ショコラパイ「クレヨンハウス」 表参道

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_515362cf3fec6

 

今日は、ショコラパイ。
私はスポンジケーキよりも「パイ生地」が好きです。

 

というと皆さんは頭の中で、あのパリパリとした
バターが練り込んであって層になっている生地を
思い浮かべたでしょう?

 

それが「パイ生地」だと多くに日本人は思っていますよね。
ところが最近「映画の中のお菓子たち」という吉田菊次郎さん
がお書きになった本の中で、びっくりすることを知りました。

 

ドタバタ喜劇の映画などで「パイ投げ」というようなものを
御覧になったことはありますよね?

 

あれがパイですが、その生地となるものは、
じつはビスケットでもクッキー生地でも、
スポンジケーキの薄切りでも何でもいいのだそうです。

 

ですから、「パイ生地」といった時にあのバターを練り込んで
パリパリと層になった生地を指す、というのは間違いで
正確には「パイ生地」という言葉はないそう。

 

なぜこのような間違いが日本中に流布してしまったかというと
吉田菊次郎さんはこう推察されています。

 

洋菓子が日本に入ってきた明治の初期に,パイの生地を
見た日本人が聞きました。

 

「これはなんですか?」
答える方はお菓子全体を聞かれたのだと思って、
「パイです」
と言ったことから、この間違いが始まってしまったのでは
ないか、と。

 

吉田さんは話すときも書くときも、
いわゆる「パイ生地」のことを、
「折り生地」と言い換えるようにして間違いを
正そうとしていらっしゃるそうです。

 

しかし、
「作る側から一般消費者まで、浸透してしまった
この間違いを正すことはなかなか難しい」
と書いていらっしゃいました。

 

そうだったんですね。
このような間違いというのは、お菓子に限らず他のこと
でもあるのかもしれませんね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください