挨拶の方法を考え出したうさぎ うさぎからのメッセージ3 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

161202shouji

 

 

(今日も前回の続きです。)

 

障子の桟をかじっちゃお〜かなぁ

その当時のうちの畳は、もう随分古くなっていました
ので、正直なところ、ももちにかじられてもいいかなぁ
という感じだったのですが、障子の桟をかじられるのは
ちょっと困ると思っていました。

 

幸いなことにももちは、障子の桟に対しては
あまり興味は示しませんでした。

 

ところがある日のこと、私がフッと和室に目をやると
ももちが障子のそばに行き、桟をかじろうと
するかのように、頭を少し曲げたのです。

 

思わず私は「ももち、それはダメよ!」
と焦りながら言いました。

 

 

121022usaki「うさぎの切手」の絵
東京ミッドタウンの郵便局

 

 

するとももちは私を見て、ニッと笑うような
表情をしたあと、スキップのような足取りで
障子のそばから離れたのです。

 

そんなことがもう1度あったように思います。
最初は意味がわからなかったのですが
これは、ももちが私をからかっていたのです。

 

障子の桟を本気でかじろうと思うならば
私がいない時に、ももちはいくらでもかじる
ことが出来るのに、それは全くしませんでした。

 

 

140510nienkitteこちらは本当のうさぎの切手

 

 

 

そして私が焦って「ダメよ!」といった時のももちの
表情も、怒られた時のそれとは全く違ってちょっと
得意そうな感じで、まさに面白がっていました。

 

ちなみに、ダメよと言われるようなことを本当に
している時に私が近づくと、ももちはクルッと
跳ねながら私の方を向き、いかにも
何もしていないよ、という振りをしたものです。

 

 

 

ペロペロ以外の挨拶を考えだす

そんなももちがうちに来て、まだ
そう月日が経っていない時のこと。

 

「ももち〜!」と言いながら、ももちの顔の前に
私の顔を近づけると、ももちは私の顔をペロペロ
となめ、返事をしてくれていました。

 

 

 

 

その度に私は「ももち、顔はなめちゃだめ〜!」
と言い続けていると、そのうちにももちは
私の顔をペロペロしなくなりました。

 

ももちは考えたのでしょう。
顔ペロペロは好きじゃないみたい、ならば
どんな風にしたらいいのかなぁ、と。

 

そして顔ペロペロの代わりに、今度は私の顔近くに
ある髪の毛を、すう〜っと口で優しくなぞる
ような仕草に、挨拶(お返事)を変更したのです。

 

 

 

 

私の髪の毛を、すう〜っとする時は
決して髪を引っ張るようなことはせず
痛くないように口でなぞるだけです。

 

これは今、考えてみますと、人間が手で相手の
頭(髪の毛)を優しく撫でることと同じですね。

 

私がももちの前で「ももち〜!」と声をかけ、互いの顔と
顔を見合った挨拶の仕草として、私が好きでは
ないペロペロ以外の方法を考えただしたのです。

 

このようなことを考えだすなんて
何と賢い子なのでしょう!
と驚いたものです(←親ばかです、ハイ)。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください