よもぎおはぎ 株式会社「ゆのたに」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130104yomogiohagi

 

 

「よもぎおはぎ」って?

今日、御紹介するものは「よもぎおはぎ」です。

 

よもぎ餅、よもぎ大福などは食べたことがありますが
「よもぎおはぎ」は私は初めて見たような気がします。

 

作っている「株式会社 ゆのたに」は、新潟県魚沼産の
こしひかりでつくるおむすび等を販売する会社だそうです。

 

この「よもぎおはぎ」に使っているお米も
もちろん魚沼産のお米。
あんは、十勝のあずきでつくられています。

 

 

 

「御飯」と「あん」が逆なような気も

この「よもぎおはぎ」を見た時は、一瞬「?」と。
おはぎって、中が御飯でまわりがあんこじゃなかった?

 

でもそのように作ると、よもぎのきれいな緑色が
中に隠れてしまうので、このように反対にして
作っているのでしょうか?

 

調べてみましたら、ありました。
私が思っていた「よもぎおはぎ」。

 

中がよもぎを混ぜた餅米がはいっていて
まわりはあんこという「よもぎおはぎ」が。

 

 

images

 

 

でも、まわりはあんこという、このタイプは
「よもぎおはぎ」としては、ごくごく少数派でした。

 

ほとんどのものが、今日の「よもぎおはぎ」のように
まわりがよもぎ色(よもぎ)で、中があんこ。

 

 

 

主役の一方の「よもぎ」ですが

さてさて、まわりがよもぎか、中がよもぎかの
違いはありますが、「よもぎおはぎ」を作るには
「よもぎ」をかかすことはできません。

 

みどり色のやわらかい葉っぱの「よもぎ」
これはもう普通に、あちらこちらに生えていますよね。

 

 

yomogi300         よもぎ(写真/「季節の花300」

 

 

と簡単に言ってしまいましたが、あくまでも
関東、東京近辺のことです。

 

自分の暮らしている所には普通にあるものでも
少し離れた地方ではあまりみないということが、結構ありますから。

 

「よもぎは」は私個人の感覚としては、探そうと思えば
すぐ見つかる雑草のような(雑草、ごめん)植物という感じ。

 

ただ、こちらは東京からたいして離れていない
市川市の万葉植物園という場所にある「よもぎ」なのですが……。

 

 

yomogi

高さが1メートルもあるよもぎ
市川「万葉植物園」(写真/「季節の花300」

 

 

すごいですね、高さが1メートルもあるそうです。

 

私は「よもぎ」といえば、地上から10センチ以内に生えている
ものしか見たことがありませんので驚きました。

 

 

 

「よもぎ」ペーストも

そしてこの「よもぎおはぎ」の材料として使われる
「よもぎ」には、色々な形態のものが使われているようです。

 

一番オーソドックスなのは
生のよもぎを茹でてから、すりこぎでするというもの。
これが一番、想像できますね。

 

それ以外には、生のよもぎを茹でて冷凍していたものを
解凍してからキッチンばさみで切ったあとに
すりこぎですり潰す方法。

 

また、生のよもぎではなく、粉末の「乾燥よもぎ粉」
といったものも市販されているそうです。

 

まあ、この「乾燥よもぎ」というものはあるだろうと
想像がつくのですが、驚いたのは「よもぎペースト」。

 

「よもぎペースト」なるものがあるとは、おどろき〜。

 

今回、私は初めて見たのではないかと思われる
「よもぎおはぎ」なるものが、結構ポピュラーな
食べ物であることにもちょっと驚きました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

CAPTCHA