ピンクも赤も「バラ色」。。。?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

barahanabira

 

 

「淡いピンク色」も「深紅」も両方ともOK 

バラ色のバラとは、深紅のバラを指すと聞いて驚いた私は
早速調べてみました。

 

すると、結論からいうと淡いピンクも深紅も、
どちらもバラ色といってOKだということでした。

 

 

blog_import_515361b892b1d

 

「ピンク色」派

Yahoo! 知恵袋によりますとピンク派の「miestastani」さんは、

 

「『バラ色』という日本語は、エディット・ピアフが歌った
シャンソンの名曲『バラ色の人生 La vie en rose』
のタイトルとして日本語に入ったフランス語の表現です。

 

フランス語の 『ロゼ』という色は『ピンク』のことです。
ワインのロゼももちろんピンクです。

 

『ロゼ』の語源は『バラ色』ですが、本当のバラが何色か
とは関係なく、フランス語ではピンクを『ロゼ』というのです。

 

日本語で『空色』といえば、灰色の空も夕焼けのオレンジの空も
あるのに、『薄い青』をいうのと同じです。

 

『ねずみ色』も同じです。
白いねずみも茶色のねずみもいますが、『ねずみ色』は
(濃いめの)灰色です。
  『水色』もそう。
『ロゼ』をそのまま『バラ色』と直訳するのは、
日本語の『桃色』を英語で peach color と訳すようなもので
直訳すぎるのですが、『バラ色の人生』の歌をそう翻訳した人は、
『桃色の人生』では日本語としてイメージが違うので、
文学的にわざとそう訳したのだと思います」

 

とおっしゃっています。

 

sandeburantiitigo

 

「赤」派

一方、赤派の「namimakura0115」さんは次のような説明をしています。

 

「西洋の薔薇のような鮮やかな赤のことをいいます。
(略)これは、人類が最初に栽培したとされるバラ、
つまりオフィキナリスにちなんでつけられた色名で、
もともとの日本古来の伝統色ではありません。

 

rose red という言い方は、14世紀から用いられた
といわれます」

 

日本人がバラ色と言われるとまず思いつくのが淡い紅色で、
広辞苑にもそのように書いてあります。

 

ですからバラ色=淡い紅色(rose pink)と言っても
それはそれで正解です。

 

しかし正式にはバラ色と言えばrose redのことで、
鮮やかな赤を指します」

 

130430rosenthalmateki

 

すっきりしませんが……

う~ん、あまり納得という感じでもない、歯切れの悪さを感じます。
白黒つけて、いえピンク赤つけてほしいものですが……。
私としてはバラ色というのはピンクを指すのだけれど、
ピンクといっても幅広いので、例えば濃いローズや、
ヒューシャのピンクなどは、赤に近いから赤も入って
いるのかなあ、という気がします。

 

ただ、バラ色の人生というのが素晴らしい人生という意味で
あることは間違いないのですよね。
バラ色がどちらを指すにせよ、バラ色の人生が送れたらいいですね!

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “ピンクも赤も「バラ色」。。。?

  1. SECRET: 0
    PASS:
    なんと!
    今日、まさにバラ色のほっぺのコアラ切手について書いた所です。
    頬を染めたコアラのイラストを見たマダムが「ロージィーチークだねぇ」と言った事が発端です。
    そうだ、バラにも色んな色がありますもんねぇ。
    ちなみに、コアラはピンクの頬をしていました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    みぎぃさん、コメントありがとうございます。
    コアラ、見てきた!
    そう、コアラってちょっと面白い顔をしているんだよね。
    みぎぃさんの「博士」にも笑ってしまいましたが、そういえばそう。
    バラ色もですが、みぎぃさんの夕焼けと、私の朝焼けと地震雲、とほぼ一緒の時なんですよ。
    おかしいですね。
    で、バラ色の件ですが。。。
    英語がわからないので、ニュアンスがきっと私は理解できていないのでしょうが、ちと気になっています。
    「rose red」なのですが。
    ターコイズブルー(英語で書けなひ。。)の場合、ブルーのターコイズがかった色をいいますよね。
    だから、rose red とは、赤なんだけどバラ色(ピンク)っぽい赤、という意味なのではなかろうかと。
    バラ色が深紅を指すと決まっているものなら、赤の前にローズはいらないような気も。
    それとも英語では、ターコイズブルーというようなブルーの説明としてのターコイズという言い方と同時に、二つ並べた場合、rose = redなのだ、ということもあるのかなぁ。
    正式にバラ色というと「rose red」で鮮やかな赤である、とはどこでいわれているのか、とかとか。。。
    と、ここでこんなに熱く語るほどのことでもないんですが。。。

コメントを残す