カフェ・ラントマン 「人と飲物…」ドイツ文化会館 2 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150528coffee

 

 

ウィーンで一番エレガントなカフェ

前回は、イタリアはロンバルディア州のフランチャコルタで
造られたおいしいスパークリングワインを御紹介しましたので
今日はその次に頂いたはコーヒーを御覧に入れましょう。

 

このポスターの右下の方にある、緑色のイタリアの上に位置する
臙脂色(?)がオーストリアです。

 

 

theartofdrinking

 

 

オーストリアに添えられている写真は
「カフェ・ラントマン」のお店でお仕事をしていらっしゃる
CEOのべルント・クヴェアフェルト(Berndt  Querfeld)さん。

 

ウィーンで最もエレガントなカフェと称される
「カフェ・ラントマン」の創業は1873年、老舗中の老舗です。

 

 

140920ritcarltoncafe

 

 

 

「カフェ・ラントマン」表参道店

そのウィーンの老舗「カフェ・ラントマン」の海外1号店は
赤坂のお隣の表参道にあります。
(〒107-0061  東京都港区北青山3丁目11-7  Aoビル4F
tel.03-3498-2061)

 

ウィーンの「カフェ・ラントマン(Café Landtmann)」の
創業は1873年でしたが、海外1同店である表参道のお店は
2009年にオープン。

 

表参道の「カフェ・ラントマン」の入っているビル「Aoビル」が
2009年3月に出来た時に同時にオープンしています。

 

 

blog_import_51535fbe9e5dd      こちらは日本橋「三越」の「カフェ・ウェーン」

 

 

 

ウィーンのカフェは文化的機関

ベルント・クヴェアフェルトさんは東京がお好きだということで
表参道の「カフェ・ラントマン」を度々訪れているそうです。

 

ウィーンの「カフェ・ラントマン」は
彼のお母様が毎日いらしゃるととか。

 

ベルント・クヴェアフェルトさんは今回のシンポジウムにも
参加されましたが彼は、カフェを持つのは素敵ですよと
お仕事を楽しんでいらっしゃる様子がうかがえました。

 

確かにウィーンのカフェというのは、コーヒーを飲む場所に
とどまらずに、それ以上の意味を持つ場所でもあるようです。

 

そこに集う人々がカフェを楽しむのはもちろんのことですが
カフェで働く人々もまた、自分のお仕事に
特別な誇りを持っていらっしゃるのでしょう。

 

 

150528coffee

 

 

 

「Ao」は「青」と「会おう」の意

今回、私が頂いたのはラントマンブレンドですが
写真はちょっと飲んでしまった後のものです、ごめんなさい。

 

量も少なく美しさにもかけますが、それらは全て私のせいで
「カフェ・ラントマン」のせいではありませんので、念のため。

 

ちなみに「カフェ・ラントマン」が入っている表参道のビルですが
「Aoビル」の読み方は、「アオビル」だそう。
「青山」の「青」と、「会おう」の「あお」を表しているとのことです。

 

今度は、表参道は青山の「カフェ・ラントマン」で
このコーヒーとまた会いましょう。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください