

マイクロプラスチックの中でも、化粧品や
歯磨き剤などに含まれるマイクロビーズに
関しては削減の取り組みが始まっています。

 

マイクロビーズとは、ポリエチレンやポリ
プロピレンなどで作られた球状のビーズ
で、大きさは数ミクロン〜数百ミクロン
(0.001mm〜0.1mm)。

 

角質除去、または洗浄の目的で使われ
洗顔料、スキンケア用品、コスメなど
に含まれています。

 

マイクロビーズはきわめて小さいため
排水処理施設では除去することができず
そのまま川を通じて海に流れ込んでいき
回収することは困難。

 

それをプランクトンや魚が接種し、東京湾
で捕れたカタクチイワシの内臓からマイク
ロビーズが検出されるなど、人の健康や
生態系に影響を及ぼしていることが
懸念されています。

 

 

 

 

 

アメリカ

アメリカにおける化粧品に含まれる
マイクロプラスチックビーズの規制は
2014年頃から始まりました。

 

2014年 アメリカイリノイ州
2015年 カリフォルニア州で
マイクロプラスチックを含むパーソナル
ケア製品の製造を禁止する法律が成立

 

2015年12月 アメリカ全土で、
「マイクロビーズ除去海域法」が成立

 

この規制を受けて、多くの国で流す
タイプの化粧品へのマイクロプラス
チックビーズの配合が禁止されました。

 

 

 

 

 

その他の国々

フランスは、2016年10月、マイクロビーズ
を含む化粧品などの販売を2018年1月から
禁止する法案が成立しています。

 

イギリスは2018年1月、マイクロビーズ
を含む製品の生産禁止を発表し、
同年6月、それを含む製品の販売を禁止。

 

アジアでは台湾が、2016年8月にマイクロ
ビーズ入りのパーソナルケア製品の輸入・
生産を2018年7月から禁止するとし、
2020年には全面的に販売禁止にしました。

 

日本でも2016年に、日本化粧品工業連合会
が、使用中止を会員企業に要請しましたが
2017年の調査で、年間数百万トンの消費
実績があったことがわかっています。

 

一部会員企業は取り組みを始めている
ものの、日本政府の法改正への動きは
残念ながら全く見えないのが現状です。

 

研究者からも、「プラスチック対策と
しても日本は世界に取り残されている」
との批判も出ています。

 

 

 

 

 

欧州化学物質庁はマイクロビーズの禁止も打ち出す

EU専門機関の欧州化学物質庁(ECHA)
は、2019年1月、マイクロビーズのみな
らず、洗剤などに含まれる香りマイクロ
カプセルについても言及しています。

 

5年の猶予は与えているもののマイクロ
プラスチックは禁止すべきという姿勢を
打ち出し、新しい素材に置き換える協議
が進められているとのことです。

 

 

スポンサードリンク




香害2 香害の原因第一の柔軟剤に含まれるマイクロカプセル

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

香害の原因のトップは柔軟剤

前回のアンケートの結果にもあり
ましたように、特に問題になるのが
「洗濯物の香り」の柔軟剤です。

 

2000年代後半に、店頭に
並ぶようになったものです。

 

日本石鹸洗剤工業会の「洗浄剤等の年間
製品販売統計」によりますと、2019年の
1年間に販売された柔軟剤は37万5000トン。

 

これは、2000年の21万7000トンの1.7倍
にものぼり、売上額で見ると約2倍です。

 

2000年 21万7000トン
 2019年 37万5000トン 売上額約2倍

 

 

 

 

 

マイクロカプセル化

ここ数年、洗剤や柔軟剤などの香りが
強くなったように感じますが、その大き
な原因は香料のマイクロカプセル化。

 

ミクロのプラスティック粒子が、香り
(あるいは消臭成分)を包み込み込んで
いるものをマイクロカプセルといいます。

 

このカプセルが、摩擦や湿度によって
中身が飛び出すことにより、香り
(あるいは消臭効果)が持続します。

 

衣類の洗濯時に、マイクロカプセルが
繊維に吸着され、洗濯後に着用する際
や着用後、体を動かす度にカプセルが
破れて中身の香料が放出されるのです。

 

 

 

 

香りをプラスする時だけではなく、マイナス(消臭)時も

おもしろいのは、香りをプラスする時
だけではなく、消臭、つまり香りをマイ
ナスする際にもこのカプセルは働くこと。

 

プラスの場合は、「香りがした」
と感じることはあると思いますが、
マイナス時は、「あっ、今消臭した」
とは普通、感じませんよね?

 

感覚として実感はなくても、それでも
マイクロカプセルは作動し、体は
「化学物質」を認識しています。

 

 

 

 

 

マイクロカプセル技術 2008年・アメリカ

アメリカで柔軟剤の香料に
マイクロカプセル技術が導入され
たのは、2008年のことでした。

 

普通、洗濯により香料は

   合成洗剤で 1〜2%
   柔軟剤で  10%ほど

が残るといわれます。

 

それがマイクロカプセルですと

   合成洗剤  20%
   柔軟剤   50%

に跳ね上がります。

 

この技術おかげで、香料使用量は3割
も節約できるようになり、技術はあっ
という間に日本にも導入されました。

 

 

 

 

 

アメリカは使用量が減り、日本は増加

しかし興味深いのは、当のアメリカでは
2007年から2015年にかけて、若い世代
の柔軟剤使用が減っていることです。

 

それにひきかえ、日本では
柔軟剤の売上額はうなぎのぼり。

 

この違いは、日本でマイクロカプセル
の有害性が報道されないことでは
ないか、と指摘する方もいます。

 

 

 

スポンサードリンク