「わが家のAP通信  〜天使と暮らしたいあなたへ〜」あぷり 6/7

「求む! おうち情報!」

 

 

 

物件情報を教えてくださいね

「当方6歳10ヶ月のホーロンドロップの女の子。
劣悪な住環境のため、入退院を繰り返しています。

 

5日前に、今年4度目の退院をしましたが、
家に着くなり頭の揺れと眼振が始まり、涙や
ヨダレが出て食事がとれなくなってしまいました。
昨日から、また病院にいます。

 

おすすめ物件情報を御存知の方、
是非是非、教えてくださいませ。
なお、引っ越しの際はナニーを
一人連れて行くつもりでおります。  あぷり」

 

 

 

 

あぷりはこんな風に思っているのではないでしょうか?
10月27日に鍼灸医院へ治療に行って
そのまま入院になり、11月1日に退院。

 

11月6日に獣医さんに診ていただき、
こちらもそのまま入院して12日に退院。
そして、昨日11月16日、入院。

 

10/27 28 29 30 31 11/1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

(ピンク色が入院中)

 

 

 

 

 

携帯基地局の工事が都合3度も

ここ数ヶ月のうちに、あぷりと私の住むマンション
で4件(店舗2件、住居2件)の工事がありました。
運の悪いことに、この全てがうちのごく近く。

 

その上、4か月かかった携帯会社の基地局増設工事
もありましたが、この携帯会社は2,3年前にも同様の
工事をしていたのですが、また増設したもようです。

 

しかもその数年前には、他の携帯会社の基地局
工事もあり、うちのマンションはアンテナだらけ。
その工事の度に、あぷりは頭が揺れて眼振が起き
食欲がなくなって入院、を繰り返しています。

 

 

 

 

 

その他にも

また工事とは別に、うち個人の騒音問題があります。
以前に書いた、隣のキックボクシングジムの音と
お隣の犬の鳴き声とそれに付随する音です。

 

そしてもう一種類、かなり頭を抱えているのが
建物を伝わってくるモーター音ですが
一つは、階下の医院の室外機の音。

 

もう一つが問題で、うちに隣接して
いない飲食店の換気扇のモーター音が
伝わってくることでした。

 

 

 

 

 

どこからの音かわからない

隣とか上下という近い位置関係ではないので
最初はどこからの音なのか全くわからなかった
のですが、何度も確かめてやっと判明。

 

と書きましたが、そう思ったのは私だけで
今回、対策をお願いした全ての人は
「構造上あり得ない」と信じてくれません。

 

管理人さん、管理会社の営繕部の人、
マンションの管理組合の理事等、
最初は全くとりあってくれませんでした。

 

 

 

 

 

ウツじゃないんですか?

しかし懸命に説明して、やっと先ほど管理人と
管理組合理事長に聞いてもらいましたが、騒音
対策をするほどの大きさではないというのが結論。

 

音楽をかけたり、テレビを大きめにつけたり、イヤホン
をして寝たり……と、もっと楽しく暮らす方法を考え
た方がいい、というのが管理組合理事長の意見です。

 

マンションはペット禁止ですが、管理人さんは
入院中のあぷりの存在を知っています。
知らない管理組合理事長には「こんな小さい音を
気にするとはウツなのでは?」と言われる始末。

 

 

 

 

 

年中無休で深夜まで

このモーター音は、うさぎにとっては人間以上に
辛いものに違いありませんが、人間にとっても
耳につく耐えられない音です。

 

確かに音量はそれほどではありませんが
もし仮に、これが工事音の大きさであった
ならば、一日で心身に変調をきたすでしょう。

 

かれこれ、この音が4,5年も続いています。
朝は9時過ぎから2時頃まで、夕方5時位から
始まり、終わるのは早くて12時、遅い日は
夜中の3時を過ぎることも珍しくありません

 

先週の金・土・日の終了時間は3時半・2時半・
1時過ぎでしたし、しかも、このお店は無休。

 

 

 

 

11月1日のあぷりの退院時は
幸い工事は終わっていました。

 

それでもこのモーター音が始まると
あぷりは頭が揺れて眼振が始まり
ご飯を食べなくなってしまうのです。

 

前回、12日の退院後も同様でした。
音がおさまる夜中の2時3時には、ホッとした
ような様子を見せますが、残念ながらそこから
もりもり食べ始めるということはありません。

 

 

 

 

 

「里子に出した方が、幸せかも……」

昨日、あぷりを病院に連れて行く地下鉄
の中で隣の方に声をかけられました。
捨て猫を何匹も飼っていらっしゃるということでした。

 

その方があぷりの状態を聞いた後に
こうおっしゃったのです。

 

「いい人に里子に出した方が
この子の幸せかもしれませんね」と。

 

 

 

 

 

ありえない! ありえない!! ありえない!!!

思いもしない方向に行ってしまった話に戸惑いながら
私は「それは、出来ない……です」と答えました。

 

「それはそうだと思うけど……この子もお母さん
と離れたくないし、あなたもでしょうけど……、
結局はその方が、この子のためですよ」

 

それはそうなのかもしれません。
しかも彼女の言葉が、ちょっと都合が悪くなったから
誰かにあげてしまう、という命をモノ扱いするような
考え方からのものでないのはわかっています。

 

 

 

 

体の具合が悪くて捨てられていた猫を連れてきて
大切に育てている方なのですから……。

 

最初の飼い主でなくても、充分愛情を持って
育てる人はいるし、中には人間不信だった猫たちも
いたが、接しているうちに必ず心を開いてくれる、
ともおっしゃっていました。

 

そうですよね、その方があぷは苦しまないですよね。
それはわかります……。

でも、嫌だ! 嫌だ!! 嫌だ!!!
……私はエゴイストなのでしょうか。

 

 

 

 

 

「引っ越し」しかないな〜

引越しまでは、ペットの防音室を
試してみようと思っていました。

 

ところが、買う予定だった防音室の欠点として
換気のためについているモーター音が非常に
うるさいことがレビューにでていてガックリ。

 

ケージに自分からは入ったことはなく、
扉を閉めればかじり続け、キャリーは大嫌い、
冬の暖房のために部屋のドアを閉めるのさえ
嫌がるあぷりが、防音室に入れるのでしょうか?

 

 

 

 

 

突然、抱きつき泣き出すあぷり

11月1日の夜、鍼灸医院から退院した後に、あぷりに
お灸をした時に、灰を耳に落としてしまいました。

 

膝に乗せてとっていると、あぷりは突然自分から
体をくるっと回して、私の胸に抱きつき
シュウシュウシュウ……、と泣き出したのです。

 

まるで、人間が泣くようにです。
本当は「鳴く」と書くのでしょうが、それはまさに
「泣く」という以外のなにものでもありませんでした。

 

決して擬人化をし過ぎているのではありません。
こんなことは初めて……。

 

 

 

 

 

うさぎって、こんなふうになくものなの!?

前のうさぎもこのような声でないたことはありませんし
それ以前に一緒に暮らした動物のどの子も、こんな
なき方や、しぐさをしたことはありませんでした。

 

だいたい、うさぎって、こんなふうになくもの?
目の前で起こっていることが信じられないような思い。

 

私は驚きながらも、あぷりが何かを
訴えていることだけはわかりました。
それが何なのかは、残念ながら
わかってあげられないのですが。

 

 

このようにではなく、私の膝の上に乗り
胸にすがりつくようにして泣いたのです

 

 

 

泣き止まないあぷり

「そうかそうか、淋しかったよね?」
「一緒に入院していた犬が怖かったの?」

 

あるいは「もう、このおうちは嫌だよ〜」
と訴えているのでしょうか?

 

あぷりの心を包める言葉を探しながら
私はあぷりを抱いていました。
しばらくの間、あぷりはなきやみませんでした。

 

 

 

 

 

抱っこをしてクウクウとなく

11月12日の退院後、うちに着くなり
普段はぺろぺろと舐めないあぷりが
私の手をなめ始めました。

 

そして、いつもは嫌いな抱っこをしてほしがり
延べ2,3時間は抱いていたでしょうか。

 

この日は前の時のようにはなかずに、うさぎ
らしく(?)クウクウと言っていただけでした。

 

 

 

 

 

ピアノも処分するよ

あぷり、ホントに引っ越したいね。
以前、鍼灸の先生に
「引っ越しのお荷物になるピアノを処分したら?」
と言われたことがありました。

 

その時は「それはありえません!」
という言葉が思わず口をつきましたが
今は処分する決心もつきました。

 

あぷり、引っ越したいね。
あぷり、引っ越そうね!

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コメント

plopp
2009年11月18日 3:38 AM 編集
読んでいたら目から汁が…あぷさん、寂しかったよね。
大好きなしのぶさんと離れているのは寂しいよね。

 

 あぷり
 2009年11月18日 4:22 AM 編集
 みぎぃさん、は、はやすぎる!
 書いた後にブックマークしていた防音室を
 買おうと思ってダメだったので、ブログを
 直そうと思ってみたら……らら、らら、らら。
 ploppさん、ありがと……

 

スポンサードリンク




「わが家のAP通信  〜天使と暮らしたいあなたへ〜」あぷり 4/7

入院とプレゼント

 

 

 

入院

前回の記事の2日後の5月18日に
診察をしていただいたあぷりは
そのまま入院になってしまいました。

 

肝臓が悪くなっていたことと
うちでは強制給餌がもう無理な状態
になっていたからです。

 

入院と聞き、ショックを受けたのは
事実でしたが、あぷりの体のためには
その方が良いことは歴然でした。

 

 

 

 

 

鼻からのチューブで強制給餌

私の強制給餌が下手なせいで
口角は切れ、顎の下から首まで毛が抜け
赤く腫れてしまっていたからです。

 

入院してからも食事を一切受け付けず、鼻から
のチューブで入れるしかありませんでした。

 

初めて面会に行った時に、酸素室の扉の前で
生気なくこちらを向いて座っているあぷりの
鼻から背中にかけてついていたチューブが
痛々しく見えたことを覚えています。

 

 

 

 

 

拗ねるあぷり

次に面会に行った時のことです。
前回のように座っていたあぷりが、私を見ると
酸素室の後ろまで歩いて行き、そのままお尻を
向けて座ってしまったのです。

 

でも、顔はちょっと斜めにして私を見ているよう。
拗ねているんだな、と思った私はあぷりを酸素室
から出して、家から持って行ったタオルにのせて
抱っこをしました。

 

一時間半位いたのですが、あっという間です。
帰る時に先生から「土曜日から一時帰宅をして、
やはり食べられなければ、月曜日にまた入院を
しましょう」とのお話がありました。

 

お母さんべったりのあぷりが一人で病院にいて
「もう、いいや」と生きる意欲がなくなって
しまわないようにとお考えになったようです。

 

 

 

 

 

鼻からのチューブも限界

現在している鼻からののチューブも、
炎症が起きてしまうのでそろそろ限界。

 

月曜に入院するとしたら、首から入れるしかなく
これは犬などでは大丈夫らしいのですが
うさぎでは難しいということでした。

 

連れて帰れることは何より嬉しいのですが、
入院前と病院での様子を見ていると、家に帰って
食欲が戻るとは正直なところ思えませんでした。

 

 

 

 

 

一時帰宅

それでも二日間は「薬も強制給餌も、何も
しないでください」と言われていました。

 

そんな不安を抱えながらの一時帰宅でしたが
土曜日こそのペレットを2gしか食べられません
でしたが、日曜、月曜と増えていき、家で
しばらく様子を見られることになったのです。

 

今回も家に帰って、最初に食べ始めた
のは、やはり竹輪だったのですが
その後は枝豆とサクランボになりました。

 

竹輪ブームは去り、枝豆・サクランボ期突入です。
サクランボもアメリカンチェリーではなく
日本のものが好みのよう。
う〜ん、違いがわかるんですね。

 

 

 

 

月曜から三日間はいつも以上に食べられたものの
その後はまた減る、というようにむらがあり
心配な状態はまだ続いています。

 

それでも点滴をしに病院に行ったり
あるいは鍼灸の病院に通いながら
少しずつでもよくなればと思っています。

 

家に帰って来た直後は、肝臓の悪化のためEzの
お薬を飲めないので、前脚が横に広がっていました。
食事もトイレも、ただ座っているのも大変そう。

 

 

 

 

 

お灸で病状が改善

寝室にずっといて、深夜になって出て来る
あぷりに、夜中の1時位から3時、4時までの
お灸タイムが3日ほど続いた時のことです。

 

前脚の広がりが随分改善されたように見えます。
棒灸をして1時間ほど経った時、自分の部屋から出て
廊下を通り、リビングまで行って帰ってきました。

 

その後また1時間ほど棒灸をすると、今度は
ここ2ヶ月ほど歩くことが出来なかった
リビングに接している畳の部屋に行きました。

 

 

 

 

 

「畳も歩けるよ!」

まるで私に「(畳も)歩けるよ」と見せるかのように
走って行ったのは、明け方の4時過ぎだったと思います。

 

帰って来た土曜日の夜、あぷりにお灸をしている時に
今まで感じたことのなかった幸せを感じました。

 

こんな風にお灸をしながら、二人で静かに
時間を過ごせるとは、なんと幸せなのだろう…..。
至福の時。

 

 

 

 

 

別の景色

そういえば、18日に入院が決まり
あぷりを置いて一人で帰った時のことです。

 

病院のある街は、病院を訪れるために初めて
行った場所でしたが、街も電車も駅も、私には
とてもなつかしく、美しく輝いて見えました。

 

ですが、あぷりを連れずに初めて一人で帰った時
は、もちろん美しく素敵な街ではありましたが
ごく普通の素敵な街であり、駅だったのです。

 

 

 

 

あぷりを連れているのは嬉しくもありますが
やはり気を遣って大変な部分もあります、と
実は思っていたのですが、違いました。

 

大変ではありませんでした。
あぷりと一緒の空間や時間、特別なものに
変わっていたのです。

 

以前、「大草原の小さな家」というNHKのドラマで
「君がいなければ海はただの大きな水溜りだよ」と
いう意味のセリフがありましたが、まさにそう。

 

あぷりと一緒にいると、家々も道も電車も、
乗り換えの駅さえもが、特別なものになって
いたことに、初めて気づかされました。

 

 

 

 

 

プレゼント

そして今回、あぷりの具合が悪くなったことを
知った沢山の方が私を支えてくださいました。
これもまた、あぷりが私にくれたプレゼントですね。

 

何よりこのブログを書くきっかけと、
いっぱいの優しいコメントを下さる「みぎぃさん」

 

同じく去年から続けて心配をしてくださっている
フィギュア作家の「院長さん」

 

あぷりの具合が悪くなり、仕事の前の晩になって
断りの電話をしたにもかかわらず、許して下さり
心から優しい言葉をかけてくださった「Oさん」

 

 

 

 

病院で一度会っただけなのに、あぷり用の
土をプレゼントしてくれ、激励のメールを
度々下さるの「シュウママさん」

 

シュウママさんの紹介でお目にかかったこと
さえないのに、具合が悪くなった時は夜中でも
電話を、と言ってくださった「くう姫さん」

 

メールで楽しいお話を聞かせてくださる
「チップちゃんのママさん」……

 

 

 

 

 

先生と皆様に、心から感謝!

先生方はもとより、みなさんが通り一遍の
お見舞いではなく、本当に心のこもった激励をして
下さったことは、決して忘れることは出来ません。

 

ただただ、ありがたく思います。
おかげさまであぷりの元気という、
最大のプレゼントが届きました。

 

まだ食欲も本調子ではありませんし、
Ezに脳機能の疾患、肝臓の悪化に度々の血尿等、
道のりはかなり遠いというところです。

 

ですが一進一退、時には一進二退でも
ゆっくりゆっくりよくなっていけたら
いいなぁと思っています。
みなさま、ありがとうございます!

 

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コメント

 

plopp
2009年6月5日 9:58 AM 編集
しのぶさん…何より文章がうますぎます。
なんて胸に響く文章を書かれるんでしょう

 

 あぷり
 2009年6月5日 7:53 PM 編集
 みぎぃさん、そんなそんな……
 ありがとうございます。
 言われなれないことを言われておだてられ
 たら、木に登っちゃいますよ、ブーブー……

 

 

 

 

plopp
2009年6月9日 8:48 AM 編集
確か以前文章を書く為だけのパソコンか何かを
お持ちだとお聞きして、その方面のお仕事を
されているのかと!?
本当に読みやすくて、でも読みやすい
だけじゃないんですよ!

しのぶさん、優しいなぁ~。あれ?ホント?
私もためしにURLを検索してみましたが、
出てきましたよ!
あと、aprisugerでも出てきます。3番目に出てますよ!

タンポポ、ダメでしたかぁ~
やっぱり食べる食べない、あるんですよねぇ。
そして、今回は以前食べなかった物も
食べてるんですね!?
そういや、うちのも、以前はフルーツ類は
一切食べなかったのにいつの間にやら
食べるようになってるんですよ。

おぉ、なるほど、そういう内臓部位による
食生活の変化があるんですね?

枝豆がお気に入りになってますか!
あ、でも、ペレットの食べる量も増えて良かったです。
体重も少しずつ戻ってますか?

シアトル、結構暑くなりますよ!
こないだ暑かった時は30℃以上で、うちは西日の
時間は多分34度位にはなっていたかもしれません。
でも、ここの所、また涼しくて
過ごしやすくなっています。ひぃ〜助かる!
暑いと本当にくたぁ~っとしていますが、
涼しいといつものごとく体は正直ですねぇ。

うんうん、本当にそうなんですよね。
ちょっとでも変な所を見ると心配に
なっちゃうもんですね ヽ(´ー`)ノ

 

 あぷり
 2009年6月10日 5:50 PM 編集
 うわっ〜、ホントだ! 出てくる。
 なんでやねん。
 だって、前は何度やっても出てこな
 かったんですよ。

 

 

 

 

plopp
2009年6月11日 11:33 AM 編集
これでお友達にも教えられますよ!!
!!「わが家のAP通信」で、今はトップに
出てきますよ!
なんでしょうねぇ、グーグルのクロールが
なかなか来てなかったっていう事なのかな?
ちなみに、グーグルロボットというのが自動で
ウェブサイトを巡回(クロール)して、その時に
色んなサイトの情報を拾って、グーグルに掲載
されるとかなんやらそんなものらしいです。

そうですよね!?
丁度30℃越してた頃、母と話したら、そっちは
まだまだそんな暑くなってないと言われて。
普通なら東京の方が暑いのにと思って肩すかし
でした(笑)
確かに湿度は低いですね~。
暑い時は湿度10%とかそんなんでしたねぇ。

ドライは、冷房のドライですね?
そんな違いがあったんですか!?
ウチでは母が好んで夏場はしょっちゅうドライに
してるんですが人間にも同じ事ですよねぇ。
母に伝えておこう。

って…
こっち、いつもドライ(乾燥)なんですが!
その冷房のドライじゃなくて天然だけど…
その場合、どうなんですかね!?
天然でも超乾燥ってのも内臓に良くないのかな。
もちろん肌には悪いんですが…

おぉ~!!体重増えて良かった!!
あぷさんが体重の増減が話題になるほど
改善してくれていたとは!
ペレットの量はどうですか?
パセリやシラントロ(パクチー?)とか食べるかな??
今、社長は人参の葉とシラントロを食べていますぞ。
あぷさんがもっともっと回復しますように。

 

 あぷり
 2009年7月2日 5:50 PM 編集
 おお返事遅くなりました〜、ごめんです!
 おかげさまであぷは体重も1.75kgになり、
 順調に回復しています。
 ありがとうございます。

 

 

plopp
2009年7月9日 11:14 AM 編集
コメント遅れました!!

 

スポンサードリンク




ジャズピアニスト・作曲家 佐山雅弘さん 

あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木へようこそ!

 

 

 

信じたくないニュース

11月15日の深夜、ツイッターでフォローをしている
「sanpoudo」さんのつぶやきが目に入りました。

 

「うそやん」という一言の下には、

 

「朝日新聞東京編集局(コブク郎)@asahi_tokyo
11月14日  ピアニスト・作曲家の #佐山雅弘 さん死去
ジャズを主軸に幅広いジャンルで活躍」の文字が……。

 

 

 

 

佐山雅弘さんは、私にとって大学の先輩という
以外には、「袖振り合うも多生(他生)の縁」
というほどの儚い御縁しかなかった方です。

 

佐山さんがお亡くなりになった11月14日以前
と、それ以降で、私の暮らしに特別の変化が
生じることは考えられません。

 

15日の深夜に、ニュースを知った驚きは、時間と
ともに、静かに消えてゆくものと思っていました。

 

 

 

 

ところが、そうではありませんでした。
むしろ時間の経過とともに悲しみが増し
ショックは後悔へと形を変えています。

 

その理由はわかりません。
佐山さんに出会った頃の10代の私も、一緒に消えて
しまうように感じる寂しさからなのか、あるいは現在
私自身も病を得ている心細さによるものなのか……。

 

佐山雅弘さんのオフィシャルサイトには
佐山さんからのメッセージが記されていました。

 

 

佐山雅弘(写真/「Masahiro Sayama」

 

 

「みなさま

佐山雅弘より
このお手紙がお手元に届く時、僕はこの世に
おりませんが、長きに亘ってのお付き合いに
お礼を言いたくて家人に託しました。

 

加山雄三とタイガースが大好きな中学生。
高度成長期大阪の衛星都市尼崎に親父が構えた
小〜さな小売商を継ぐことに何の疑念も持たない
ごく普通(以下)の子供がジャズとの出会いで、
楽しさこの上ない人生を送ってしまいました。

 

まことに人生は出会いであります。

 

『君の身体は君の食べたモノで出来ている』
と言いますが、まったく同様に僕という者は
僕が出会った人々で出来ているのだと
しみじみ実感したことです。

 

その出会いを皆様にあらためて感謝しつつ、
今後益々の良き日日を祈りながらお別れをします。

 

ありがとう、さようなら

        2018年11月14日 佐山雅弘」

 

 

 

 

(以下の内容は、佐山さんのオフィシャル
サイト「Masahiro Sayama」の「日記」を
参照させていただきました。)

 

 

胃からタプタプと音が……

佐山さんが体の異変に気づいたのは
2014年8月下旬、旅先でのことでした。

 

歩いている時に「何やらタプタプ音がする」
胃に水が溜まっているような音がします。

 

お気に入りの店の食事も、妙にご飯がお腹に
入らない感じがし、ライブの差し入れも、
お寿司屋さんでも味がよくわかりません。

 

東京に戻ってからは、吐くばかりの日々。
ジュースと栄養剤で仕事を続けるも
1日1キログラム弱ずつ、体重は減り続けました。

 

 

 

 

9月10日過ぎに、地元の内科へ行くと
「逆流性食道炎でしょう」と渡されたお薬を
10日飲んでも一向に良くならないので、再診。

 

「では、あと10日分のお薬を。
なんなら胃カメラしますか?
今、予約すると11月初旬には……」

 

という医師の申し出を断り、佐山さんは
知り合いの医師に相談することにしました。

 

 

 

 

 

ガンの兆候は全くなし!?

「プライベートな付き合いを大事にしたいので
本業についてのコネクションは使わない主義」の
佐山さんでしたが結局、友人の医師の病院に入院します。

 

10月9日に入院して、「苦しい!話が違う!」
と言いつつ初めて飲んだ胃カメラの結果は、

 

「胃の出口がねじれてふさがっている。
ガン細胞は見当たらない」というもの。

 

この間、1か月の無理がたたり腎臓の数値は悪く
なっていたものの、CTスキャン・MRT、血液検査、
全身の血管に薬品を流して移転箇所をあぶり出す
PETでも、ガンの兆候は全くなしということでした。

 

 

 

 

 

転院後の検査結果「珍しい症状」

そして次に、友人の医師が「日本一」だと推奨する
優秀な後輩医師の病院に転院して検査をすると、

 

「開腹してみないと判じかねる珍しい症状」
だということでした。
佐山さんはすぐに手術を依頼します。

 

しかし体が衰弱していたため、まずは栄養補給
をして、手術は2週間後の11月4日になりました。

 

 

 

 

 

スキルス性胃ガン・第2ステージ

その結果は、スキルス性胃癌・第2ステージで
胃の下部2/3を摘出、発生場所は幽門付近。

 

胃の内面でも外面でもなく、胃自体の「素材」
の内部で進行する厄介な癌でした。

 

胃がふさがって衰弱したために、早期発見できた
ということで、「何が幸いするかわからない」
と佐山さんは記しています。

 

 

 

 

 

退院、仕事も再開

11月18日には退院し、30日には退院後の初仕事。
12月の終わりには、ピアノの弾き心地も戻って
きましたが、抗がん剤治療(錠剤)は続きます。

 

仕事の現場には、ソファと枕、毛布が用意され
ピアノを弾く時間以外は横になり、演奏30分前には
アミノ酸を注入し、1時間のステージを務めました。

 

とはいえ、50分過ぎたあたりからはエネルギー残量
ランプが点滅しだし、ステージ終了後は頭は興奮
しているものの、首から下ぐったりとした状態。

 

面会も断ってもらい15分間横になった後、若手に
荷物を持って貰ってやっと退館という具合で
当然ながら、遠出は無理になりました。

 

 

 

 

 

転移、播種、腸閉塞 → 人工肛門

幸いなことに1年後(2016年)の検診は無事
でしたが、2017年に胃がんから大腸への転移、
小腸への播種が発見されます。

 

この「播種(はしゅ)」という言葉は、タネまき
のことを指し、腫瘍細胞がタネをパラパラとまいた
ような状態になることを意味するそうです。
ガン細胞が小腸に散らばっていたということ。

 

2年半後の定期検診後に、腸閉塞の手術をして
大腸をバイパスして人工肛門にします。

 

医師から人工肛門を告げられた時、佐山さんは
「ちょっと考える時間をもらえますか?」
と聞きますが、医師の答えは非情にも
「緊急事態です。ノーチョイスです」でした。

 

播種は取りきれないために、抗がん剤治療でしたが
抗がん剤との相性問題で、佐山さんは2度ほど
七転八倒をし、ジタバタと入退院を繰り返します。

 

 

 

 

 

2018年 新年

病院や在宅を合わせ1ダースほどという医師の
中のお一人が、佐山さんの余命について
「新年が迎えられるかどうか微妙ですね」
とおっしゃったとそうです。

 

「腹膜播種というのは発見されてしばらくすると
お陀仏になるはずなのだが、まぁラッキー」
と書く佐山さんは「比較的安定状態」で
新年を迎えることができました。

 

この間、佐山さんは、地方を含む演奏会、
複数の大学での講義、ミュージカルの作曲等々、
とても病人とは思えない仕事量をこなしています。

 

 

 

 

 

「あなたは今、危篤状態です」

2月になり、一日置きに高熱が出る状態で
仕事は続けていましたが、白血球が異常に増え、
骨髄への転移が危ぶまれたため、再び入院。

 

意識朦朧の状態で担ぎ込まれ、気づいた時は治療室。
10人ほどの医師や看護婦が針を刺したり、チューブ
を入れたりしているのを見て佐山さんは言います。

 

「おおごとですねぇ」
「血圧が60を下回っていて、あなたは今、危篤状態です」

 

 

 

 

 

黴菌に感染し、血管から全身に回る

そう言われたものの、熱のためか苦しくはなかった
という佐山さん、「こうやってデクレッシェンドで
死んでいくならラクでいいわい」

 

と半ば他人事のような感想でもありますが、このよう
な経験は、この時を含めて5回ほどあったそうです。

 

熱の原因は、栄養剤と水分を常時点滴する
ために設置していた胸のポートからの感染で
黴菌が血管に入り、全身に回ったためであり
幸い骨髄転移ではありませんでした。

 

 

 

 

 

最後の入院

それから数ヶ月後の今年の8月、血液検査
の結果が思わしくないため検査入院。

 

仕上げ間近のミュージカルに心を残しながらも、入院で
生まれた時間を弦楽四重奏、サックス四重奏、3台の
ピアノの作曲等々に手を染めながらこう記しています。

 

「ジャズピアノ6連弾ではアレンジの担当をなくして
もらっていたのだが(前田憲男、佐藤允彦、塩谷哲……
十分でしょ!)(中略)お鉢が回ってきてしまった。
30段ほどあるオーケストラスコアのなかの使いたい部分
をまずマルッと写譜して(相当な手間だが写譜は一番の
学習になる)ジャズにする部分を組み込んでゆく。演者
の顔を浮かべながらニヤニヤと書き進めるので楽しい

 

 

 

 

 

「楽しさ満載」

さぞや面倒だと思われる30段ものオーケストラスコア
(総譜)の写譜を「一番の学習になる」といい、
去年の入院は受信期間、今回は発信期間と捉え、

 

「(ブログで書く予定だったものが)実際の仕事に
関することで楽しさ満載になってしまっていて、これ
が当分続きそうなので」中断します、という佐山さん。

 

壮絶な病との闘いなどという形容がつきそうな病状に
ありながら、学び、作り出し「楽しさ満載」と表現して
いるのは、生への凄まじいまでの執着ではありません。

 

前向きでなければならぬ、という過度な自制でも
なく、自然にこのように振る舞える人がいるとしたら
その人はそれだけで天才、と私には思えます。

 

 

 

 

 

「キツくて楽しいツアー」

最初に御紹介した佐山さんのメッセージにもある
ように、彼はゆくゆくは家業を継ぐつもりでした。

 

「ミュージシャン、それもジャズミュージシャン
なんて食えるわけがないのだから、やがて家業を
つぐまで楽しむだけ楽しもう、くらいに考えていた」

 

ステージで、何度も何度もソロが回ってくるので
後で聞いてみると「いくらでも弾くから面白くて
どこまでやるんだろう、と試していた」
といわれるほどの溢れる才能をもち、

 

 

 

 

全国ツアーでは、ドラムセットからベース・ギター、
アンプ類、シンセサイザーキット一式を、わずか5分、
10分の電車の乗換え時に、メンバー全員でバケツリレー
のごとくホームの階段を上下して運んだりもして。

 

そんな佐山さんに「ある種の目覚めと覚醒」が
訪れたは、2000年に亡くなったベーシストの
川端民生さんの言葉がきっかけでした。

 

「キツくて楽しいツアー」中のある夜、川端さんは
リズムのとりかたについて佐山さんに話始めます。

 

 

 

 

 

「目覚めと覚醒」

「『裏拍の一拍を打つにも音の出る場所・のびてる
長さと質・切るタイミング、と3回リズムを
出しているのだよ。意識しているかい?』

 

『いや、考えたこともなかったです。
けど、あのスピードの中でそんなことまで
意識は出来ないでしょう』

 

『いや、そこをきっちりしないとビートは
出ないし、全体のグルーブも安定しないんだよ。
君のプレイにはその緻密さと言うか、
意識そのものが欠けているので不安定なんだ』

 

『そうですか、でも・・・一拍に三回のリズムの点を
意識する、というのは机上の理想論な気がします。』

 

『では明日は弾くのをサボッて良いから
僕の音符をじっくり聴いていなさい』

 

 

 

 

(中略)

「そして川端さんの一音符一音符を
聴いていると脂汗が出て来た。
一つの音符を弾き始めるときの緊張感と決断。
のばしている時の集中力。
音切りのタイミングを絶妙に
探り当てる周囲への気遣い。
踵を付けて直立する演奏姿勢。
うつむいた額から汗が一筋二筋ツツーと落ちる。
格好良い……けど近寄りがたく巨大に見える。
一小節に三つも四つも出す音符の
一つ一つに三つのタイミング。
そのすべてに集中すること。
出来るのだ、と思うと音楽を
することが恐ろしくなった。」

 

この後、「友が皆 我より偉く 見ゆる」
状態になってしまったという佐山さん、その時28歳。

 

 

 

 

 

「家業は継ぎません」

「こりゃ一生かけての探しものだな」
「一生音楽をしよう。プロになろう」と決意した佐山
さんは、ツアーの終わり近くに父親に電話をします。

 

「『約束を違えるけれど、一生音楽をしないと
* 済まなくなってしまった。家は継ぎません」

 

* 分かったとも好きにしろとも言わず
『やっぱり東京の大学にやるんじゃなかった』。
* 実感だったろう』」

 

 

 

 

 

ささやかなプレゼント

その東京の大学で、正確には大学に入学前の受験
準備講習会で、私は佐山さんより学年が下でしたが
2週間ほど、同じクラスで学んだことがありました。

 

担任は、作曲科の面白い女性で、そのクラス
だけはクリスマスパーティをしたりして。

 

パーティといっても、ただ歌ったり(お勉強
としての歌ではなく楽しみの)、極々ささやかな
プレゼント交換をしただけですが、その時の私の
プレゼントが渡った相手が佐山さんだったのです。

 

 

 

 

数年前のこと、佐山さんは、彼がピアノを習う
きっかけとなった、小学校の同級生の女の子・
こんにゃく屋のタカ子ちゃんと再会します。

 

その時、タカ子ちゃんが言ったという言葉、
「佐山君、ピアノ上手になったね」
に、私は思わず笑わずにはいられませんでした。

 

すごいです!、佐山さんにピアノが上手になったと
言うことができるのは、幼馴染ならではですね。
私が出会った高校生の「佐山君」は既に凄かったもの。

 

 

 

 

でも「佐山君」はいつ「佐山雅弘」になったのでしょう?
小学校1年の2学期からピアノを始め、中学
入学後、まもなくやめてしまったといいます。

 

その中学生の時に、おじさんに連れられていった
ジャズのコンサートが、佐山さんとジャズとの出会い。
そして18歳の時は、既にああだった(!)わけですから。

 

佐山さんが想像を絶するほどの練習はしていない、とは
思いませんが、やっぱり天才だったんじゃないかなぁ。
エジソンさんには叱られてしまいそうですが。

 

 

 

 

 

音も言葉もきらめいて
        〜「日記」から〜

佐山さんのオフィシャルサイトのブログには
素敵な言葉がたくさん散りばめられていますが
ジャズについてはこんなことも書いています。

 

「同じフレーズを弾いて同じ情感を出すのは
ものすごく技術とマインドの必用なことで、
それが出来ているポップスの人々や、それが絶対条件
になっているクラシックの人々は偉いなぁとは思う。
片やジャズの素晴らしさはアドリブ。
雷が最短距離を貫くように。
雨水が図ったように高低差をたどるように。
瞬時のフレージングがその場に最も適した
イントロや間奏を生む。
そこに賭けている圧というかなんだか
わからない或るモノがなんだか素晴らしくて
なんだかジャズなんだなぁ。

 

『なんだか』という表現がやたら多くなったが、
この『なんだか』という感想は大事だと思う。

 

詐欺に遭う時、心のどこかで『なんだかなぁ』と
思っているのに、理屈でなるほどと思ってしまう。
『直感は過(あやま)たない。過つのは判断である』
という名言もある。
五味康祐の麻雀に関する言葉だけれど。」
               (2015年1月8日)

 

 

 

 

「村上春樹訳『バットビューティフル』を読んでる途中。
知っているエピソード、知らなかった挿話を織り込んで
短編連作になっている実に面白い本だが、そこにも
バド(バドパウエル)のことがあった。
創造に至るやむにやまれぬ悲惨さは知っていてもいい
けれども、そういった様々があるからこそ結果としての
作品や演奏は明るかったりユーモラスだったりする。
そこの所を素直に受け止めたい。
ジャズがジャズとして確立されている現代に、ジャズに
関わろうとするとそのあたりの立ち位置になるのかな
               (2012年1月1日)

 

 

 

 

「安易な同族意識や素朴さを超えたナショナリズム
は戒むべき、それ以上に
唾棄すべきものだが、同族間
に相似の
『心の奥の共感』が、異民族間で起こるなら
ば、差別
・区別意識の無意味さに気づくよすがになる
だろう。

子供ができる可能性があるオスとメスは同じ種である。
人類と名の付く我々はすべて同種生物なんである」
               (2015年1月5日)

 

 

 

 

「War is over.If you want it. War is over now.
          (ジョン・レノン)
過ぎたニュースは今日のニュースにはならない。
けれども、毎日、福島では大量の放射能が漏れ続け、
毎日、辺野古では暴力が行使され、日ごとに、
安保関連の事業が着々と進んでいます。
具体的に運動はせずとも
関心と情報は持っていたいものです。
知る事が身を守る第一歩」
              (2015年11月27日)

 

 

 

 

「どんどんキナ臭くなる今とこれから。
どのような変化が現れるか、現れないか。
実はこっそり注視しているのだ。
『かくされた悪を注意深くこばむこと』
谷川俊太郎『生きる』の中の一行」なども。
           (2015年3月12日)

 

「これが今生の別れなら思い出す
顔は笑顔がいい」(金哲義)
            (2015年4月3日)

 

 

 

『月の砂漠』2017年3月11日up(「 Masahiro Sayama」より)

 

 

 

「影のない男」?

こちらは日記ではなく、佐山さんの動画での言葉。
演奏の合間の曲名紹介なのですが、ベースの藤原清登
さん作曲の「Rain」の演奏後にこんなことを言います。

 

「僕が申し訳ないなと思うのは、そこそこ譜面も強いし、
いろんな音楽の解釈もいいんだけど、明るいんだよね。
根が明るいからピアノもパンッと明るいんだよ。
根が明るく軽いから、こういう重厚な
感じになかなかなれない。
昔ソロでまわった時に撮ってくれたDVDを見て、
なんか変だなと思って(中略)一緒にまわっていた
ルースって女の子がやはり渋い歌歌うんですけど、
ツアーの3日目に
『わかった、佐山さん明るいんだよ』って。
『えっ、影がない、影ない?、死んでる?』って。
そんなことに気づいた30代の時でした。

次は、そんな影のない男が作った曲
『すれ違いのロンド』です」

 

 

 

 

と落語好きということが、そこはかとなく
感じられる口調で話す佐山さん。

 

佐山さん、違いますよ、違います!
影がないのではありません。

 

佐山さんの明るさはモーツアルトと一緒。
喜びも絶望も、光も影も、あらゆるもの全てを
その透明な悲しいまでの明るさの中に秘めている。

 

 

 

 

そして最後に、もう一つだけ。

 

プラトンの『ソクラテスの弁明』発
佐山さん経由、の言葉です。

 

「間もなく訪れる死の後に何をしてほしいか、
という問いに
『私の為の何事かではなく、君自身のことをしてくれ。
それが結局は、わたしのためになることなのだ』」
              (2016年4月25日)

 

 

佐山雅弘(写真/「Masahiro Sayama」)

 

 

 

大きすぎるプレゼント

佐山さんと私が10代だった頃の講習会の
中村佐和子先生は、国立音楽大学を定年退職されて
現在は、他の大学で教鞭をとっていらっしゃいます。

 

先生はまだ御活躍なのに、佐山さん、早すぎるよ。
そういえば、あの年の入試の課題曲の一つは
中村先生の『光の中に』という曲でしたね。

 

一足先に光の中に旅立ってしまった佐山雅弘さん。
私はもう少しだけ、ここにとどまるつもりです。
あなたにいただいた大きすぎるプレゼントは
まだリボンをほどいたばかりです。

 

 

 

「約束はしていないけれど」

 

次の春の、最初のお天気の良い日に

私は天に嫁ぎます。

喜んで送ってくださいね。

 

天に嫁ぐって、どういう意味?

なんて聞かないで。

私も、おととい告げられたばかりなの。

この世では嫁がなかった私ですので

そんな世迷いごとも許していただけたらと。

 

こんなに遅くなってしまい、待ちくたびれた

うさぎのあぷりは、怒っているでしょうか?

入院中に私が面会に行くと、拗ねて

後ろを向いてしまった、あの時のように。

 

約束はしていないけど、佐山さんにも会いたいなぁ。

『すれ違いのロンド』というおしゃれな曲の次に

『始まらなかかった恋のサラバンド』も作ってもらって。

そして「ピアノが弾きづらい!」

と叱られながらも、佐山さんの背にもたれつつ

彼のピアノをいつまでも聴いていたい。

いつまでも……

 

 

佐山雅弘さんの御冥福をお祈りいたします 

 

 

スポンサードリンク