「豆乳ラテ」「豆乳オーレ」という呼び方は間違いでは?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

blog_import_515367cc0684c

 

 

「コーヒー」+「ミルク」 

一昨日の「カフェオレの豆乳版」をブログに書こうとして、
激しく疑問に思ったことがあります。

 

「カフェオレ」と「カフェラテ」は大雑把に言ってしまうと、
両方とも「コーヒーとミルク」の入った飲み物のことですね。

 

「カフェオレ」はフランス語で「café au lait」だそうで、
「カフェ・オ・レ」と書くこともありますが、
とにかく「lait(レ)」はミルクのこと。

 

一方、「カフェラテ」はイタリア語で「Caffè Latte」、
「カフェ・ラッテ」とも書きますが、
こちらも「ラッテ」はミルクのこと。

 

 

 

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

ただし、詳しくいいますと「カフェオレ」と「カフェラテ」は
呼び方だけではなく淹れ方の違いもあるそうです。

 

「カフェオレ」は濃く淹れたコーヒと熱いミルクを
同時に注いだもので、

 

「カフェラテ」の方はエスプレッソにミルクを混ぜる等。
ですが、私が今回思ったのはそこではありません。

 

 

 

「ミルク」→「豆乳」に変えた場合は

コーヒーとミルクの入った飲み物の
「ミルク」を「豆乳」に変えた場合は
それを何と呼ぶのかということです。

 

お店でもそう呼んでいた記憶がありますし
今回ネット検索でもそうだったのですが
「豆乳ラテ」、「豆乳オーレ」と呼んでいることが多いのです。

 

「ラテ」「オーレ」という「ミルク」の部分を
「豆乳」にしているのですから、「カフェ豆乳」
あるいは「豆乳カフェ」でなければ、おかしいですよね?

 

そうでないと「豆乳ラテ」も「豆乳オーレ」という言い方も
「豆乳ミルク」という意味になってしまって
「カフェ」が姿を消してしまいますから。

 

 

 

「豆乳」+「ミルク」!?

「豆乳カフェ」あるいは「カフェ豆乳」ならばOKですが
「豆乳ラテ」「豆乳オーレ」という飲み物はありません、

 

もちろん、豆乳にミルクを入れればそうなりますが。

 

今日の写真は,左のカップに豆乳を、
右のミルクピッチャーにはミルクを入れています。

 

ミルクピッチャーに入っているものをカップに注ぐと
それは「豆乳ラテ」、「豆乳オーレ」の出来上がり。

 

いわゆるコーヒーに豆乳を入れたものをそう呼ぶのは
間違いではないでしょうか?

 

不思議です……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください