「御用達」の読み方は「ごようたし」or「ごようたつ」?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

130912akasakaaonousagi

 

 

「ごようたし」「ごようたつ」共に正解

先日、赤坂「虎屋」が、本店ビルの立て替えのために9月で
一旦営業を休止するとのお知らせをしました。

 

このブログで数回に分けて「虎屋」について少々お話をした時に
現在の虎屋の当主、黒川光博さんの「虎屋 和菓子と歩んだ500年」
という本を読んでいる時に、「えっ?!」と思うことがありました。

 

それが今日のタイトル、「御用達」の読み方について。
本の中には「御用達」についてはこのように記されていました。

 

 

130912akasakaaomousagi

 

 

「『御用達』という言葉があります。
『ごようたし』のほか『ごようたつ』
『ごようだち』とも読みますが、
これは天皇のお住まいになる御所などへ
御用品を謹んで調達することを
意味し。古来それを請け負う商人を御用商人、
あるいは御用達商人と
呼んできました」
(「虎屋 和菓子と歩んだ500年」)

 

つまり「御用達」の読み方としては
「ごようたし」「ごようたつ」ともに正しい読み方で
それだけではなく「ごようだち」ともいうようです。

 

私は、「ごようたし」が正しくて「ごようたつ」は間違いだと
ず〜っと思っていましたので、かなり驚きました。

 

 

blog_import_51536660cb0e5

 

 

 

以前、調べた時は「ごようたし」が正解と…

20年ほどまえだったでしょうか、「御用達」の
本当の読み方がわからなくて調べてみたことがありました。
そこには「ごようたし」が正しいと記載されていたのです。

 

何を調べたかについては記憶がありません。
ネットではなかったと思うのですが、辞書か新聞だったかもしれません。

 

はっきりと覚えているのは、
「『ごようたつ』と読む人が多いのは『速達』という言葉を
知っているが故の間違い」という意味のことが書かれていたこと。

 

これを調べた後にも、「ごようたし」「ごようたつ」のどっちだっけ?
と一瞬迷うようなこともありましたが、「速達」ではない方が正解
なのだから「ごようたし」、と思い出していたものでした。

 

 

130912usagiominaesiakasakaakno

 

 

 

誤読によって「ごようたつ」になった説?

ところが今、黒川さんの御本では両方とも正しい
と記載されていましたので、改めて調べてみることに。

 

Wikipediaには、読み方として「ごようたし」「ごようたつ」
双方が出ているのみで、読み方自体には触れていませんでした。

 

「意味プローちょっと難しい言葉の意味まとめ」では
「『ごようたつ』がOKになったのは「誤読により広まった可能性が
高そうですが、ここはよくわかりません」とあります。

 

 

130912ominaesi

 

 

 

「ごようたし」勢が優勢

「コトバンク」は、冒頭にまず「ごようたし」を
あげていていますが個別に見ていきますと、

 

「デジタル大辞泉」「百科事典マイペディア」
「世界大百科事典 第2版」の3つは「ごようたし」を採用。

 

「大辞林 第三版」のみが、読み方としては「ごようたし」を紹介して
いますが、「ごようたつ」「ごようだち」とも読むと付け加えています。

 

「Weblio辞書」ですと、
「三省堂   大辞林」が「ごようたし」をあげた後に、「ごようたつ」
「ごようだち」とも言うと上記の「大辞林   第三版」と同じ記載。
「丁寧表現の辞書」「歴史民族用語辞典」はともに「ごようたし」。

 

 

まとめてみますとこんなふうです。

 

Wikipedia           ごようたし  ごようたつ
デジタル大辞泉      ごようたし
百科事典マイペディア   ごようたし
世界大百科事典 第2版    ごようたし
丁寧表現の辞書      ごようたし
歴史民族用語辞典     ごようたし
大辞林 第三版         ごようたし  ごようたつ  ごようだち
三省堂大辞林       ごようたし  ごようたつ  ごようだち

 

 

130912akasakaaonousagiominaesi

 

 

 

もともとは「ごようたつ」だった?!

ここまでのことをまとめてみますと
「ごようたし」が正しかったが、誤読の「ごようたし」も広まり
次第に市民権を得たということかと思いきや、このような記載が……。

 

「『御用達』は古語辞典等によりますと、もともとは『ごようたつ』
と読んでいたようです。実際、いくつかの古語辞典では、
『ごようたつ』で見出しを立てています」(「Web日本語」

 

のちに、慣用的な言い方として「ごようたし」が
一般化し現在に至ったという説明でした。

 

ということは、逆だったのですね。
「ごようたし」→「ごようたつ」になったのではなく、むしろ反対に
「ごようたつ」→「ごようたし」という変化を遂げたということ。

 

少なくとも、現在ではどちらも間違っていないということですので
深く考えずに好きな方で言っていいのでしょう。
とはいえ、今ひとつすっきりしないものも残ります……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す