スティーブ・ジョブス御用達和菓子店 赤坂「青墅」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

blog_import_51536251da0fc

 

 

スティーブ・ジョブスを知らなくて

今、すっごいこと知っちゃったんです!

 

2011年10月5日に亡くなった「かじりんご印」でお馴染み
(うそです、私が勝手につけました)の「アップル」の
スティーブ・ジョブスに関することです。

 

私は彼を殆ど知りませんでした。
死の少し前にほんの少し知った程度でした。

 

そして死の報道後、とても後悔しました。
もっと早く彼を知りたかったと、切に思ったのです。

 

 

oyakiakasakaaono131130

 

 

もちろん知っていたからといって
何かが変わったということではありません。
それでも、もっと早く彼を知りたかったと思います。

 

私はパソコンが全く使いこなせません。
しかし、美しさにおいてmacの熱烈なる支持者です。

 

彼について書いたものを読むと、彼が美を追求し、
妥協を許さなかったことがよくわかります。

 

それが時には、周りの人との
軋轢をうんだとしても。

 

あっ、前置きが長過ぎました。
本題に戻りましょう。

 

 

rosenthal131130

 

 

 

スティーブ・ジョブスの求めに
和菓子を送り続けた赤坂「青野」

彼は和食を好んだそうです。
おそばも好きだったとか。

 

和菓子もお好きで、日本から
取り寄せようとしたということです。

 

ですが、彼に和菓子を送ることを承知してくれる
和菓子屋さんがなかったそうです。

 

私が読んだブログによりますと、そのあたりの
ことをこんなふうに記述しています。

 

「当初は、名だたる和菓子屋さんが非協力だったが、
赤坂のと或る和菓子屋さんが商いに応じて、
定期的に種々の和菓子を召し上がっていただいていたそうです」
(「小暮満寿雄 Art Blog」」

 

なぜ多くの和菓子屋さんが、スティープ・ジョブスに
和菓子を送ることに「非協力」だったのか私には理解できませんが。

 

問題は、その「と或る和菓子屋さん」という部分です。
赤坂「青墅」だそうです!

 

 

oyakiakasakaaomo131130

 

 

赤坂「青墅」といえば、私は赤坂ではもちろん、
日本中で一番好きな和菓子屋さんです。
子どもの頃から好きでした。

 

昨日も、上野文化会館での友達の演奏会に
差し入れとして持っていきましたし。

 

「赤坂もち」と「一つぶ(栗まんじゅう)」の詰め合わせを
って、そこまで説明することもないのですが。

 

 

130215ugu500

 

 

 

 「素敵なつながり」をひけらかさない素敵さ

大好きな赤坂「青墅」と、美しさに惹かれたmacの
スティープ・ジョブスが、こんな風に繋がっていたなんて……。

 

スティーブ・ジョブスが「青墅」のお菓子が好きで
注文していた、ということもとても嬉しいこと。

 

ですが、上記のような理由があったと知ると
その嬉しさはひとしおです。

 

しかもです、このお話はお店にとってはとってもよいPRに
なるのでしょうが、それをするのは「利用」するようで……、

 

と躊躇していらっしゃる「青墅」の社長の
ゆかしさも好ましいですね。

 

とにもかくにもスティーブ・ジョブスが
赤坂「青墅」のおいしいお菓子を召し上がっていた
ということを知って、ほっこりとした嬉しさを感じました。

 

 

121230tuba

 

(冒頭の写真は、赤坂「青墅」の震災復興支援たいやき。
売り上げの一部が義援金になります)

 




スポンサードリンク



コメントを残す