ブールドネージュはスペインアンダルシア地方のお祝いのお菓子

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130503burudoneju

 

 

「ブールドネージュ」

以前、同じ「ブールドネージュ」の
無印良品のものを紹介しましたね。

 

こちらはミスターイトウの「ブールドネージュ」で
「黒ごまきな粉 香る黒糖」とあるようにかなり和風です。

 

二つの「ブールドネージュ」を比べると、う~ん、
全く別物という気もしないではありません。

 

「ブールドネージュ」とはフランス語で「白い雪の玉」
という意味だそうですが、これ白くないし……。

 

この写真では分かりにくいのですが、球体というよりは
厚めのコイン型のような形です。

 

 

blog_import_51536311085ef
         無印良品の「ブールドネージュ」

 

 

 

「ブールドネージュ」というよりは「きな粉まぶし」?

無印良品の方は、確かに「ブールドネージュ」白い雪の玉と
呼ぶには相応しいのですが、ちょっと甘すぎました。

 

その点、こちらはきな粉で、甘さも抑えめで
ちょうど良かったです。
きな粉の味が前面に出てきて、きな粉きな粉してはいますが。

 

やはり「ブールドネージュ」というよりは
「きな粉まぶし」といった感じでしょうか?

 

 

 

スペインのアンダルシア地方のお祝いのお菓子

この「ブールドネージュ」(「ブール・ド・ネージュ」
と書くのが正しいのでしょうか)は、もともとは
スペインのアンダルシア地方のお祝いのお菓子だそうです。

 

「ブールドネージュ」は口の中に入れると
ほろほろと崩れしまいますが、「ブールドネージュ」が
崩れて溶けてしまうまでのあいだに

 

「ポルポロン」「ポルポロン」「ポルポロン」と
3回言えると良いことがあるのだと言われているようです。

 

「ポルポロン」とは「ブールドネージュ」の
スペインでの名前です。

 

これって、流れ星を見た時に流れ星が消えない間に
願い事を3回言うと叶う、というのと似ていますね。

 

でも、流れ星よりこちらの「ブールドネージュ」の方が
難易度は下に思えますので、よいことある確立大かな?

 

スペインでポルポロンと呼ばれていたこのお菓子は
その後、フランスに渡り「ブールドネージュ」になりました。

 

後にイギリスやアメリカでは「スノーボール」と呼ばれますが
これは「ブールドネージュ」と同じ意味ですよね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す