トマト缶詰(黄色)「スピガドーロ(Spigadoro)」やまや赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130826tomatokandume370

 

 

パプリカと間違えて

このローゼンタール〈魔笛〉のお皿の上に
のっているものは「黄色いトマト」です。

 

実はこれ、私は黄色いパプリカのつもりで
買ってきてしまったのです。黄色いパプリカね。

 

やまや赤坂店で、この黄色い絵のついた缶詰を
見た瞬間、おお、パプリカの缶詰だ!、ってね。

 

130826tomatokan370

 

いくら私でも「TOMATO」ぐらいは
読めるのですがそれすら見ないで。

 

家に帰ってもまだ気づかずに数日後、
缶詰を開けた時もすぐには気づきませんでした。

 

パプリカと思い込んでいましたので。
でもやはり、意識のどこかでは、何となくヘンだ
という部分もあったのですよね、きっと。

 

気づいたのは、かなり後のことでした。
「これトマトだよっ!」と。
(いくら何でも遅すぎる〜!)

 

 

130826tomatokanraberu370

 

 

 

黄色だったのもわからなかった一因

黄色のトマトというと、私がよく見るのは
ミニトマト系の小さいもの。

 

この大きさで、黄色いトマトというのはちょっと意外でした。
しかも縦長タイプですしね。

 

この黄色のトマトのブランドは
「スピガドーロ(Spigadoro)」というアメリカの会社です。

 

私は初めて知った会社なのですが、1977年からすでに
スピガドーロ社のトマト缶詰は日本に入っていたようです。

 

オンラインショップでこのスピガドーロ社のトマト缶詰を
扱っているのを見ましたが、こちらは赤いトマトで
オーガニック・トマトだということです。

 

 

sg-tomato-whole

(写真/「順造選オンラインショップ」)

 

 

 

トマトにはほどほどの酸味がほしいかな

このトマトの缶詰は、イタリアの有機認証団体
Bioagricert認定の南イタリア産の
オーガニック・トマトを使用しているそうです。

 

そちらのトマト缶詰の説明には
「肉厚で酸味が少ない縦長タイプのオーガニック・トマト」
と書いてあります。

 

今回私が買ったものも、トマトの色こそ違いますが
「肉厚」と「酸味が少ない」「縦長タイプ」は同じ。

 

私が買ったものはオーガニックではないと思いますが
トマトの種類としては、同じなのかもしれませんね。

 

私自身は酸味が強すぎるトマトは、好きではないのですが
かといってあまりに酸味がない、今日のトマト缶詰も
どことなく物足りなさも感じたりして。

 

特に、今回は煮込みに使ったため
少々のトマトの酸味を期待していました。

 

ところで、私が間違えてしまった方のパプリカの缶詰ですが
それって、実際にあるのでしょうか?
今度、探して見ようと思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す