「誘惑」 「本物」「ニセモノ」5

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

tokyomidtown140103

 

 

お彼岸に

秋のお彼岸ですね。
お彼岸には亡くなった方の供養をしますが、死後のこと、
人の命などに思いを馳せたりもします。

 

今日は、先月に書いた「じゃんけんで勝った方がみかんの皮?」
の三田富子さんのお話を、もう一つ御紹介しましょう。

 

 

blog_import_51536677a6983

 

 

 

「霊感が備わりますよ」

彼女が街を歩いている時のこと、
霊感商法の人が近づいてきました。

 

この商品を手にすると「霊感が備わりますよ」と言って、
彼女を勧誘をしたそうです。

 

その時に、彼女は言います。

 

「霊感なんて持って、何になるんです?
人は人らしく,この目で見える以外のものは見えない方が
良いのです。
未来が見えるなんて不幸なこと」と。

 

 

130617gekkabijin

 

 

見えない方が幸せ

彼女がこう強く言い切ったのは、
実は彼女の母親が霊能者だったからです。

 

彼女の母親は昭和15年に一度死んだ後、
生き返ってから霊感ができたといいます。

 

昭和18年の2月、元気で机の前に座っている
夫を見ると、彼の死が見えました。

 

何度見直しても7月に死ぬと見えてしまうのです。
そして7月、その通りになりました。

 

人は人らしく、この目で見える以外のものは見えない方が
幸せなのだと、その時に身にしみたそうです。

 

 

 

戦後、家族三人一間暮らしの時に

昭和25年、まだ敗戦の爪痕が色濃く残る東京で、彼女は
母と弟の三人で知り合いの家の一間に住んでいました。

 

そこにある日、母親の霊能力を知った
二人の男性が訪れてきました。

 

 

120814hasu

 

 

その日、彼女はどうしても必要というわけではない
リボンを買ってしまったために、
今晩のおかずを買うお金もない有様でした。

 

 

 

新興宗教の教祖に

そんな、母と彼女と弟の三人が住む
知り合いの家の一間に、二人の男性は現れたのです。

 

彼等は、霊能者である彼女の母親に、
新興宗教の教祖になってほしいというのです。

 

「先生には御殿に住んで頂き、お嬢様には緋の袴をはいて
頂いて、月50万円のお小遣いをさしあげます。
こんな生活からぬけられますよ」

 

 

150408kumoakapuri

 

 

 

「今の暮らしが嫌であれば、私は教祖を
引き受けて、この人達と地獄へ堕ちます」

「当時、月給が4千円から5千円だった時代。
すごい誘惑である。

 

懐中に一文もなく、今夜のおかず代を心配している
二十代の娘には、七色に光ることばである」

 

すると彼らの言葉を
終始半眼で聞いていた母親が言います。

 

「あなたたちが、今の暮らしが嫌であれば、私は教祖を
引き受けて、この人達と共に地獄に堕ちます」と。

 

 

130617hasunoha

 

 

 

七色に光る言葉

まず彼女の弟が
「僕は自分の暮らしは自分で働くからやめて下さい」と
言った後、彼女もそれに続きます。

 

その後も二人の男性は、彼女を的にかなりねばったようでした。
東京は空襲で焼け野原となり、知人の家の一間に
親子三人で住みながら、お金も物も充分ではない状態。

 

その上、終戦までには、みかんの皮でもいいから
噛む物が欲しいという窮乏生活が、何年も続いていたのです。

 

そんな時のこれらの言葉は、今の私たちには
想像もできないような誘惑と響いたことでしょう。

 

この章を三田富子さんは「誘惑」とつけていらしたので
そのままいただきました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください