梅の香

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

barahanabira

 
先日、バラ色は何色かということを書きましたが
いまいち納得できていません。

 

知っていらっしゃる方は、教えていただけませんか。
よろしくお願いいたします。

 

今日は、花の色ではなく香りのお話です。
花が香るのは、受粉の媒介や、種子を運んでもらう
動物たちに自分の場所を教えるためですね。

 

では、その香りを花はどこから発しているといいますと
花の種類によって異なるそうです。

 

カサブランカなどのユリは
花びらから香りを放散しています。

 

先端よりも付け根の方が強く香り、この付け根部分には
無色透明の蜜があり、この蜜も香っているそうです。

 

 

140222siraume370

 

 

一方ウメは、花びらや蜜からも香りを出しますが
それだけではなくおしべからも強い香りが出ているのです。

 

なぜウメの方が、あらゆる所から香りを出しているのでしょう。
答えは季節です。

 

ユリは7~8月頃に咲き、ウメは今、2月ですね。

 

2月は夏に比べて昆虫が少ないので、できるだけ遠くからも
昆虫を呼び寄せるために、おしべまで動員して強い香りを
出していると考えられているそうですよ。

 

そういえば、香しい梅の香りを詠った、
数々の和歌もありますね。

 

「夜の梅」なんていう虎屋の羊羹もありましたっけね。(!)

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください