「一ツ木」通りの名前はいつできたのか? 一ツ木まんじゅう「松月」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150717hitotugimanjushougetu

 

 

1本の木

先月の末に、松月の「白玉ぜんざい」を御紹介しましたが
今日のおまんじゅうも、やはり松月のお菓子です。
その名も「一ツ木まんじゅう」。

 

一ツ木通りに面した場所にある「松月」の看板お菓子(?)。
「一ツ木まんじゅう」という名前は商標登録済みだそうです。

 

原材料は、
小豆、砂糖、米粉、大納言小豆、山芋粉、カップリングシュガー、食塩。

 

 

150718hitotugimanju      1本の木が描かれている「松月」の一ツ木万寿

 

 

 

江戸入城の際に家康も通った「一ツ木通り」

赤坂といえば「一ツ木通り」というほど有名な通りですが
徳川家康が江戸城に向かう際にも、この道を通ったそうです。
天正18(1590)年のことでした。

 

家康が江戸に来た順路は、小田原から陸路を東にとり
六郷川上を渡って世田谷、渋谷をへて二本榎徳明寺で休憩。

 

その後、赤坂の一ツ木から溜池をめぐって
貝塚増上寺で休憩した後に入城したといわれています。

 

 

blog_import_515366afcca31            一ツ木通りの照明

 

 

 

平安時代「人継ぎ」——「一ツ木通り商店街」

この通りの名前の「ひとつぎ(一ツ木)」ですが
これはいつ頃から呼ばれるようになったのでしょうか。

 

それについて、「一ツ木通り商店街」の
サイトには次のように説明されています。

 

「昭和30年のTBS開局以降、TBS赤坂本社前の通りとして有名になり、
現在では赤坂Bizタワー玄関の通りとなっていますが、
『一ツ木』の名の由来は、平安時代までさかのぼります。

 

当時この付近の街道沿いは人馬の往来が絶えず、人足の交代を意味する
『人継ぎ』が語源と言われる、由緒ある通りです。」

 

 

blog_import_515366ad455aa                 一ツ木通り

 

 

 

江戸時代「一木」——「東京消防庁」

一方、東京消防庁のサイトにはこう記載されています。

 

「『赤坂』というと、港区が昭和22年にできるまでは、
その北部の区名でした。
そこは家康が江戸へ来る前の、永禄10年(1567)に開拓して、
人継村といった所だそうですが、全部山畑で人家はありませんでした。

 

家康は江戸入りの時、伊賀の者にこの土地を与え、延宝3年(1675)から
一木と書くようになったといいますが、実は一木の文字は、大永4年
(1524)の江戸城攻撃の歴史書に、すでに書かれています。」

 

 

blog_import_515366ae04ba7         一ツ木通り、正面は鹿島本社ビル

 

 

 

折衷案?

平安時代は、794年〜1185/1192年頃、といわれ
江戸時代は、1603年〜1868年。
無視できるほどの数年の差ではなく、数百年の違いですよね。

 

もし、一ツ木通り商店街と消防庁のサイト、両方が
正しいとすれば、こんなふうになるでしょうか。

 

「人足の交代をすることから『人継ぎ』と呼ばれたということは
平安時代には一度それなりに栄えていた。
ところが次第に、そのあたりは寂れて人通りや人家もなく
山畑のみの『人継村』があるばかりという状態に。
その後、家康の江戸入場により『人継』は再び活気を取り戻す。
家康は伊賀の者にこの地を与え『一木』と呼ぶようになった」と。

 

そうであったとすれば、延宝3(1675)年に「一木」と呼ぶようになった
といわれる150年以上前の、大永4(1524)年の歴史書に既に「一木」の
文字があった、ということとも辻褄が合います。

 

まあ、これが合っているか否かはわかりませんが
わかることは、「一ツ木通り」はず〜っと前から「一ツ木通り」で
現在も赤坂を代表する通りの名前だということですね。

 

 

150718hitotugimanjushougetu

 

 

 

「一ツ木通り」にあるお店

今年、2015年の夏の「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」は
そんな「一ツ木通り」にある気になるお店をいくつか御紹介しました。

 

 

赤坂駅
赤坂サカス    「松月」     「うまや」   「しろたえ」
_______________________________

一 ツ 木 通 り
___________________________赤坂見附駅→

「相模屋」

 

 

150622kuzumochi            「相模屋」くずもち

 

 

赤坂サカスの向かい側にある、明治28年創業の「相模屋」のくずもち
松月からちょっと赤坂見附方面に歩いて行った場所にある「松月」では
「白玉ぜんざい」と今日の「一ツ木まんじゅう」を。

 

 

150717siratamazenzaishougetu           「松月」白玉ぜんざい

 

 

一ツ木通りをほとんど赤坂見附の近くまで行った場所にあるお店
赤坂「うまや」の市川猿之助の楽屋めし

 

 

150827gakuyamesi         「うまや」市川猿之助の楽屋めし

 

 

そのすぐ近くにある「しろたえ」では、有名な
レアーチーズケーキ
を御覧いただきました。

 

 

150811sirotaecheesecake         「しろたえ」レアーチーズケーキ

 

 

道幅もそれほど広くなく、決して大きな通りではないのですが
やはり「一ツ木通り」は、赤坂になくてはならない通りですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す