スティルトン(Stilton)イギリス 世界三大ブルーチーズ3

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160629stiltonmurakawa

 

 

エリザベス女王御用達

世界三大ブルーチーズの最後は、イギリスで
「チーズの王様」といわれるスティルトン。
「スティルトン、ポートワインと葉巻がイギリス紳士のたしなみ」
ともいわれ、エリザベス女王も毎朝、召し上がっているチーズです。

 

かつてエリザベス女王が来日した折
「スティルトンがなければ一日が始まらない」と、
急遽、空輸便で取り寄せたという逸話が残っているほど。

 

スティルトンは日本にもあるでしょ?、と思わずつっこみたく
もなりますが、その前に麻布十番近辺で探してみましょうか。

 

 

 

麻布十番のスティルトン事情

まずは輸入食品では豊富な品揃えで有名な日進ワールド
デリカテッセン  インターナショナルスーパーマーケット

(〒106-0044  港区東麻布2丁目34-2
03-3583-4586 営業時間 8:30〜21:00)

 

ここのチーズ売り場は、外国のチーズ売り場っぽいにおいもするほど
で面積もそこそこありますが、スティルトンはこれ1つだけでした。

 

 

160629stilton     (A)村川株式会社 日進ワールドデリカテッセン

 

 

「murakawa」との表記のみで会社名も住所の記載もありませんが(サイト
もない)ムラカワ株式会社(JUCOVIA GROUP)の製品のようです。

 

次に行ったピーコック麻布十番(〒106-0045 港区麻布十番2丁目9-2
03-3456-2791 営業時間 9:00 ~ 23:00)では
下の写真左のスティルトン(B)が1種類のみ。

 

かろうじて上のスティルトン(A)と、下の左側(B)があったのが
成城石井麻布十番店(〒106-0045 港区麻布十番2丁目2−10
03-5439-6401 24時間営業)。

 

 

160630stilton左(B)東京デーリー 成城石井麻布十番店
右(C)クラウソン  ボンルパ麻布十番店

 

 

そして、ワイン約2300種類、チーズ150〜200種類の品揃えを誇る
ボンルパ麻布十番(〒106-0045 東京都港区麻布十番1丁目11-1
03-3582-1590 営業時間  12:00〜23:00)は上の写真の右の
スティルトン(C)が1つという結果だったのです。

 

東京ミッドタウンのプレッセプレミアムではもう少しあったような
記憶もあるのですが、麻布十番近辺ではこんな感じでした。
日進ワールドデリカテッセンなどは、ロックフォールと
ゴルゴンゾーラでしたら、数十種類ずつあるのですが。

 

 

160701       上の写真のスティルトン(B)と(C)の中身

 

 

 

クセがあるか? マイルドか?

あまりの驚きに、最後に行ったボンルパの店員さんに
「スティルトンは人気がないのですか?」と尋ねたところ、
「そうですね……、少しクセがありますからね」との答え。

 

「そうなのかなぁ」と思わないでもないですが……。
スティルトンの中でも最高のものは、メルトン・モウブレイ産、
ベルヴォアー渓谷産、ハート・ウイングトン産のものといわれます。

 

エリザベス女王がお好きなものはわかりませんが、現在の東京でこの
ような状態ですのでエリザベス女王が来日した頃はおきにの、あるいは
セカンドおきにのスティルトンが手に入らなかったのもしれませんね。

 

 

PDO        スティルトンが指定されたPDOマーク

 

 

 

「3つの州」の「6つの酪農場」

スティルトン生産者たちの法的な保護を求める活動は1936年から始まり
1966年にはスティルトンは登録商標として認められ、
1996年には原産名称保護制度に指定されています。
(PDO=Protected designation of origin)

 

スティルトンの生産地は、ロンドンから北に150kmのダービーシャー
ノッティンガムシャーレスターシャーの3つの州。
スティルトンを作っている酪農会社もわずかに6つです。

 

スティルトンというチーズの名前自体は、ロックフォールや
ゴルゴンゾーラと同様、村の名前ではありますが、
スティルトン村はケンブリッジシャーに属し生産地として指定された
地ではないため、スティルトンチーズを作ることはできません。

 

 

stiltonスティルトンの生産地(地図/「Stilton Cheese Makers’ Association」)
ダービーシャー(Derby)黄土色の部分左上
ノッティンガムシャー(Nottingham)右上
レスターシャー(Leiceter)下
その右下Sのあたりがスティルトン(Stilton)

 

 

 

スティルトンの名前がついているわけ

スティルトン村は、ロンドンとイングランド北部のヨークを結ぶ
グレート・ノース・ロード(Great North Road、現在のモータウェイ
A1号線)と呼ばれる道路に沿って発展していた宿場町でした。

 

その村で「ベル・イン(Bell Inn)」という旅館を営むクーパー・
ソーンヒル(Cooper   Thornhill)は、レスターシャーの
農場を訪れた時にあるプルーチーズと出会います。

 

その味の虜になった彼は独占販売権を手に入れ、スティルトン村で
売りだしたために、スティルトンの名がついたのです。

 

ウィモンダム (Wymondham) のチーズ職人だったフランシス・
ポーレット(Frances Pawlett)はスティルトンの製法を確立。
夫と共に生産協同組合を組織しました。

 

 

160629stiltonmurakawa            スティルトンチーズ

 

 

 

ジョージ・オーウェル「世界最高のチーズ」

このようなスティルトンをソネット(詩)に歌い上げたのは
イギリスの作家、ギルバート・ケイス・チェスタートン。

 

また1945年には、全体主義的なコワイ社会を描いた小説『1984年』
の作者でもあるジョージ・オーウェルもエッセイの中で
スティルトンは「世界最高のチーズ」であると記しています。

 

スティルトンがいつから作られていたのかは、正確には
わからないそうですが、古代フランス民族といわれる
ケルト人がイギリスにもたらしたのではないかということです。

 

 

stilton     スティルトンチーズと地図(写真/「Colston  Bassett」)

 

 

 

中心から広がっている青カビ

スティルトンはロックフォールと同じ青カビ(Penicillium roqueforti
ペニシリウム・ロックフォルティ)を使って作りますが、
外側からステンレスの針を突き刺し、中心に空気を入れることで
青カビの筋が中央から網目状に広がっていきます。

 

熟成期間は8週間から9週間。
以前は、牛乳に生クリームを加えたものを原料にして
いたため、脂肪分は65〜75パーセントとかなり多めでしたが、
現在は45〜55パーセントと他のチーズと同等となっています。

 

水分が少ないスティルトンは、ロックフォールやゴルゴンゾーラ
に比べて、組織が緻密に繋がり、固くしまった食感が特徴です。
これはチェダーチーズと同じ方式で作っているためで
型入れがしっかりとしていることによります。

 

青カビの入っていないこと以外はスティルトンと同じ
作り方をする「ホワイトスティルトン」もあります。

 

 

150528rosewine              シェリー酒

 

 

 

ウィスキーにも最適

スティルトンにあうお酒としては、ポートワイン、シェリー酒、
コクのある赤などといいますが、ウィスキーにもとてもあうとか。

 

保存はワックスペーパーに包んで冷蔵庫に入れて
食べる少し前に出して室温に戻してから召し上がるとよいでしょう。
長期間保存する時は冷凍庫でも可。

 

実はスティルトンは「奇妙な夢を見る」というおもしろい
お話もあるのですが、長くなってしまいましたので、また今度ね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す