ココア「スイスミス(Swiss miss)」やまや赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141126suisumisukokoa

 

 

スイスミス(Swiss miss)のインスタントココア

今日も前回同様、ココアの御紹介ですが、今日のココアは
お湯を注いでかき混ぜるだけで出来上がっちゃうお手軽ココア。

 

赤坂サカスの斜め前あたりにある「やまや赤坂店」で買いました。
(正しくは「ラカーヴ・ド・YaMaYa 赤坂店」
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目14−33 03-3583-5657)

 

プカプカ浮いて見えるのはちっちゃなマシュマロです。
「スイスミス」という名前ですがアメリカ産。

 

クチコミ等ではかなりの人気商品のようですね。
「ダイエットには大敵だと思うのですが、寒い日には最高」
等々とみなさん、楽しく飲んでいらっしゃるのが伺えます。

 

原材料は
砂糖、グルコースシロップ、ホエイパウダー、ココアパウダー、
ココナッツ油、マシュマロ(ショ糖、グルコースシロップ、ゼラチン)、
脱脂粉乳、食塩、PH調整剤、乳化剤、増粘剤(カラギナン)、香料、
加工デンプン。

 

 

1441125suisumisukokoa-400x316

 

 

 

半世紀以上前にアメリカで誕生

このスイスミスのココアが誕生したのは
1957年、アメリカのウイスコンシン州メノモニー。

 

19世紀末にイタリアのシチリアからニューヨークに移民してきた
Anthony  R.  Sanna  は貧しさのために満足な教育も受けずに酪農業に
従事しましたが、持ち前の探究心から新しい乳製品を開発しました。

 

そして彼の息子が、父親の特許製品であるドライミルクの
ミックスにお砂糖とココアを加えて粉末状のココアミックスを
作ったのが1957年のことでした。

 

 

12.8.26.itaria

 

 

 

クチコミの先駆け商品

その時期のアメリカは、旅行や出張の移動に
盛んに飛行機が使われ始めた頃。

 

機内サービスで提供されたスイスミスのインスタントココアは
乗客に好感を持って受け入れられました。
特に朝の時間帯のサービスが人気だったようです。

 

乗客達は機内サービスで知ったスイスミスの
インスタントココアを食料品店で探すようになります。
まさにクチコミの先駆けともいえる商品PRだったのですね。

 

 

130215kyarameru

 

 

 

輸入再開

最初に書きましたように、現代の日本でも
スイスミスのインスタントココアはクチコミでも大人気。

 

ではありますが、正直なところ私は苦手でした。
1箱3袋入りのものを購入したのですが、3袋を飲むのも持て余すほど。
ちょっと甘過ぎる感もありましたし。

 

スイスミスのインスタントココアは、2000年代の終わり頃に変更した
原材料の成分が日本で許可されていないものだったため一時期、輸入され
ていませんでしたが、成分を変更して現在は輸入が再開されています。

 

 

torayacafe

 

 

 

スイスでの幻(?)のインスタントココア

インスタントココアといえば、初めて行った外国旅行で
出会ったココアがとてもおいしかった記憶があります。

 

スイスのちっちゃな村、ブリーク(Brig)の
これまたちっちゃな宿屋で毎朝出てきたインスタントココアです。
一杯分ずつパックされたココアの袋に、たっぷりのホットミルク。

 

インスタントココアに注いだホットミルクがおいしかったせいも
あるのかもしれませんが、友だちと「早よできるんチョコレート」
と勝手に命名して、毎朝楽しみに頂きました。

 

今、ネットで検索してみたのですが、全くヒットしませんね。
幻のインスタントココアはどこのメーカーだったのでしょう?
わからないと余計、おいしかったような気がしたりして……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す