クリスマスツリー「赤坂プリンスホテル」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

2010akasakaprincehotelillumination

 

 

赤プリ最後のクリスマスツリー

一年前のことです。
赤坂プリンスホテルで、
クリスマスツリーの点灯式が行われました。

 

ご存知のように赤プリは、
今年の3月いっぱいで営業を終了しています。

 

ですから去年の点灯式は、赤プリ最後の
クリスマスツリー点灯式でしたので行ってみました。

 

説明によりますと、何十メートル(正確には覚えていませんが)
かの巨大ツリーだとういうことです。

 

ニューヨークのロックフェラー・センターのツリーのような
ツリーなのかな?(ワクワクワク)。

 

勿論、ニューヨークのロックフェラー・センターの
ツリーも見たことはないのですけれどね。

 

 

rousokunousagi

 

 

 

たくさんの人でツリーが見えない

当日、私は少し遅れて赤プリに着きました。
沢山の人でした。
最後だから特別なのか、毎年そうだったのがはわかりませんが。

 

プログラムは進行して、ツリーの点灯式が近くなりました。
私はその場所に着いた時から、ツリーを探したのですが、沢山の人の
後ろで、巨大だというツリーの一部さえ見ることができませんでした。

 

そして、いよいよカウントダウンが始まりました。
「……3、2、1」

 

 

141212poinsetia

 

 

 

「え”っ?」

その巨大ツリーは、私の想像していたような
ツリーではありませんでした。

 

実際の巨大なもみの木ではなく、赤プリの建物の窓の色を
赤や緑に点灯することで、木をかたち作り、建物全体で
クリスマスツリーをつくりあげたものだったのです。

 

あ~、人に言わないでよかったなぁ。。(ホッ。)
一瞬、拍子抜けがしたのも事実です。
実際のモミの木ではなく、これだったのだ、と。

 

 

akasakaprincehotel           赤坂プリンスホテル 新館

 

 

 

朝まで続いたリハーサル

でもすぐに昨夜のことがよみがえりました。
冬の夕方5時は、もう暗くなります。

 

あたりが暗くなったと同時に、赤プリの建物にさまざまな光線を当て、
窓の色を瞬時に変えて、点灯式のリハーサルをしていたのです。

 

それは翌朝、夜があけるまで続いていたようでした。
当日のたった数分間のために、長い練習があったのですね。

 

その後、赤プリのメルマガでクリスマスツリーの記事を読みました。
そこには私の予想もしなかったことが書かれていたのです。

 

ツリーをかたち作る赤や緑の窓の色を変えるのは全て手動であり
それらはホテルのスタッフが手でしていたということでした。
私は電動だと思い込んでいましたので,本当に驚きました。

 

 

2010akasakaprincehotelillumination       赤坂プリンスホテルのクリスマスツリー 2010年

 

 

 

今年は、見えない……

人がたくさん来ていた点灯式の日からクリスマスまで、
毎日夕方5時頃になると赤坂プリンスホテルの建物全体で作り出して
いる大きなクリスマスツリーが、毎日あらわれました。

 

それらも全て、スタッフがいろいろな部屋を
駆け回ってつくっていたということです。

 

メルマガには
「この時期は、体のあちこちに傷が出来るんです」
とも書いてありました。

 

今年は、赤坂プリンスホテルの建物自体はまだありますが
あのお茶目なかわいいクリスマスツリーは見えません。

 




スポンサードリンク



コメントを残す