3種の木の実タルト「プレシア」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130215taruto

 

 

「3種の木の実タルト」

3種とはアーモンド、カシューナッツ、かぼちゃのタネ。

 

アンデルセンで買いましたが
つくっているのは「プレシア」という会社です。

 

賞味期限はそんなに長くありません。
長い方が便利かもしれませんが、あまり長くない方が
信頼ができるかな。

 

 

130522mitinohana

 

 

 

再び「プレシア」

作っている「プレシア」という会社は
以前、紹介した「『苺プリン』プレシア」のプレシア。

 

「プレシア」のサイトは変わったのかな?

 

御子息を亡くされたという社長の言葉も
以前と同じ内容ではあるのですが。
第一、社長の写真があったでしょうか?

 

でも、この社長の笑顔とってもいいですね。

 

 

130617barahikawa370

 

 

 

競合会社も含めて……

今日は前回紹介した「苺プリン」の時に
書いたものの続きを、ちょっとだけ紹介。

 

(仲間と起こした会社が急成長を続け、傲慢になっていた矢先、
息子を交通事故でなくし、今までの自分が間違っていたことを
思い知らされ2度と会社経営はしないと思っていた)

 

というところまでが、前回紹介したものです。

 

そんな「プレシア」の社長は今から12年前、
甥にまかせていた会社を引き継ぎ
一から「プレシア」という社名で再出発します。

 

過去の失敗は二度と繰り返さない、人の役に立ち、
人に感動を与えるような会社にしたいとの願いを込めて。

 

自分だけが偉くなり、自分の会社だけが儲かればよい、
などという傲慢さはすてて、取引先や競合会社も含めて
共に力を合わせて社会の役にたっていける企業を目指したい。

 

同じ考えにたつ仲間と幸せな生活を一諸におくれるような
会社にするため努力は惜しまないつもりでいます。
というような内容でした。

 

 

130728akasaka7tyoume370

 

 

 

苦しみを乗り越えた人の心のあり方

「自分の会社だけではなくて、競合会社までも含めて
共に力を合わせて社会の役に立っていける企業を目指す」

 

という部分に私は感動を覚えました。
理想論と言われてしまうかもしれません。

 

ですが、御子息の死という筆舌に尽くしがたい苦しみを
経験された方が、たどり着いた心のあり方には
単なる「きれいごと」ではない重みが感じられます。

 

人の一生、苦しいこと、辛いことがない方がいい
とは誰でもが思うでしょう。

 

しかし、一方ではもしかしたら、それらの辛苦を
経験した後でなければ本当の喜び、幸せを感じることは
できないのかもしれない、とも。

 

 

140202nanohana

 

 

 

「理想」を語って

政治家も含めて、「理想」を掲げなくて
一体何を目標とするのでしょうか。

 

今、日本は参議院選挙を目前に控えています。
「理想」に一歩でも、半歩でも近づくことのできる
選挙結果であってほしいですね。

 

(「プレシア」がでてくると、何故が
まじめバージョンになってしまうのでありました)

 




スポンサードリンク



コメントを残す