「三笠の山にいでし月かも」阿倍仲麻呂の望郷の念 カステラ巻「文明堂」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150125bumeidokasuteramaki

 

 

「カステラ巻き」抹茶

頂いた文明堂の「カステラ巻き」。
この写真のものは御覧の通りに緑色の抹茶ですが、この他に
プレーンとチョコレートの3種類の「カステラ巻き」があります。

 

原材料は、鶏卵、砂糖、小麦粉、水飴、還元水飴、植物油脂、麦芽糖、
麦芽糖水飴、抹茶、清酒、蜂蜜、でん粉、発酵調味液、粉末油脂、
大豆粉、クロレラ、加工でん粉、膨張剤、調味料(有機酸)、乳化剤

 

まわりをぐるっと囲んでいるのは、文明堂の「三笠山」だそうです。

 

141008geshhoku4

 

 

 

三笠の山にいでし月かも

この「三笠山」の名前は、百人一首でも有名な阿倍仲麻呂の歌

「天の原 ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出(い)でし月かも」

からきています。

 

遣唐使として717年、19歳の時に中国に渡った阿倍仲麻呂は
それ以降、2度と日本の地を踏むことはありませんでした。

 

吉備真備(きびのまぎび)も同級生(とはいわないのでしょうが)
阿倍仲麻呂と一緒に遣唐使として渡っています。

 

 

150125kasuteramaki

 

 

日本への帰国は叶わず

唐で35年間、過ごした阿倍仲麻呂は、一度は日本へ向かう
船に乗りましたが、暴風雨にあい南方に流されてしまいます。

 

この時、帰国の途で暴風雨にあい阿倍仲麻呂が亡くなったという
知らせを受けた李白は「名月不帰沈碧海」の七言絶句
「哭晁卿衡」を詠んだといいます。

 

しかし幸い、阿倍仲麻呂は漂流したものの
唐の領内の安南に漂着することができました。

 

その後、日本へ帰る話も出たことが出たのですが、結局
770年に73歳で亡くなるまで唐で過ごすことになります。

 

なお、19歳の時に共に遣唐使として来た吉備真備は、阿倍仲麻呂が
漂流した時に一緒に日本に向かっていたのですが、吉備真備が乗った
船だけは種子島に漂着して日本に帰ることができたそうです。

 

 

150327sacasuyozakura          赤坂サカスの紅しだれ桜と月

 

 

もう一度、三笠の山に登る月を……

という事情を知った上で、もう一度先ほどの阿倍仲麻呂の歌を見ますと
「あの月は奈良の春日の三笠山に昇っていた月と同じだね」
などという軽い歌ではなかったことがわかります。

 

生涯、帰ることの出来なかった故郷、奈良は春日の
三笠山に昇っていた月を、万感の思いを込めて謳ったのでしょう。

 

現代のように、飛行機でビューンと一飛び
というわけにはいかないのです。

 

命がけで渡って来て、また同様にして帰る。
そしてもはや、それさえも諦めてこの地に骨を埋める覚悟の阿倍仲麻呂。

 

彼の望郷の念は、現代人には想像もつかないほど
強いものだったに違いありません。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください