毛利邸 → 軍用地 → 防衛庁 → 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

12.6.2.mouri   江戸麻布邸望遠図 谷文二筆 江戸後期
毛利博物館蔵(写真/サントリー美術館

 

 

「毛利家麻布屋敷」

この絵はサントリー美術館で開催された「毛利家の至宝展」
に出品されていたものです。
毛利邸から江戸の町を見た風景です。

 

ここ毛利邸は「眺めが良い場所にあり、
江戸の町が一望できた」と本で読んだことがあります。

この絵を見る限りでは、江戸の町というよりは、
野山という感じにも見えますね。

 

当時 、このあたりは「麻布龍土町」という町名で、
お屋敷は「麻布屋敷」と呼ばれていたそうです。

 

このお屋敷には、なんと2千人もの人が
暮らしてたといいます。

 

 

 

明治維新後は軍用地に

そして時は移り、この毛利邸の跡地は
明治維新後は軍用地になりました。

 

第一師団歩兵第一連隊などが駐屯していたそうです。
あの2.26にも関係しています。

 

そばには、その頃はまだ幼かった
ベアテ・シロタ・ゴードンさんの家もありました。

 

 

 

戦後、米軍から防衛庁、そして東京ミッドタウン 

戦後は、この地は米軍に接収されました。
その後は大部分が防衛庁に。

 

そして2001年に、防衛庁が市ヶ谷へ移転したために
その跡地が再開発されることになりました。

 

それが今からわずか5年前の2007年3月に、
東京ミットタウンとしてオープンしたのです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.