ナショナル麻布スーパーマーケットにフィリックスちゃんがいるわけ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160602nationalazabu

 

 

住所は「南麻布」 駅は「広尾」

このところ、麻布十番にある「日進ワールドデリカテッセン  インター
ナショナル  スーパーマーケット」で買った食品の紹介が続きました。

 

麻布で外国の食品を多く扱っているお店といえば
「ナショナル麻布スーパーマーケット(National Azabu
Supermarket )」も忘れてはいけませんね。
田園調布と広尾ガーデンヒルズにも支店があるお店です。

 

「ナショナル麻布スーパーマーケット」
〒106-0047 東京都港区南麻布4丁目5−2
Tel.03-3442-3181 営業時間 8:00〜21:00 年始のみ休業)

 

 

arisugawaがナショナル麻布スーパーマーケット
ナショナル麻布の左上が「広尾」 地図の右上が「麻布十番」

 

 

 

「ナショナル麻布  広尾」

ナショナル麻布のある場所は、麻布十番からですと
結構離れていますので、ちょっと歩くことになります。

 

「ナショナル麻布」という名前の通り、住所は「南麻布」ですが
駅でいいますと「広尾」が近く、歩いてほんの2.3分といったところ。
ネットなどでは、よく「National Azabu  広尾」などと書いてあります。

 

そういえば先日、海外での暮らしが長く、赤プリを知らないと言って
私を驚かせたN子ちゃんと麻布十番を歩いていた時に「成城石井」を
見た彼女が「麻布なのに『成城』がついているの?」と聞くのです。

 

私は「『成城』はお店の名前の一部になってるのよ」と答え
たのですが、そんなこんなで「ナショナル麻布  広尾」です。

 

 

 

2012年新装オープン

ナショナル麻布スーパーマーケットは1962年に、日本で暮らす
大使館員や外国人ビジネスマンのためにオープンしました。
今年の4月には54周年アニバーサリー記念セールもあったそう。

 

オープン50周年を迎える直前の2011年10月31日に
改装のために一時閉店、翌2012年8月31日に新装オープン。
今回の改装は4回目ということですが、入口の作りを
開店当初から1983年までのお店の感じに戻したそうです。

 

お店全体は日進ワールドデリカテッセンに比べるとこじんまりして
いますが内容はギッシリで、改装後はとてもきれいになりました。
2階は調理器具や食器、カード類にラッピング用品と盛りだくさん。

 

こちらはお店の裏手にあたる場所ですが、緑色の「Welcome」と
ある扉から中に入り、写真の左側の入口から入ります。

 

 

160602nationalazabusuper    ナショナル麻布スーパーマーケットの裏口(入口専用)

 

 

ここは入口専用で、出る時は正面からとなりますが
お店というよりは知り合いのおうちに来たような雰囲気ですね。

 

 

 

オーガニック食品が充実

ナショナル麻布のモットーは
「本当によいもの」「ヘルシー」「インターナショナル」そして
「コミュニティの場」ということでオーガニックを多く扱っています。

 

また、去年の12月の「ナショナル麻布スーパーマーケット」
のツイッターにはこんなお知らせもありました。

 

「もの凄いお値段ですが、白トリュフと黒トリュフが入荷しました」
という言葉に添えられていた写真がこちら。

 

 

toryuhu      白トリュフと黒トリュフ(「ナショナル麻布」)

 

 

フランス産の黒い「冬トリュフ(WINTER
TRUFFLE  MUSHROOM)」が「32,800円」で

イタリア・アルバ産の「白トリュフ
(WHITE  TRUFFLE MUSHROOM)」は「77,700円」(!!)

 

たしかにすご過ぎるお値段で、「今年も入荷しました」と
書いてありますが、私は今年も来年も買えないでしょう(涙)。

 

 

 

フィリックスちゃんがこんなところに

ここでもう一度、ナショナル麻布の写真を御覧いただきたいのですが
「NATIONAL」という文字の「L」の下あたりに、黒いネコの
フィリックスちゃんが、両手を広げているのがおわかりですか?

 

 

*          こ こ   このマーク 
160602nationalazabu                    フィリックスちゃん

 

 

立て看板を今週だけお店に置いている、というのとは違って
建物にきっちりと組み込まれているフィリックスちゃん。

 

また建物の上の方には、白い「*」に似ている形のマークがあります。
このマークもスーパーマーケットでは見かけないものですよね?

 

 

feliathecat     フィリックスちゃん(「FELIX The CAT」公式サイト

 

 

 

元和元年創業の木村酒造

その説明をするためには1615年、元和元年まで
さかのぼらなくてはなりません、というのはウソですが
ナショナル麻布を作ったのは「木村酒造」という会社でした。

 

秋田県にある会社ですが、創業は1615年、元和元年!
麻布十番の「豆源」は慶応でしたが、こちらは元和です。
赤坂の「虎屋」と同じくらいでしょうか?

 

この「木村酒造」と、現在は赤坂に本社のある「東北新社」の2つの
会社の間で株式取得(買収)や合併、分社がなされたということ。

 

 

151030tohokusinsha 中央の建物が「東北新社」(赤坂4丁目8-10)
手前は青山通り、2,3軒先は「虎屋」

 

 

 

木村酒造と東北新社の関係

     「木村酒造」            「東北新社」
______________________________
1961年 「ナショナル物産株式会社」設立   「東北新社」設立

1962年  ナショナル麻布を開店

1970年     |         「ビデオ・グラフ事業部」を設立

1972年     |————————————→「ナショナル物産」買収

2000年               「ナショナル物産」「木村酒造」
                 「ビスオ・グラフ」等の会社合併
                      |   |
2013年 「木村酒造」分社化 ←————————|    ↓

 

 

 

フィリックスちゃんがいるわけ

簡単にいってしまいますと、木村酒造は「ナショナル物産株式会社」
を設立後、ナショナル麻布を作りますが「東北新社」に買収されます。
その後、合併会社となるも、2013年に分社。
したがってナショナル麻布は現在「東北新社」の子会社というわけ。

 

そのあたりのことをWikipedia.では、少々間違って記載しているようです。
2016年7月7日現在のWikipedia.では、「木村酒造」が
「ビデオ・グラフ事業部」を設立したような記載になっていますが
「ビデオ・グラフ事業部」は「東北新社」が設立したものです。

 

もちろん、元和元年創業の酒屋さんが、全く畑違いの映像ビジネスを
はじめるということもあり得るでしょうが、「東北新社」のサイト
記載されていますので、こちらが正しいと思います。

 

先ほどのナショナル麻布の写真に、白い「*」のようなマークが
ついていましたが、これは「東北新社」のマークですよ。

 

 

151030filicthecar  こちらは赤坂の「東北新社」1階受付にいるフィリックスちゃん

 

 

これで、ナショナル麻布にフィリックスちゃん(Felix the Cat)がいる
というちょっと大人の事情も、ナショナル麻布のツイッターに
「木村酒造」の日本酒『福小町』が登場する理由もわかりました。

 

また余談ですが、ナショナル麻布に入っている「サーティワン・
アイスクリーム」はフランチャイズ1号店で、1974年にオープン。

 

同じ頃に直営第1号店が目黒に作られましたが、現在ではない
ので、ナショナル麻布の「サーティワン・アイスクリーム」が
日本の店舗としては一番古いお店ということになるそうです。

 

ナショナル麻布というモダンなスーパーマーケットが、意外なことに
何やら古いものと縁があったのですね、と無理矢理まとめてみました。
でも、フィリックスちゃんは好き!
(  ↑「でも」はヘンだろう、「でも」はッ!)

 




スポンサードリンク



コメントを残す