近代の京焼と京都ゆかりの絵画 「泉屋博古館(Sen-oku Hakuko kan)」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_51536381047a1

 

「泉屋博古館分館」へ行ってきました。
こちらは住友家のコレクションを展示する美術館です。

 

本館は、京都の鹿ヶ谷にあります。
分館は2004年に六本木、アークヒルズの裏手にあたる
場所にできました。

 

「泉屋」とは江戸時代の住友家の屋号で、
「博古館」は九百年前の中国の皇帝の命によって編纂された
青銅器図録「博古図録」からとっているそうです。

 

「泉屋」は、「せんおく」と読みます。
(私は最初読めませんでした、というよりは「いずみや」
だと思い込んでいました。。。!)

 

今回の催しは、「泉屋博古館分館」開館10周年記念の
展覧会の一つだそうです。

 

写真のパンフレットの絵は、木島桜谷の「柳桜図」です。
この「木島」ですが、「このしま」と読むそうです。
(今日は,日本語にふりがなが必要な日ですね)
「桜谷」は、普通に「おうこく」です。

 

これはかなり大きな屏風絵です。
実物は意外なことに、桜より柳が美しく思えました。

 

こちらの「泉屋博古館」は、こじんまりとして
落ち着いた雰囲気の美術館です。

 

その小ささはマイナスではなく、むしろ気負わずに度々
気軽に寄ることのできる美術館、という親しみやすさを
感じさせてもくれているようです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

CAPTCHA