旭山動物園のパン「アザラシ」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

blog_import_515362cac943d

 

 

北海道物産なんとか……という売り場で、
旭山動物園のパンを買ってきました。

 

旭山動物園といえば以前TVで見た
シロクマのピース君がいる所じゃない
ですかっ!、とシロクマのピース君が
好きな私は迷わずゲットしてきました。

 

これはアザラシのパンですが
他には2種類ありましたよ。

 

 

 

 

シロクマのピース君で有名な
旭山動物園なのに、シロクマは
なかったのでアザラシにしました。

 

家に帰って調べてみると……、
間違っていました!

 

シロクマのピース君は、愛媛県立の
「とべ動物園」で、北海道の
旭山動物園ではありませんでした。

 

 

 

 

どうして、北海道の旭山動物園と
間違えてしまったのでしょうか?
(まあ、いつものことでもありますが)

 

シロクマのピース君は、うまれてすぐ
母親に育児放棄されたために
飼育係の方に育てられたクマさんです。
(シロクマのピース君)

 

その飼育係の方と彼の御家族、
ピース君との交流は、それはもう涙が
でるほどすばらしいものでした。

 

 

 

 

ピース君が赤ちゃんの時に、動物園が
お休みの日などは、飼育係の方のお家に
一緒に帰ってミルクをもらったり遊んだりと
まるで子どもたちと、きょうだいのよう。

 

そんなピース君も少し大きくなった時に、
飼育係の方がプールに入れようとしました。

 

ですがピース君は、水を怖がって入りません。
飼育係の方は、ピース君と一緒になってプール
に入り、ピース君に泳ぐことも教えたのです。

 

 

 

 

また、3歳の時にてんかんを起こし、水の中で
危うく死にかけているところを、飼育係の方に
助けられるということもありました。

 

シロクマの人工飼育の前例がなかったとかで、
本当に試行錯誤していらしたようでしたが、
その方と御家族の努力の賜物でしょう、
ピース君は大きく育ちました。

 

そんな感動的なピース君のいる動物園と
間違えて買ってきてしまったのが
このアザラシパンでした。(!)

 

 

 

 

このアザラシの顔が何となくあきれているよう
にも見えるのは、私の気のせいでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください