製品作りで出るゴミをコンポストに まるごといちご粒入りヨーグルト「オハヨー乳業」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

121202yogu

 

 

 入っていなかったような気も……

名前の「まるごといちご」は見つからなかったのは
私がぼんやりしていたからかな?

 

でも、もし入っていなかったとしたら、その方が
珍しいようなのである意味「当たり!」ってことで……。

 

そんな「当たり」のヨーグルトを私にプレゼントしてくれた
オハヨー乳業のちょっと素敵な取り組みを御紹介しましょう。

 

 

 

製品はつくらない工場

関東にあるオハヨー乳業の工場には「
コンポスト工場」と呼ばれる工場があるそうです。

 

これは1999年にできたそうですが、オハヨー乳業の
製品を作っている工場ではありません。

 

それでは何の工場かといいますと、コンポスト(堆肥)
を作る工場なんです(そのまんまですが)。

 

 

 

製品を作る過程でできるゴミをコンポストに

オハヨー乳業の製品を作る過程では、どうしても
卵の殻やコーヒーかすなど、ゴミが出てしまいます。

 

それを単にゴミとして廃棄するのではなく
堆肥、コンポストにするための工場なのだそう。

 

「捨てればゴミ 活かせば資源」という言葉があります
けれど、まさにそれを地でいっているのですね。

 

 

 

安全なコンポスト

またこの堆肥(コンポスト)は牛乳や卵の殻等から
作られていますので、とても安全な堆肥(コンポスト)
でもあります。

 

こうして出来た堆肥(コンポスト)は、オハヨー乳業の
工場の近くにあるゴルフ場等で使用されたりしています。

 

また、イベント時には一般のお客様にも配布したりしてくれるそう。
いい取り組みですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す