「スウェーデン人と日本人の創造性について」スウェーデン大使館

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130518hurututaruto2

 

 

川崎一彦東海大学名誉教授のお話

昨日(「スウェーデンの建国記念日」)に引き続き
スウェーデン大使館でのセミナー
「スウェーデン人と日本人の創造性について」でのお話を……。

 

今日は、セミナーの一番最初にお話をして下さった
東海大学名誉教授の川崎一彦さんのお話からです。

 

最初に問題を出しますので、皆さんも考えて下さいね。
答えは、今日のブログの最後に書きますので。

 

題名は忘れてしまったのですが、本の中に出ていた問題だということ。
お読みになった方はわかっちゃいますね。

 

130317oanosakura2

 

 

車には、誰を乗せますか? 

雨の降っている深夜に、あなたは車に乗っています。
あなたは運転をしていて、他には2人乗っています。

 

走っていると、助けを求めている人が見えたの車を止めました。
するとそこには、3人の人がいました。

 

1 重病の老婦人
2 過去にあなたの命を助けてくれた旧友
3 あなたの理想の結婚相手

 

あなたの乗っている車の定員は4名です。
さあ、あなたはどうしますか?

 

というのが問題です。
答えは後ほど……。

 

 

 

 

 

日本航空の入社式の服装

そのセミナーのテーマは、創造性や多様性についてでしたが
「多様性」のお話の時だったでしょうか、
こんな写真の紹介がありました。

 

こちらは1986年の日本航空の入社式の写真です。
130602nihonkoukunyushasiki1986              (写真

 

そしてこちらは、2010年の日本航空入社式。
130602nihonkoukuunyushasiki2010              (写真

 

 

写真が小さくてよくおわかりにならないかと
思いますが、驚くべき写真ですよね。

 

1986年は皆さん、それぞれ異なった装いです。
ところがこれが2010年になりますと、まるで制服のよう。

 

日本航空からは何も指定してはいないのだそうですが。
日本って、こうなりつつあるのでしょうか?

 

(この写真はネットで探したものですので、当日
川崎一彦さんがお使いになったものとは違います)

 

 

rosenthalmateki140703

 

 

 

スウェーデン大使館で落語の話とは……

ここで川崎一彦さんのお話の中からもう一つ紹介しましょう。
実は、立川志の輔の落語の話なんですよ。

 

それで、私は嬉しくなっちまいましてねぇ。
このブログで落語ネタは、一昨年以来ですね。

 

一昨年、立川談志が亡くなった時に、
落語ネタを何日か続けてしまったことがありました。

 

「立川談志」「立川志の輔 地震にも揺るがない自信」
「柳家小三治親子」「立川談春の真打ち襲名披露」等々)
ですがここ一年半は、まったく落語の話は書きませんでした。

 

川崎一彦東海大学名誉教授のお話は
立川志の輔の『親の顔が見たい』という新作落語からのもの。

 

 

 

立川志の輔の『親の顔が見たい』

学校の試験の答えが、とてもユニークで秀逸(?)な子どもの話です。
例えば、こんなふう……。

 

 

121112beni

 

 

問題:「うし」「うま」「ひつじ」「とら」「ライオン」
の中で、仲間はずれはどれでしょう?
という質問があります。

 

川崎一彦さんが思ったという答えは「ライオン」。
理由は「カタカナだから」。

 

私も「ライオン」かな?、と思いました。
「ライオン」以外は全部、十二支の動物ですよね。

 

ところが、その落語『親の顔が見たい』に出てくるおぼっちゃまの
答えはといいますと、そんなに単純なものではありません。
もっと、本質を鋭くついたものです。

 

答え:仲間はずれはよくない。

 

ごもっとも、ごもっとも。
そりゃそうですわな、仲間はずれをするなんて
人として恥ずべき行為ですからね。

 

……、では気をとりなおして次の問題に参りましょうか。

 

 

121022maka3

次は「本能寺を焼いたのは?」

問題;本能寺を焼いたのは誰でしょう?

 

答え:僕ではありません。

 

確かに……。

 

この答えが間違っていると確信を持って言える方は
当ブログまで、御一報くださいませ。

 

これらのお話をして下さった東海大学名誉教授の
川崎一彦さんはこの直後に、奥様の故郷である
スウェーデンに移住をなさったそうです。

 

このセミナーの後には送別会も行われました。

 

 

141125aonomomijirosenthakmateki

 

 

最初の問題「誰を車に乗せるか」の解答

さて、最初の問題の解答です。

 

「あなたは、車のキーをあなたの命の恩人である旧友に渡し
重病の女性を病院に送り届けるように頼み、
あなたはここに理想の結婚相手と共に残ります」

 

おお〜っ!
車の定員が4名ですが、重病の女性は外せません。

 

ですので、その他の「命の恩人」と「理想の結婚相手」は置いて
いかざるを得ないと考えがちですよね。

 

ところが会場には「自分が残る」という、
解答通りの選択を述べた人がいました。

 

彼女が答えた時「そうか、自分が降りれば2人の人が乗れるんだ」
と思った人が多かったと思います。

 

私もそう思いました。
その時です。

 

私の隣りの隣りの席の、パネリストのお一人だったイケアジャパン
人事本部長の泉川鈴香さんが感嘆したように言ったのです。

 

「そうよね、自分は理想の結婚相手と二人になれるし……」と。

 

 

130228bar

 

 

そうだったか〜!
私は失礼を顧みずに、思わず泉川さんに対して
「賢い! 賢い!」と連発してしまったほどでした。

 

「4人乗りの車だから乗れるのはあと1人」と考えるのではなく
「自分は降りちゃう」という柔らか頭(って、CMが昔ありましたね)

 

で考えると「重病人」と「恩人」という2人が車に乗れるだけではなく
理想の結婚相手と「二人だけ」になれるのです(この2行目が重要!)。

 

(今になってこの問題を考えてみますと……、
「誰を車に乗せるか」ということよりも

 

「いかに理想の結婚相手と二人だけになれるか」の方に
重点が置かれた問題だったのではなかろうか?、などと思う始末。
あっ、ここは読まなかったことにして下さい)

 

このあたりを、イケアジャパン人事本部長の泉川鈴香さんが
指摘したことに、私はいたくいたく感動してしまったのです。

 

そして、何故いまだに私が独身なのかということも
深く深く理解してしまった夜ではありました。

 




スポンサードリンク



4 thoughts on “「スウェーデン人と日本人の創造性について」スウェーデン大使館

  1. 偶然このページを見つけました。2013年5月17日にスウェーデン大使館で開催された創造性についてのワークショップの講師を務めさせて頂きました川崎一彦と申します。

    私のプレゼンからとても正確かつ丁寧にポイントを再現して頂き深謝です。

    その後も札幌で創造性ワークショップを数回開催し、おかげさまで好評でした。

    2018年はスウェーデンと日本の国交樹立150年です。この記念すべき年に向けて創造性の分野でも何か企画したいと考えております。

    こちらに来られる機会がありましたらご一報下さい。

    • 川崎先生

      御丁寧にコメントを下さいまして、ありがとうございます!
      偶然に見つけて下さったとは、なんと有り難いことでしょう。

      川崎先生のお目に触れることがあるなどとは、思っても
      みませんでしたので、少々くだけ過ぎた文章で書いてしまい
      誠に申し訳ありません。
      本当に素晴らしい、かつ楽しい御講義でした。
      忘れることができません。

      数日前も、ムーミンの記事を書きましたが、私は小さい頃から
      北欧が大好きでした。
      そういえば、ブログを始めたばかりの頃に、アストリッド・
      リンドグレーンの「長くつ下のピッピ」のことを書いた
      ことも。
      そこにも書いたのですが、こんなに北欧が大好きなのに、
      北欧に一度も行ったことがなく、また一生行くことは
      出来ないと思っております。

      ですが今日、川崎先生にコメントを頂くという、全く思っても
      いなかった幸運に恵まれ、それだけで充分幸せです。
      本当にありがとうございました!

      • 過大なお言葉に赤面してしまいます。

        〈北欧好き〉なのに北欧に来られない、というのは理解しがたいですね。
        それでももし状況が変わったらいつでもmost welcomeです!

        • ありがとうございます!

          今日から行けるといいなぁと、夢見ることにします!
          夢と現実は同じ材料で出来ていると言いますので。

          ほとんど人に読まれていないこんなブログを書いていて
          今日初めて、本当によかったと思いました。
          重ね重ねありがとうございました!

コメントを残す