「先生」と「師匠」と「お師匠さん」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rosenthal131130

 

今日から師走です。
昨日までのブログで私は「先生」「師匠」「お師匠さん」と、
はからずも三つの言葉を使いました。

 

皆さんはどのように使い分けていらっしゃるのでしょうか。
先生は一番平易でわかりやすいですね。
「師匠」はともかく、「お師匠さん」を使う人と場面は、
限りなく少なくなっているのかもしれません。

 

私自身の体験からいえば、一番使用する言葉はやはり「先生」です。
学校の先生はもとより、お医者さん、ピアノ、歌その他を
教えてくださる方に対しては「先生」を使うことが多いですね。

 

幼稚園の時から始めた日本舞踊の先生に対しては、
「お師匠さん」でした。

 

これは「おししょうさん(◯◯◯◯◯◯)」あたかも
「おまわりさん」というように一音一音、平らに言うのではありません。

 

「おっしょさん(◯。○◯)」と、「おっ」と「しょさん」の間に
少々の休符が入っているように、ちょっと切って言う言い方です。

 

例えば、「三日間(みっかかん)」とでもいうような感じで
跳ねて言います。

 

あるいはそれとは別に、「おっしょさん」の「っ」がほとんどなく
「おしょさん」と聞こえるような言い方もあります。
(なんか金田一春彦先生みたいになってきましたが)

 

 

oyakiakasakaaono131130

 

私の最初の日本舞踊の先生は、深川にお稽古場があった
女性の先生なのですが、お名前が「藤間蔦次」といいました。

 

音が「つたじ」であることは間違いないのですが、
漢字が「蔦次」であったかは、小さい時の記憶なので
絶対の自信はないのですが、多分この字だったと思います。

 

ちょっと男性的な感じの名前も、そして場所柄もなんとなく粋な
雰囲気で、「お師匠さん」とみんなが言っていました。

 

その後、家が越したことにともなって千葉県の市川真間の先生に
かわることになりました。

 

こちらは男性の「藤間多加志」先生でした。
これも絶対そうだったという記憶はないのですが、
こちらは「お師匠さん」ではなく「多加志先生」と
呼んでいたような気がします。

 

oyakiakasakaaomo131130

 

 

小三治師匠、談志師匠の場合の「師匠」は、
その世界の人間ではない(彼らの弟子ではない)私たち一般人に
とっては、「さん」のような敬称に近いですよね。

 

では「師匠」「お師匠さん」は、日本文化に関する人にだけ
使うものかといえば、そういうわけでもありません。

 

「モーツァルトのお墓」ではM田先生を師匠と呼びましたが、
いわゆる西洋音楽の世界でも、「師匠」という言葉は普通に使います。

 

ただ、小学生が「今日のピアノのレッスン中に師匠に叱られた」
とはあまり言わないでしょうが。

 

「先生」と呼ぶ相手について先ほどは、学校の教師、医師、
習い事の師匠等をあげましたが、議員や弁護士に対して先生と
呼ぶ言い方も、かなり一般的ですね。

 

私自身はあまり好きではないのですが。
ですから私は、尊敬できる議員や弁護士にたいしては「さん」で、
あまりそうではない(?)議員・弁護士には
「先生」と呼ぶようにしています(ぐふふっ)。

 




スポンサードリンク



コメントを残す