ラベンダーエッセンス 石けん「TILLRY(ティリー)」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

オーストラリアの老舗石けんブランド「TILLRY」

少し前にお友達からオーストラリアの
石けんを頂きました。

 

ピンク色とパープルの美しい石けんで
「TILLRY AUSTRALIA」とと記されていて
とても香りの高いもの。

 

この石けんを作っている「TILLRY(ティリー)」は
1865年、アーサー・ティリーが石鹸や香水を使った
製品を作るために起こしたコスメティックブランドで
160年以上の伝統を誇るオーストラリアのメーカーです。

 

 

 

 

ピンク色の石けんには「ブラックボーイローズソープ」。
ブラックボーイローズというバラの花びらが
練り込まれているようで、原料はヤシや
ココナッツオイル、シアバターと天然ビタミンEなど。

 

 

 

「タスマニアラベンダーソープ」

パープルの方は「タスマニアラベンダーソープ」。
タスマニアラベンダーのリッチで
魅惑的な甘い芳香が漂います。

 

リラックス効果といえば、まず最初にラベンダーの
名前があがる、というよりアロマテラピーといえば
まずラベンダーというくらい、ラベンダーは
超有名なエッセンシャルオイルですね。

 

ではありますが実は私は、ラベンダーの色は
大好きなのですが、香りはちょっと苦手でした。
ところがこの石けんは、不思議なことに平気です。

 

 

 

 

 

有名なのはタスマニアデビルだけじゃないよ

その理由はもしかしたら、このティリーの
石けんが使用しているものが、タスマニア
ラベンダーだからなのかもしれません。

 

ラベンダーも産地によって
かなり香りの違いがあるそうです。

 

もっともこれは石けんで、エッセンシャルオイル
そのものではありませんから、石けんから
発する香りとエッセンシャルオイルが
厳密に同じとはいえないと思いますが。

 

 

オーストラリアのウォーンバットとタスマニアデビル
ぬいぐるみ「ハンサ」東京ミッドタウン

 

 

タスマニアと聞いて私がまず真っ先に思い浮かぶ
のは、今まではタスマニアデビルだったのですが
タスマニアラベンダーも有名だそうです。

 

紫のラベンダーが一面に広がる夏の風景は
タスマニアの風物詩なのだとか。

 

特に、オーストラリアの北のロンセストンの近く
ナボーラにある、ブライドストー・ラベンダー
ファームの広さは、なんと44ヘクタール。
世界一の規模を誇るファームといわれています。

 

 

ラベンダーの花

 

 

それは単に広さだけではなく
このファームのラベンダーの純粋性、
オイルの香りや鎮静効果の優秀性もまた同様です。

 

1921年にロンドンの調香師・デニー一家が、本場フランス
アルプスに起源をもつ、真正ラベンダーの種子
「Lavandula angustifolia」をつかって栽培を始めた場所は
現在ファームがあるナボーラの北部、リリーデールでした。

 

デニーは品種改良とともに、純粋性を保つことにも
努めましたが、品種間の交配が進みやすいラベンダー
の純粋性を保つには難しいと考え、現在のナボーラに
移動し、90年以上の月日を重ねているのです。

 

フランスのアルプス地方からは地理的に、はるかに離れた
タスマニアの地とはいえ、人々の努力によって、真正
ラベンダーの純粋性においては、全く遜色なく保たれて
いるため、タスマニアラベンダーは高品質なのですね。

 

 

 

 

 

虫除けのための成分「カンファー」

ラベンダーは標高の高いところで出来た
ものの方が、低い方でできたものよりも
香りが良くなるといわれています。

 

その理由は、標高の高いところの方が
害虫が少ないからです。

 

害虫を寄せつけないようにするため、ラベンダーは
カンファーという成分を作りだしていますが、その
含有量は生育した場所により、1パーセントだったり、
15パーセントだったりとさまざま。

 

私は多分、ラベンダーに含まれている、この
カンファーの成分が苦手だったと思われます。

 

 


 

 

 

カンファーはクスノキ・樟脳の香り

とはいえ「カンファー=良くない香り」
というわけではありません。

 

カンファーは「クスノキ(樟木)」の成分でもある
衣類の虫除けなどに使う樟脳(しょうのう)の香りです。

 

(この「クスノキ」は漢字では
「樟木」と「楠」の2つがあります。
「楠」と書くと本来は別の木である
「タブノキ」を指すということです)

 

 

 

 

このちょっとツンとするカンファーを、好ましいと
思う人も少なくありませんし、また同一人物で
あっても体調や時によっては、同じ香りを好ましく
感じたりそうでなく思う時もありますからね。

 

ちなみに、樟脳のツンとする香りといって、
多くの人が思い浮かべるのは、実際は樟脳
ではなくナフタリンの香りだそうですよ。

 

カンファーの香りには刺激性がある一方、鎮静、
リラックスの効果もあるとされ、神経過敏や
興奮状態を沈めてくれる働きもあります。

 

また、落ち込んでいる時にシャキッと
させてくれる効果もあるとか。

 

 

 

 

 

環境によって遺伝子を変化させるラベンダー

フランスのアルプス地方が原産地のラベンダーは
ギリシャ時代から栽培されていた植物で
タネから育つ実生植物です。

 

実生植物は環境の影響を受けやすいために、世代を
経るにしたがって遺伝子(DNA)が変化します。

 

もとは同じ品種だったとしても、生育場所に
よっては、カンファーを多く含むラベンダー
になったり。そうでなかったりするのですね。

 

香りの違いはカンファーの含有率の違いだけでは
ありませんが、日本で最も多く流通しているフランスの
ものでも、フランス産ラベンダーと一口に括れないほど
香りに違いがあるのは容易に想像ができるところ。

 

 

ルネ・ラリックの香水瓶「シダ」

 

 

 

国別ラベンダーの香りの違い

《フランス産》

シンプルで純粋な香り。
特に高地で生育したものはカンファーも
少なく、優しく甘い香りがします。

 

フランス産でも「スパイクラベンダー」と
記載されたものは、低地で生育した
ラベンダーで、少々きつい感じもあります。

 

スパイクラベンダーの、カンファー
含有率は、15パーセントほど。

 

ラベンダーには多くの種類があり「スパイクラベンダー」
はラベンダーの亜種の1つで、これ以外には
「ラバンディン」などがあります。

 

それらを区別するために、いわゆるラベンダーを
「真正ラベンダー」と呼ぶこともあり
「Lavandula officinalis」「L.angustifolia, L.vera」
と記載されているものは、真正ラベンダーです。

 

 

 

 

《ブルガリア産》

ブルガリアではラベンダーを栽培する土地は
標高が高いためカンファーは少なく、フランス産
より柔らかい、すっきりとした美しい香りが特徴。

 

ラベンダー栽培にはブルガリアが
最も適しているという人さえいます。

 

 

《タスマニア産》

柔らかで高貴な香り。
タスマニアは、日本のラベンダー産地として有名な
北海道と似ている土地といわれ、苗が越冬する
ことによりしっかりした香りになるそうです。

 

カンファーは少なく、「リナロール」と呼ばれる
フローラル系の香り成分を多く含むため
華やかな香りが楽しめます。

 

 

 

 

 

ラベンダーは火傷にも効果がある!

アロマテラピーという名前の命名者ともいわれる
フランスの調香師であり化学者でもあったルネ・
モーリス・ガットフォセ(1881〜1950年)
のこんな有名なお話があります。

 

彼が実験をしていて手に火傷を負ってしまった時、
そばにあったラベンダーオイルの容器に手を入れた
ところ、痛みが消え傷跡も残らなかったというもの
で、様々な場所で喧伝されているものです。

 

 

 

 

ところが実際の事故はもっと大変なものだったとか。
実験室の爆発事故により引火された物質を浴びた
ガットフォセは、芝生の上を転がって消火。
その後、両手は急速にガス壊疽で覆われてしまいます。

 

ガス壊疽とは、傷口から細菌が入って
筋肉が壊死する致死性の疾患。

 

その大変なガス壊疽が、ラベンダーエッセンスで
一度洗浄しただけで、食い止めることができた
というのが、実際の体験だったそうです。

 

 

 

 

 

ラベンダーエッセンスで洗うだけ

ラベンダーエッセンスがガス壊疽にだけ効果があって
火傷やその他の傷には効果がないというわけではないので
「伝説」の内容が間違っているというわけではありません。

 

ですが、大抵のこの類の話は事実より、広まった話の方が
尾ひれがついて膨らんでいるというように思われますが
逆なのも面白いですね。
実際に負った傷の方がはるかにひどいように思えますから。

 

それが、たった一度のラベンダーエッセンスの洗浄でよく
なったとは、本当に驚くべきことですが、ラベンダー
エッセンスを洗浄に使うのは、ガットフォセが考えだ
したことではなく、昔から行われていたことでした。

 

 

 

 

 

語源は「(洗う)ラワーレ」から?

ラベンダーの語源と思われている言葉は
いくつかあるようですが、その一つはラテン語の
「ラワーレ(洗う)」からきたというものです。

 

これは古代ローマの人々が、消毒作用、
傷の洗浄および普段の沐浴時にも、浴槽に
ラベンダーを入れていたことによります。

 

それほどラベンダーで洗うということは
普通のことだったわけですね。

 

 

 

 

ちなみにもう一つは、花の色を表す「Liveo
(青みがかった鉛色)」という言葉からきたとも
いわれていますが、いずれにせよラベンダーを直に
肌につけることが火傷に効くということは事実のよう。

 

よくエッセンシャルオイルは
肌に直につけないようにといわれますが。

 

わっ〜、試してみたい、という好奇心がむくむく
湧いてきて、なにやら火傷をするのを待ち望んで
いるかのような気分にもなっている今日この頃です。

 

スポンサードリンク




プルーストさんもお気に入り、マドレーヌさんが作った「マドレーヌ」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140828finabshe

 

 

卵:バター:砂糖:小麦  1:1:1:1

東京ミッドタウンにあるディーン&デルーカ
で買った「マドレーヌ」です。

 

原材料名は
卵、バター、砂糖、小麦粉、
アーモンドプードル、はちみつ、香料、膨張剤。

 

「マドレーヌ」の材料は、おおざっぱに言って
しまうと、原材料名の最初の4つ「卵」
「バター」「砂糖」「小麦粉」が同量で、
それにベーキングパウダー等を加えたものです。

 

それにレモンの表皮をすりおろしたり、
バニラエッセンスやブランデーを加えたり、
アレンジとしてチョコチップ等を
入れることもありますね。

 

今日のディーン&デルーカの「マドレーヌ」は
基本的な「マドレーヌ」です。

 

 

121022hosi2

 

 

 

マドレーヌさんが作ったお菓子

マドレーヌいうフランスの女性の名前がついている
理由は、この焼き菓子を最初に作ったのが、マドレーヌ
という名前の女性だったからといわれています。

 

ただし「マドレーヌ」を考案したといわれている
マドレーヌさんは一人ではなく、何人かいるよう。

 

ということは焼き菓子の「マドレーヌ」
の発祥については、はっきりとしたことは
わからないということです。

 

 

141209rosenthalmagicfluteteacup

 

 

 

マドレーヌ・ポルミエ説

1755年、フランスのロレーヌ公・スタニスラス
のために、マドレーヌ・ポルミエが
作ったといわれている説があります。

 

マドレーヌ・ボルミエはスタニスラスの館で
召使いとして働いていました。

 

ところが、その館のパティシエと料理長が
喧嘩をして(!)出て行ってしまったために
彼女が急遽、作ったお菓子が「マドレーヌ」
だったというわけ。

 

彼女は台所にあった材料を
ホタテガイの貝殻で焼きました。
このお菓子は、彼女がおばあちゃん
から教えてもらったもの。

 

マドレーヌ・ボルミエは、フランスの
コメルシー出身の女性ですが、コメルシーでは
お菓子の「メドレーヌ」が、現在でも
名物として売られているそうです。

 

 

commercy  の位置がコメルシー(Commercy)

 

 

 

マドレーヌ・シナモン、他

次は、マドレーヌ・シナモン説です。
こちらは1661年といいますので
ロレーヌの「マドレーヌ」発祥説より
約100年ほど前のことになりますね。

 

枢機卿のポール・ドゥ・グロンディが
お抱え料理人、マドレーヌ・シナモンに
作らせたお菓子が「マドレーヌ」。

 

この他には、スペインのサンティアゴ・デ・
コンポステーラへの巡礼のために、マドレーヌ
という女性が作ったという説もあるようです。

 

「マドレーヌ」は丸い形のものもありますが
なんといっても、やはりホタテガイの
かたちが特徴的でかわいいです。

 

今日の記事を書いて初めて知りましたが、本物の
ホタテガイを使って「マドレーヌ」を焼いたのですね。
びっくり!

 

 

140828finabshe

 

 

 

「マドレーヌ」といえば『失われた時を求めて』

そしてもう一つ、「マドレーヌ」といって忘れて
ならないのは、マルセル・プルーストの『失われた
時を求めて(A la Recherche du Temps Perdu)』
という超々長編小説。

 

紅茶に浸したマドレーヌをスプーンで口元に
運んだ主人公の脳裏に、鮮やかに浮かんだ
幼い頃の思い出、そこから物語は始まります。

 

たしかにものと場所は異なっても
このような経験は、誰にでもあることでしょう。

 

 

130823rosenthalteapot

 

 

 

キンモクセイが連れて行ってくれる幼い日

例えば私は、キンモクセイの香りを嗅ぐと
小学生のある日、放課後に野原に
友だちと行ったことを思い出します。

 

その日が特別な日だったわけでも
特に嬉しいとか悲しいとかの思い出に残る
感情が伴っているわけでもありません。

 

一緒に行った友だちが、誰だったかすら覚えて
いないというのに、キンモクセイの香りは
いつも決まって「その時」に私を運ぶのです。

 

 

130430tokyomidtownkinmokuseiキンモクセイの花(東京ミッドタウン)

 

 

 

大脳新皮質にダイレクトに

それは、キンモクセイの花を見たから「あの時」を
思い出したというのではなく、キンモクセイがあるのを
知らなかったとしても同様の結果をもたらします。

 

嗅覚は他の視覚や聴覚等と違い、香りを嗅いだ時
に鼻の粘膜から、脳に直接に働きかけるので
そのような現象が起こるのだそうです。

 

嗅覚以外の嗅覚以外の感覚からの情報は、
まず「大脳新皮質」にいき、
その後に「大脳辺縁系」に届きますが、

 

嗅覚だけはその情報が「大脳新皮質」を通さずに
直接「大脳辺縁系」に送られます。

 

 

kyukaku(イラスト/「健康管理情報」

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
嗅覚以外 → 「大脳新皮質」「大脳辺縁系」
嗅覚   → 「大脳辺縁系」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

このイラストでは「大脳辺縁系」を「古い脳」と
表記してありますが、大脳辺縁系は喜怒哀楽の
情動の表出や、食欲等の本能、睡眠や夢などに
関連し原始的な部分を司っているものです。

 

「大脳新皮質」の「新しい脳」の意味は
進化的に新しい部分の意味。

 

大脳新皮質は、合理的、分析的な考えや創造性、
意欲、長期的な記憶、言語機能を司るものですので
下等生物より高等生物の方が大きいよう。

 

 

140828fenanshe

 

 

 

「プルースト効果」

『失われた時を求めて』では「マドレーヌ」の
香りが過去の記憶を引き起こしますが、このような
心理現象を「プルースト効果」と呼びます。

 

ところで「マドレーヌ」で有名な(って、逆ですが!)
20世紀を代表するフランスの作家、マルセル・
プルーストの『失われた時を求めて』を
私は数十年前に読んだ記憶があります。

 

 

rosenthamagicflute140602teacup

 

 

ちなみにマルセル・プルーストの名前ですが
ヴァランタン=ルイ=ジョルジュ=ウジェーヌ=
マルセル・プルースト(フランス語では、
Valentin Louis Georges Eugène Marcel Proust)
という長いものだそうです。

 

私は長い名前のプルーストさんが書いた長い小説
『失われた時を求めて』を読んだことは読んだのですが
残念ながらあまり覚えていなくて……。

 

覚えていることは、ただ、ただ長い!、
という情けない感想のみです。

 

スポンサードリンク




ミョウガタケ「ビックリ屋」麻布十番

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140409myougadakeendou

 

 

「ミョウガタケ」はミョウガの親 

麻布十番のびっくり屋で「ミョウガタケ」を買いました。
見た瞬間、最初に思ったのは葉付き
新ショウガの茎の部分なのかな?

 

と思ったのですが、違いますよね。
かんじんのショウガがついていませんし。

 

お店の人が「ミョウガタケ」という
名前を教えてくれました。
「ミョウガタケ」という名前は
初めて聞いたような気がします。

 

 

140808shouga新ショウガ

 

 

なにやらわかったようなわからないような気がしたので
調べてみましたら、「ミョウガタケ」というのは
いわゆるミョウガの親に当たるものだそうです。

 

次の写真のミョウガも以前、麻布十番の「びっくり屋」で
買ったものですが、ミョウガは花のつぼみのようなもので
「花ミョウガ」ともいわれています。

 

 

こちらは「ミョウガタケ」の子どものミョウガ

 

 

それに対して今日の「ミョウガタケ」は
地下に地下茎を伸ばして広がります。

 

地上に出ている部分は葉がついてまるで茎のように
見えますがこれは茎ではなく、偽茎と呼ばれるもの。

 

 

 

ショウガ科ショウガ属

確かに「ショウガ」と「ミョウガ」は名前も
似ていますし、こうして見てみると色も似ていますね。
もちろん「ミョウガ」はショウガ科のショウガ属の野菜。

 

この「ミョウガタケ」は、次の写真の
ような芽が出てきます。

 

「ミョウガタケ」の芽の根元には、モミガラを
積み上げるようにして、日の光が当たらないよう
にしているのですが、おわかりでしょうか?

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAミョウガタケの芽(写真/「JAみなみ信州」)

 

 

白い部分を多く育てるためだなのだとか。
ホワイトアスパラガスみたいですね。

 

信州の下伊那地方では、白くした「ミョウガタケ」も
みどり色の「ミョウガタケ」も、両方食する
ということでこれもまた、アスパラガスと同様。

 

 

130702howaitoasuparagasupotこちらはどこで買ったか忘れてしまった
ホワイトアスパラガス

 

 

 

栽培に手間がかかる「ミョウガタケ」

先ほどのモミガラを被せた写真を見るだけでも
伝わってきますが、「ミョウガタケ」の栽培は
とても手間がかかるそうです。

 

露地栽培で根株を大きくしてから室に植えかえ
をして、収穫までに1年半もかかるといいます。

 

また、写真でおわかりのように
「ミョウガタケ」の色は全くの白ではなく
ほんのりと紅色がついていますね。

 

この色を付けるには、一時的に2回ほど日の光を当て
ますが、それでも色がつかないものもあるそうで、その
ようなものは価値が下がってしまうということです。

 

 

140921asuparagasugoya東京ミッドタウンのプレッセ
プレミアムで買ったアスパラガス

 

 

 

「見た目」にこだわり過ぎでは?

うっすらと赤く色がついた「ミョウガタケ」は、白い
ものとは味が違って、一層おいしいものなのでしょうか?
そうであるならば、それなりに納得もできます。

 

ですが、もしそれが単に見た目だけのことであるなら
ば、少々違和感を覚えるというのが正直なところ。

 

私は、日本の果物や野菜は「きれい過ぎる」
のではないかと常々思っていますので。

 

 

130702howaitoasuparaホワイトアスパラガス

 

 

きれいであって別に文句はないのですが、「きれい」
であるために農薬を使ったり、また必要以上に手を
かけるというのは、私自身はあまり望まないのですが
皆さんはいかがでしょうか。

 

優先順位が違うといったらいいのでしょうか
その部分にあまりにも重きを置き過ぎるのは
私は少し違うような気もします。

 

果物や野菜は、床の間に飾るものほど
きれいでなくてもいいのではないかなぁ。
かたちが整っていなくても、虫が少し食べちゃって
いてもいいよね、という感じです。

 

 

130702howaitoasuparagasuホワイトアスパラガス

 

 

 

それにしては低価格でした

「ミョウガタケ」の収穫は、室の中に中腰の
姿勢で入り、膝をついて刈り取らなければ
ならない等、体に負担がかかる作業だそうです。

 

と聞きますと、本当に感謝して
頂かなくてはという気がしますね。

 

はっきりと覚えてはいないのですが
この「ミョウガタケ」お値段は
かなり安かったような気がするのですが……。

 

 

あまり関係ないけど、カイワレ大根

 

 

 

どんなお仕事でも大変なことにかわりはありませんが
作物を育てることは時間もかかり天候に左右され
不作ということも充分、起こりえることです。

 

あるいは逆に、あり余るほどの収穫で
廃棄処分をするという、言葉を失うような
無惨なニュースを聞くこともあります。

 

農作物を育てるということは
本当に大変なことなのですね。

 

 

140409myougadake-376x299ミョウガタケ

 

 

 

 「ミョウガタケ」を栽培しているのは日本だけ

「ミョウガタケ」は東南アジアが原産とされていて
本州から沖縄までの日本各地に自生しているそうです。
なんと野菜として栽培しているのは日本だけだそう。

 

また日本でも全国で作っているわけではなく
一番有名なのが宮城県、それから京都、群馬という
ように、ごく限られた場所で栽培されるのみのようです。

 

高知県では「ミョウガタケ」をハウス栽培で作って
いるので、一年を通して手に入れることができますが
通常ですと6月から10月位が旬です。

 

 


140409myougadakeendouミョウガダケ

 

 

夏にとれるものは「夏ミョウガ」、
秋のものは「秋ミョウガ」と呼ばれて親しまれて
いますが、あえて言えば「秋ミョウガ」
の方がふっくら大きめのよう。

 

ミョウガに比べますと水分が多く
繊維が少ないのが特徴で
香りも「ミョウガタケ」のほうがソフトです。

 

 

 

「ミョウガタケ」は既に3世紀にはあった!

「ミョウガタケ」のように、香りとさっぱりした
歯触りを楽しむ野菜には、あまり栄養分などと
いうこととは結びつかないような気がして
いましたが、そうでもないようですね。

 

 

 

 

ミョウガや「ミョウガタケ」の独特な香りは
アルファピネンという精油成分によるものだそうです。

 

アルファピネン(α‐ピネン)とは、植物の精油の中に
広く存在していて、テレピン油の主成分をなすもの。
パイン様の特有の好機をもちます。

 

アルファピネンを多く含む精油には
ヒノキ(50〜60%)、サイプレス(45〜55%)、
パイン(25〜50%)ジュニパーベリー(30〜40%)
といったところです。

 

 

ヒノキの葉

 

 

アルファピネンは、発汗、呼吸、血液などの循環に
働きかける作用をするということです。

 

生理痛、生理不順、あるいは更年期障害等
にも効果を発揮するというように、
ただおいしいだけではなかったようです。

 

また「ミョウガタケ」の日本での歴史は古い
ようで、3世紀に書かれた「魏志倭人伝」には
すでに登場しているということです。

 

そんなに長く日本の地で生息してきたおいしい
「ミョウガタケ」を作ってくれた方の御苦労を
感謝しながらおいしく頂きました。
御馳走さま〜!

 

スポンサードリンク