「AOC」「AOP」「DOP」とは? ブリーチーズ「プレジデント」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130517presidentbrierosenthal

 

 

フランスの老舗ブランド名「プレジデント」

「プレジデント(PRESIDENT)」とはヨーロッパ最大の
チーズメーカーであるフランスのラクタリス社の老舗ブランド名です。
「あぷりのお茶会」でも「プレジデント」は何度か登場していますね。

 

様々なタイプのチーズや、バター、クリームなどの
乳製品を扱っているブランドです。

 

「プレジデント(PRESIDENT)」という名前は、王者の気品を
漂わせる品格をもちながら、世界中の人に覚えて
もらいやすい名前をと考えてつけられたそうですよ。

 

 

130517PRESIDENTbrie        ブリーチーズ「プレジデント」

 

 

 

 ブリーチーズは白カビチーズ

「ブリーチーズ(Brie cheese)」は白カビチーズの一種で
フランスのブリー地方で千年以上前から作られているチーズで
モー村の>「ブリー・ド・モー」が有名です。

 

その他には、ムランで作られる「ブリー・ド・ムラン」
もありますが、これは「ブリー・ド・モー」よりも
赤褐色を帯びていて、独特な濃い味わいだそうです。

 

 

250px-Camembert

グタグタ(?)で美味しそうなカマンベールチーズ
(写真/「Wikipedia」

 

 

 

「ブリーチーズ」の製法をで作ったのが
「カマンベール」

日本では「ブリーチーズ」より「カマンベールチーズ」の方が有名な
気もしますが「ブリーチーズ」の方が古くから作られていたチーズです。

 

ブリー地方で1000年以上前から作られていたブリーチーズの製法が
今から200年前にカマンベール村に伝わり
カマンベールチーズがつくられるようになったといいます。
カマンベールチーズの方がはるかに歴史が浅いというわけ。

 

チーズの王様といわれる「ブリー・ド・モー」が
奥深い熟成とチーズの独特の濃厚な風味であるのに対して、

 

このプレジデントのブリーチーズは、ミルクの
優しい味わいが前面に出て食べやすいマイルドなチーズです。
とはいえ、匂いはかなりきついですよ。

 

 

A867_I2

こちらも「カマンベールチーズ」ですが
なんと、食品サンプルです!
(写真/「食品サンプル専門店」

 

 

 

フランスが保証する「AOC」指定

この「ブリー・ド・モ―」と、「ブリー・ド・ムラン」は
ともにAOCに指定されています。

 

この「AOC」というのは、優れた農産物や、酪農品、
ワインなどをフランスが保証する制度のことです。

 

AOCチーズは、フランスで500種類以上作られている
チーズの中でわずか45種類しかありません。

 

原料の種類や産地、製造地、製造方法、熟成地域、熟成期間、
形や重量、乳脂肪分等、いろいろなものを厳しい基準で考
慮した結果、「AOC」チーズと認定されるようです。

 

 

 

EU全体で「AOP」表記に統一

なお、この「AOC」という表示とともに
最近は「AOP」とも表記されたものがあります。

 

 

20090807-1249632735   AOPのマーク

 

 

これはフランスで使われていた「AOC」という表記を
2009年5月から「AOP」に変更したためです。

 

フランス独自で表記されていた「AOC」から
EU全体での「AOP」表記に統一するということになりました。

 

 

 

「AOC」と「AOP」

ちなみに「AOC」とは
アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ (Appellation d’origine contrôlée)
日本語では「原産地統制呼称」といいます。

 

一方「AOP」は
アペラシン・ドリジン・プロテジェ (Appellation d’Origine Protégée)
「原産地統制名称」だそうです。

 

 

 

イタリア国内のみでは「DOP」

私は、二つのフランス語は全くわかりませんが……。
ここまででもややこしいのですが、もっと言っちゃうと

 

EU全体で「AOP」に統一したのですが、
イタリア国内でのみ適用されているのは「DOP」というのだそうです。
(参考/「フランス観光機構オフィシャルサイト」

 

また、EU非加盟国であるスイスでは独自に
こんなマークを作って表示しているそうです。

 

 

thumb_20090807-1249634866(写真/「世界チーズ商会株式会社」

 

 

 

とにかく、アルファベット3つね

だんだん、一体全体何のこっちゃ、という話になってしまいましたが、
要はチーズやバター、ワインを買う時に「AOP」という表記があったら
これは、EUおすすめ商品なのだと思えば良いのではないでしょうか?

 

「AOP」が覚えていられなかったら、何かのアルファベットの
3文字がついているものと記憶しておくとか……。

 

って、そんなヒドいのは私だけでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す