『ハーメルンの笛吹き男』  サフィ「ジャン-ポール・エヴァン」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

12.7.18.ora

 

 

魔法の笛「魔笛」 

昨日は、笛の音色に誘われてキノコたちがついてくる挿絵のついた
教科書のページを、知らぬこととはいえ破ってしまったお話
みなさんに聞いていただきました。

 

これって、はからずも魔法の笛「魔笛」ですね。

こちらは日本の魔笛ですが、外国の魔法の笛で一番有名なのは
「ハーメルンの笛吹き男(The Pied Piper of Hamelin)」でしょうか。
グリム童話等でも有名ですね。

 

ねずみ退治を依頼された男が笛を吹くと,街中のねずみが川に
飛び込んで溺死し、無事ねずみ退治は終わりました。

 

しかし街の人たちは、彼に約束の報酬を支払いませんでした。
それを怒った男は、今度は笛を吹いて、子どもたちを
連れて行ってしまった、というお話ですね。

 

 

 

作り話ではなく

これは史実に基づいたお話です。
ハーメルン市の公文書に記載されているそうです。

 

1284年6月26日、130人の子どもが連れて行かれてしまい
二度と戻ってくることはなかった……。

 

子どもたちがいなくなった理由には、色々な説があるようですが、
東の方の国で植民地を開拓するためだったともいわれています。

 

「魔法の笛」……魅力的な妖しい音色……なのかな?

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “『ハーメルンの笛吹き男』  サフィ「ジャン-ポール・エヴァン」

  1. SECRET: 0
    PASS:
    本当に子供達がいなくなってた事は事実なんですか…!
    なんだか鳥肌たった、しかも130人も…

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん
    だよね……。
    日本でも神隠しとかいって、子どもがいなくなることもあったらしいけど、130人とは尋常でない数で……。
    子どもたちがいなくなった通りは、舞踊禁止だったか音楽禁止だったか忘れちゃったけど、そんな歌舞音曲禁止通り、みたいな名前がついているってことだよ。

コメントを残す